あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

「あの人から好かれたい。」相手の心を揺さぶる人なら誰もが知っている潜在意識のお作法で、好きな人からモテるようになる「恋愛心理ストラテジー」。心理・催眠・NLP・コールドリーディング…すべてはモテるためである。


テーマ:
最近、パワー不足だったけど、記事を読む前に…

今何位?

応援クリックありがとうございます。m(_ _)m

【業務連絡】
来月の「ザ☆お茶会」の日程が決まりました。
近日中に募集を開始するので待っててね。

ちなみに、日にちは、5月24日(日)

ここ最近は土曜日開催が多かったけど、今回は日曜日なので、
いつも「土曜日はちょっと」…って方も、ぜひこの機会に参加してね。

※ちなみに、平日開催はないんですか?というお問い合わせも
何件かいただきましたが、人が集まるのであれば、また別のカタチで
開催したいと思っているので、今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

長槍を使う。


こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

ボクがブログで紹介してるような、心理スキル
潜在意識テクニック…。

確かに、恋愛はもちろん、普段でも十分使えるし、ボクも実際、
ビジネスやプライベートのいろんな場面で使ってきた。

でも、こういうことを勉強すると、ついついテクニック
至上主義
みたいなものに陥りがち。

それはそれで、最初のうちはいいし、とにかく使ってみることで、
研鑽を積むわけだけど…。

それだけだと、必ず頭打ちになる。

大事なことだから…もう一回言うよ。

必ず、頭打ちになる。

なんでかって言うと、あまりにも「技を使うこと」に囚われすぎて、
本来、生身の人間である相手に対して、融通が効かなくなるからだ。

たとえば、長槍っていう武器があるけど、あれって…
自分は遠くにいて、間合いをとったうえで相手を
攻撃できる
から、すごく便利なわけだ。

長槍を持つ女
photo by V Threepio

でも、それは最初だけで、その長槍の特性を見破られちゃったら、
間合いがある分、相手に避けられてしまうんだよ。

何のために?


実は…心理や潜在意識テクニックも同じ

最初のうちは、相手はそのテクニックを知らないから、
バシバシ決まるかもしれない。

けれども、あまりにもそれに固執してしまって、さらに、
テクニックをテクニックだって見抜かれちゃったら…。

今度はそれが鼻について、かわされちゃうんだよね。

もちろん、それを気づかせないように訓練したり、さらに
高度で洗練されたテクニックを学んだりするのも大事だけど…。

そもそもキミは、何のためにそのテクニックを学んだんだ?

…ね?w

テクニックを覚えるためとかじゃなくて、もっと別の目的
あったわけでしょ?

たとえば、彼女を口説き落としたいとか、苦手な
上司とうまく付き合いたいとか、家族との
コミュニケーションを円滑にしたいとか…。

それを忘れちゃダメだよね?(^_-)-☆

そしてもう一つ…。

本気で口説きたかったら…。


自分ばかり、安心安全な場所にいて、相手との距離を
保ったまま
で…なんて、虫が良すぎるよw

本気で相手を口説きたかったら、間合いを詰めて、
相手の懐に入らないと

さっきの武器の話で言えば、長槍なんて、接近戦では、
邪魔なだけで役に立たない

だったら、長槍を捨てて…肉弾戦覚悟で、距離を縮めないと。

もちろん、それは、相手にとってもキミをやっつける
絶好のチャンス
なわけたから、返り討ちにあう危険もある。

恋愛であれば…思いっきり無下に断られるとかね。

でも、本気で彼女を口説き落としたかったら、嫌われる覚悟で、
リスクを取る勇気も必要なんだよね。

最近は、男よりも女の方が積極的で行動的だ…なんて言われているけど、
そんなときだからこそ、キミの捨て身の作戦が、結果につながるんだ。

相手に、キミが好きだってことを伝えること…。

キミの好意を相手に知らしめるためには、テクニックなんて必要ないよ。

最悪…嫌われたっていいじゃん。 (ほんとはイヤだけど。)

いい人になんてなるな。女の子に嫌われる覚悟を持て。

返り討ち覚悟で…長槍を捨てて、一歩踏み込んで、
間合いを詰めて、接近戦に持ち込むんだよ。

【無料メルマガ登録】
1分で登録完了。ブログには書けないお話は…メルマガで。
メルマガの登録はこちらから。


ランキング↓に参加しています。
今日も最後まで読んでくれてありがとう。m(_ _)m
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、パワー不足だったけど、記事を読む前に…

今何位?

