花粉症とは、スギなどの花粉(抗原)が原因

なって鼻水やかゆみなどのアレルギー反応を

起こす過剰な免疫反応のことです。

では、免疫とはいったい何なのでしょう?

調べてみましたビックリマーク

私たちの体は、体内に細菌などの異物が侵入して

きた際に体を守る働きを備えていて、

その働きのことを免疫力といいます。

この免疫力を主に支えているのが白血球です。

白血球の働きは、自律神経と深く関係しています。


自律神経とは、名前の通り、

自律して働く神経のこと。

自分の意思とは無関係に内臓や器官の機能を

調整するのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、

互いに相反する作用を持ち、体を統御しています。

交感神経は、「昼の神経」と呼ばれるように、

起きているとき、活発な活動をしているときに

働く神経です。心拍数を上げる、血圧を上げる、

消化管の働きを抑えるなど、体を活動的な

状態にします。また、緊張したり、

興奮状態にあるときにも交感神経が

優位になります。

ストレスがたまったり、過度な緊張が続き、

交感神経が優位な状態が長く続くと、

白血球の中の顆粒球が必要以上に増えて、

体の中の大切な細胞まで壊してしまいます。

それによって、免疫の働きが悪くなり、

体の免疫力は下がってしまいます。

つまり、交感神経が優位なときは、

体の免疫力は下がります。


一方、副交感神経は、「夜の神経」と


呼ばれるように、眠っているとき、


リラックスしているとき、活動が少ないときに


働く神経です。心拍数を下げる、血圧を下げる、


胃液や唾液の分泌を高め、消化を促進する


など心身ともに休息にふさわしい状態を


つくります。


副交感神経が優位なときは、


体の免疫力は上がります


しかし、副交感神経が優位な状態が長く続くと、


白血球のなかのリンパ球が過剰に分泌されて


しまいます。そうなると免疫が過剰になって


しまい、この過剰な反応がアレルギー症状の


正体です。



「花粉症」などのアレルギー症状が


過多に出るのは、「副交感神経が優位な状態」


が続いていることが考えられるそうです。



アレルギーの原因物質をなるべく排除するだけ


でなく、交感神経を優位に働かせながら、


副交感神経とのバランスを保つことが、


「花粉症」と上手くつきあうコツといえる

でしょう。

自律神経のバランスを取るメニューは


脳エステiron45°ヒーリングです。


脳エステに来られるお客様は90パーセントの


方々が定期的に受けてくださります。


花粉症の症状が和らいだ方、症状が出なく


なった方がたくさんおられます。


症状が出ても皆さま薬に頼るまでもないそうで


WOTEの精油で症状を緩和させておられます。



WOTEの精油で緩和させた例などはまた


改めて書きたいと思います。