ワンコ用防災グッズについて | Love You MOA☆イタグレモアのわがままでいず☆

おはようございます

もこです

 

先ほどの記事にも書きましたが

昨日の地震を受け自分への覚書の意味でも

ワンコ用の防災グッズの用意について書きたいと思います

 

みなさんも災害が起きた時に慌てないためにも

日ごろの準備を心がけるようにしましょう

 

災害時はペット用に救援物資が届くまでに時間がかかること想定されています

環境省では5日分を目安に用意しておくとよいと書かれてありましたが

5日~一週間程度用意しておくのがいいかと思います

 

必要なものについて

◆最低限必ず必要◆なもの◇あるとよいもの◇で記載したいと思います

 

 

【必要なもの】

◆非常用フード◆

食べ慣れているものを準備しましょう。アレルギーの多い子は救援物資のフードなどが食べられないケースもあるのでその場合は少し多めに用意するのがいいと思います

 

※人間用非常食にも言えることですが

避難用だけに準備すると賞味期限が

切れてしまったりすることとがあります

できれば普段食べているフードの小袋タイプなど

を用意しておくと賞味期限ぎれも回避できるかなと思います

 

◆水◆

飲み水が確保できない場合があるのでペットショップなどに売っているペット用水を用意するといいようです。

 

◆予備用の首輪・ハーネス・リード◆

首輪やリードはとっさのときに抱きかかえてにげたりするとお家に首輪やリードを置いたまま避難してしまう方も多いようです。できれば避難用グッズと一緒に予備用の首輪やリードなどをワンちゃんのサイズに合わせておいて入れておくとよいと思います。

 

◆食器◆

折りたたみの食器だと場所をとらなくてよいかと思います。

ただ、災害時は人間と同じくワンちゃんもストレスが多いのでご飯を食べれなくなってしまうケースも多いようです。いつも使っている食器と同様、また慣れているものをご用意いただくのがいいと思います。

 

◆常備薬◆

災害時には人間の薬も手に入りにくくなります。

ワンちゃん用のお薬となるとなおさら準備は難しいと考えたほうがよいと思います。

また災害時はケガなども増える傾向にあるので少なくとも消毒液・包帯・ガーゼなどはあるとよいと思います。

慢性的な病気のある子は獣医さんに相談しておくとよいみたいです。

 

◆クレート・キャリーケース◆

出来れば住みなれている・入り慣れているキャリーケースがあれば

ワンちゃんは落ち着いていることができます

 

災害時はどこの避難所も混乱します

避難してきた方は全員ワンちゃんが好きということではありません

ゲージがあれば周りの方への配慮にもなりますし

ワンちゃんの安心確保、また移動の搬送時などに役立つと思います

 

◆迷子札・鑑札◆

迷子札を付けていたおかげでペットと再会できたというケースもたくさんあります。災害時はパニックから逃げ出してしまうケースが多数発生します。飼い主さんとワンコをつなぐ大切なグッズなので用意することをおすすめします。

ワンちゃんの名前・飼い主さんの名前・連絡先などを記載しましょう。

 

※レザーの迷子札は水分でふやけると

文字部分が見えなくなったりすることもあるそうです

金属やプラスチックなどは見えなくなる可能性は低いのかな?と思います

 

◇ペットシーツ◇

使い慣れているものをいくらか入れておくといいと思います

 

◇保温用具◇

避難所の室温が低かったり、避難所ではワンちゃんは外で待機しなければならないということもありえます。とくに寒さに弱いワンちゃんについては保温グッズを避難用グッズを入れる袋などに入れておくとよいと思います。

イタグレちゃんミニピンちゃんなどなど寒さに弱いワンちゃんたちは必要になります。

 

◇ワンちゃん用スリンリングバックなど◇

これは小型犬の場合ですが、抱っこひもやドッグスリングなどがあれば両手が空くので災害時は役に立つと思います。ただ、ものだけ準備していても日ごろから入るのになれていなければ災害時逆に手間取ることになると思うので慣れが必要だと思います。

 

◇ペットのおもちゃ◇

いつもと違う場所・違う環境はワンちゃんにとっては大変なストレスとなります。ストレスの軽減のためにもできれば気に入っているおもちゃを1つは用意しておくとよいと思います

 

◇タオル◇

 

◇ビニール袋◇

 

◇トイレットペーパー・ティッシュペーパー◇

 

◇おむつやマナーベルト◇

 

◇ペット用のウェットティッシュ◇

 

◇ペットの写真◇

迷子になってしまった時のために、顔や身体の特徴のわかるものを準備しましょう。

 

 

少し足りないかも知れませんが

最低限の用意という意味でいろいろなWebサイトを元に記載いたしました

 

グッズの準備はもちろん

家族でグッズを置く場所の確認や避難経路など

再度確認しておくとよいと思います

 

2013年環境省より発表があった

「被災動物の救護対策ガイドライン」では

大災害時には飼い主の責任で

ペットと"同行避難"することが原則とされたようです

平常時からそれに備えて対策意識を持ち

しつけや健康管理をしなければいけないことも記載されていました

 

地震があり再度そういったことを

見直さなければならないなと思いました

 

覚書なのでこういうこともあったらいいな~などあれば

教えてもらえると嬉しいです♪

 

 

☆備えあれば憂いなし☆

私もこれから準備するものがありますが

モアを守れるのは私なのできちんと準備したいと思います♪

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村