応援クリックありがとうございます。m(_ _)m

「夜のデートが危険すぎるからなんて…
だからどうした?お前の気持ちだろ?」


今日のお話は…できれば、地球上のすべての女の子に聞いてほしい。
(もちろん、ボクら男も…なんだけどね。)

お尻がムズムズ。


アラフォー世代なら、誰もが知っている、布袋と吉川の伝説の
ユニット「COMPLEX」の代表曲、「恋をとめないで」
の歌詞の一節…。

もぉ…イントロが流れるだけで、お尻がムズムズしちゃう
ぐらい…大好きだった。いや、今も好き☆

え?知らない?知らない人は…勉強しろっ!

…ウソです。ごめんなさい(*ノω・*)テヘ



ちなみに、これ↑は1990年11月08日のラストライブ。
当時会場にいたボクは…一緒に行った友だちと…狂ってた

いま見ても…か、かっこ良すぎるっ!(*ノェノ)キャー

2011年の一夜限りの復活「日本一心ライブ」も…行きたかったなぁ(T_T)

恋をしようよ。


…さて。

ボクのノスタルジックな思い出になんて興味はない(涙)
だろうから…今日のお話。

「好き」でいっぱい溢れてるキミは、ただそれだけで魅力的だ。

内側からにじみ出る思いに、顔は生気に満ち溢れ、
身体は熱く燃えて、最高の笑顔をまとい、最強の気持ちに
包まれたキミは…無敵なんだ

だからもっと…。


photo by Brandon Warren

恋をしようよ。

男も女も、老いも若きも…もっともっと…「好き」になろうよ。

男は女を、女は男を…そして、もちろん男が男を、
女が女を好きになったっていいんだ。

そして…。

いまを正直に。


「でも…好きな人がいないんです…。」

うんうん。そんな人にまだ出会ってないんだから、
それはそれでいいんだ。

でも…恋をしようよ。

別にね、異性や同性…つまり、人じゃなくたっていい

心揺さぶる曲や、お気に入りのマグカップ、今しているお仕事、
大事にとっておいたカップ麺、空をゆっくり流れる白い雲、
道端で見つけた名もない花…などなど。

どんなに小さな「もの」や「こと」でも…自分の「好き」
目を向けて、それをじっくりと自分の中で味わうんだ。

たかがそれだけ…。

だけど、実はこれって、キミの人生を素敵なものにするために、
潜在意識的にもすごく意味があって、そして、すごくすごく…
効果的で大切なこと

何かすごいおまじないや、特別なテクニックなんて必要ない

細かいことは抜きにして…

恋をとめないで。
いまを正直に、恋をしようよ。

Don't Stop My Love…♪


キミは、それだけで…無敵になれる

【無料メルマガ登録】
1分で登録完了。ブログには書けないお話は…メルマガで。
メルマガの登録はこちらから。


ランキング↓に参加しています。
今日も最後まで読んでくれてありがとう。m(_ _)m
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、パワー不足だったけど、キミのおかげで…

今何位?

応援クリックありがとうございます。m(_ _)m

あぁ…もぉ!じれったいっ!何でお前はそんなに
イジイジしてるんだっ!

って、やきもきしながら熱く(?)なりたいなら…。

影のある女の子。


こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

ボクと同じぐらいの世代だったら、思わず胸が熱くなる
「北の国から」というドラマ。

「おぉ…ほ、ほたるぅ…。おらぁ…風呂…作ってんだぉ…。」

と、ついつい田中邦衛のモノマネをしたく
なっちゃうけど、ドラマとしても、すごく良くて…
今の若い人たちにもぜひ観てほしい。
(もっと再放送とかすればいいのに。)

