✨訪問ありがとうございます✨



米ワシントン大学の研究チームは
虫歯の治療で、痛い思いをしなくても
よくなる。患部を削る音で怖いを
思いをしなくても、虫歯をなおせるか
もしれない治療薬を開発した。



エメナル質は歯が形成される課程で表面
に生成されるもので、歯が生えると
エナメル質をつくり出す「エナメル芽細胞
」は失われてしまう。そして口内細菌が
砂糖やパンやバナナといった発酵性の
炭水化物を分解すると、酸が発生。
この酸のせいでエメナル質からカルシウム
が失われる「脱灰」が起き、虫歯に
なりやすくなる。


虫歯治療をより容易にしてくれる新しい
治療法へのニーズは計りしれない。



アメリカ化学会(A C S )の学術誌「A C S 
生体材料化学工業」に発表された論文に
よれば、歯のエメナル質の生成をつかさ
どるアメロゲニンというたんぱく質由来の
ペプチドがカギを握る。
エメナル層に人為的に傷を付け、それを
このペプチドで覆ったところ、表面に
保護層ができてエメナル層と結合。
1回の実験で、厚さ10~50マイクロトル
の新たなエナメル質ができたという。


アメロゲニンの由来のペプチドは、
歯の表面に健康なエメナル層をつくりだす
効果が。歯磨き粉などへの応用が期待され
ている。



今回発表された治療法が実用化される
までにはまだ時間がかかる。既に
虫歯がある人は早めに治療するほうが
よさそうだ。



         慈悲の心から智恵は限りなくわく