そのなかでも、宮沢りえがヒロインとして登場する
「北の国から'95秘密」は、もうね、
何度観てもグッと来る

※ちなみに、これ以降はけっこうネタバレなので、要注意m(_ _)m

東京に夢破れて、富良野に帰ってきた(吉岡秀隆)は、
幼なじみの正吉(中澤佳仁)と安アパートで同居して、
街でごみ処理の仕事をしていた。

そしてあるとき、富良野の街にやってきた、ちょっと影のある
魅力的な女の子、小沼シュウ(宮沢りえ)と知り合った。

間違って捨ててしまった柱時計を探しに来たときに泣いていた…
あの女の子だ。

実は、その時計…純が修理をして、五郎(田中邦衛)の家に
飾ってたんだけど、それを引き戻して、彼女に返して…
それから、二人の付き合いが始まった

彼女の過去。


彼女は、純と同じように、以前東京に住んだことがあると言う。

そのことを彼女に聞くと、

「私も、東京は卒業したんだ。もう…。」

と、それ以上は語らなかった。

しばらくたったある日、純が回収している古雑誌の中から
エロ本をもらっていた友だちが、正吉を呼び止めた。

そのとき、正吉は純の彼女のシュウが、ある過去を抱えてる
ことを知らされる…。

そして、純は正吉が隠す、シュウについてのこと
友だちに問いただして、彼女のその過去を知ったとき…
純は行き場のない怒りを感じる。

兄貴分である草太(岩城滉一)に、たしなめられても…
どうしても気にせずにはいられなくなって
二人は会うことが少なくなっていった…。

そしてそれと平行して、実は、蛍(中嶋朋子)の現状も
すごいことになっているんだけど…。

とりあえず、男目線ってことで、純のお話がメインで。

まぁ、気になった方は、ぜひBlu-rayとかで観てね(^_-)-☆

過去、未来、そして現在。


…んで。

純は、東京に夢破れて、富良野に帰ってきた
そして、今のゴミ収集の仕事に負い目を感じていた。

そのせいで、初恋相手のれいちゃん(横山めぐみ)を
失うことになったり…。

そして、シュウもまた、自分の過去の秘密から逃れて、
新しい人生を歩もうとしていたのに、過去が…追いかけてきて、
足を引っ張ろとする…。

この「北の国から'95秘密」を観たときに思ったのは、

「自分や人の過去を、そして今、未来をどう捉えるのか」

ってこと。

起こった過去は、捨てることもできなければ、
変えることもできない。


そして未来も…まだ起こっていないわけで、それを
不安に思っても意味がない。

だったら…どうする?

たとえば、キミが好きになった彼女に、暗い影や、
黒歴史(?)があったとしたら…。

今のキミが在るのは?


もちろん、そもそも過去は過去だし、ムリして知る必要もない。

でも、何かのキッカケで、それを知ることになったとき…
キミは、それをどう受け止めるかってことだ。

もし…理由や理屈、そして、過去が気になって、彼女のことが
好きじゃなくなったら、キミの気持ちはその程度だったってこと。

ボクは、それを責めるつもりはないよ。

ただ、もう少しだけ…自分の心に向き合って、そして、
彼女のことを思って、感じてみよう

キミは、何か「理由」「理屈」で、彼女に惚れたのか?

そして、女性であれば…何かの「条件」で彼を好きになったのか?

…違うでしょ?

キミは…「彼女」が好きなんだよ。

そもそも…自分のことを振り返ってみなよ。

キミに「過去」はないのか?
どんな過去であれ、それがあったから…今のキミがいるんでしょ?

パズルのピース
photo by Yann

今、大切なもの。


ドラマの中で…純の父の五郎が、こんなことを言う。

「人には誰にでも消せない汚れがあるんじゃないのか。」

でも、人生の汚点…なんてよく言うけど、そう考えたら、
どんな過去であれ、それは汚点なんかじゃなくて、キミや、相手を
形成するために必要だったパズルのピースなんだよ。

キミにとって、そしてキミの好きな相手にとって大切なのは、
過去そのものじゃない。

それをどう受け止めて、そして、二人でどう「今」を生きるのか…。

シュウは、過去を捨てようとしたけど、それが追いかけてきて…
やっぱり捨てきれなかった。でも、自分を偽ることなく、
まっすぐに純を観ていた

だから、純に対して言えなかった、東京で起こったできごと…
彼女の秘密を、手紙に綴って残そうとしていた。

そして、純は、それを読み上げようとするシュウの手から手紙をとり…。

何度も言うけど、過去は過去だ

そして、過去も含めて、彼女なんだから…もし、
彼女のことが好きだったら…もうやることは決まってるよね(^_-)-☆

ちなみに、ボクは影や過去のある女の子が好きだ。
そのほうが…なんだか人間臭くて…魅力的だからね☆
北の国から ’95秘密 [Blu-ray]/田中邦衛,吉岡秀隆,中嶋朋子
¥12,180
Amazon.co.jp

【無料メルマガ登録】
1分で登録完了。ブログには書けないお話は…メルマガで。
メルマガの登録はこちらから。


ランキング↓に参加しています。
今日も最後まで読んでくれてありがとう。m(_ _)m
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。