あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

「あの人から好かれたい。」相手の心を揺さぶる人なら誰もが知っている潜在意識のお作法で、好きな人からモテるようになる「恋愛心理ストラテジー」。心理・催眠・NLP・コールドリーディング…すべてはモテるためである。


テーマ:
こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

むかしむかし…ギリシャのキプロス島に、彫刻の上手な王様がいた。そして彼は、自分自身が彫りあげた理想的な女性の彫刻に、恋をしてしまった。

彼は、この理想の彫刻を生きた女性に変え、妻にしたいと熱烈に祈り続けた。その王様の名前は、ピグマリオン…ギリシャ神話に登場する王様だ。

真剣で、本気の祈りに心打たれた、愛と美の女神アフロディーテがこの願いを聞き入れて、その彫刻に生命を与え人間にした。そして彼は、その理想の女性(ガラテア)と結婚して、幸せに暮らしたんだ。

ピグマリオン
photo by griannan

1964年に、アメリカの教育心理学者、ロバート・ローゼンタールが行った実験がある。

サンフランシスコの小学校で「ハーバード式突発性学習能力予測テスト」名づけた知能テストを行い、学級担任には、今後数カ月のあいだに成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査だ…と説明した。

その後、無作為に選ばれた子どもの名簿を学級担任に見せて、この名簿に記載されている子どもが、今後成績が伸びる子どもたちだと伝えたんだ。

でもこの検査は、実は何の意味もないもので、ほんとうは、教師の期待によって学習者(子ども)の成績が成績が上がるかどうか…の実験だったんだ。

学級担任は、名簿にある子どもたちを、成績が向上する…という期待を持ってその子たちを見ていたけど、確かに成績が上がっていった。

成績が上がった原因としては、担任が子どもたちに対して、期待を持った眼差しを向けたこと、子どもも期待されてることを意識するため、成績が上がった…と言われている。

「人は期待されたとおりに成果を出す傾向がある。」

…ということを、前述の、王様が彫刻が人間になることを期待して信じたとき、それが実現した…という神話になぞられて「ピグマリオン効果」と呼ばれるようになった。

もちろん、この効果には、批判的な意見もあるので、これが絶対的に正しい…なんて、鵜呑みにする必要はない。

でもね、たとえば、仕事とかで、キミも誰かから期待されたり、信じてくれる人がいてくれたら、その想いに報いたいって、ガンバったりするでしょ?

その結果、いい成績や成果を残すことができた…なんてこともあったんじゃないかな?

そして、周りからの期待以上に必要な、もっと大切で効果的なことがある。

それは周りの誰か…ではなく、キミがキミ自身を信じるってことだ。

「信じていることが現実化する。」

キミに関わること、キミの心に思い描いた夢や希望は、キミの思考や行動によって現実化するわけで、その行動を制御してるのは、キミ自身だ。

自分を信じることができれば、信じていないよりも、大きな力を発揮する。

毎朝、太陽が東の空から上るのを疑う人はいないだろう。

それを当たり前なことだって信じている…あの感覚と同じくらい、自分を信じることができれば…。

なんか、すごいことが起こりそうな気がしない?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

今日もまたプチ勉強会。自分が学んだことや、自分の知識、そして他の人の経験を聴き、話すことで、自分一人では決して体験することのないことを共有する、ボクにとってはすごく大事な時間

中国のことわざで、

「机をはさんで賢者と交わす一回の会話は、一ヶ月かけて本を読むのに値する。」
っていうのがあるけど、たとえ、本や他人の体験でも、それをどう捉えるかによって、実体験に勝るとも劣らない経験にすることは可能だ。(もちろん、自分が生で体験したものは、それだけで本や他人から得た知識を凌駕するんだけどね。)

今日は、あらためてそのことを知るいい機会になった。

ところで、このブログでは、恋愛って切り口でNLPや催眠、コールド・リーディングをベースにした、自分や他人に影響を与える、さまざまなスキルやテクニックの情報を発信してる。

そして、ひとつでもふたつでも…実際に、使ってみたり、実践したりしたキミは、その効果を実感することができたはずだ。

こんなエラそうな口調で、下世話なエロい(?)ビジュアルのブログなので、もしかしたら…テクニック至上主義に映るかもしれないし、上っ面の浅い部分だけを切り取られて、

「姑息なテクニックを使ってモテようとするなんて不謹慎だ。」

なんて揶揄されることもある。

でもね、しっかりと読んで、理解しようとしてくれる人には分かってもらえてると思うんだけど、このブログで伝えたいのは、スキルとテクニックの重要性はもちろんだけど、それを下支えする、マインド…つまり、自分自身の成長もすごく大事だってことなんだ。

たとえば、人の話を聴くスキルに「傾聴」ってものがある。

このブログでも何度も紹介してるし、NLPやらカウンセリング、コーチングをちょろっと勉強すれば、必ず学ぶスキルだ。

傾聴には3つのポイントがあって、いろんな本を読んだり、講座に参加したり、まずはそれを「知る」ことで、傾聴ってスキルを理解することはできる

そして、その3つのポイントを意識しながら、悩んでる人や苦しんでる相手に向き合ったときに、その効果を実感することもできるだろう。

でも…それと同時に、スキルやテクニックでなんとかしようとしたときに、それではどうにもならないってことにもぶち当たるわけだ。

スキルやテクニック「だけ」では、限界があるってこと。そして、そこにぶち当たったときに、どう相手に向き合うか…ってことが、本当の学びになるわけだ。

落ち込む二人
photo by erin m

相手が落ち込んだり、辛い思いをしたりしているとき…スキルやテクニックを知っているボクらは、それによってなんとかしてあげたい…って思うのが当然だ。

それは悪いことじゃないんだけど、それによって目が曇って、相手が見えなくなって、下手するとそのスキルやテクニックが鼻について、相手に、

「そんな小手先のことで私をなんとかしようとしないでよ!」
「お前がどういう方向に持って行こうとしてるかなんてミエミエなんだよ!」

…なんて思われちゃうことも。

そして、そこに気づければまだしも「なんでこのスキルが使えないんだ!」なんて、的外れなことを言ったりするわけだ。

武道や芸事のように、心理うんぬんの世界でも、誰もが学び、使えるようにするために、いろんなスキルやテクニックという、体系化された「型」が用意されている。
参考:型を学ぶこと。型を使うこと。そして恋愛ストリート・ファイト。

でも、それは本来、相手に本気で向き合って、本気で相手の悩みや辛さを聴いているときに、自然とそうなっているもの。「型」ありきじゃなくて、ボクらの「(相手に向き合う心の)姿勢」ありきなんだ。

つまり、「傾聴」なんてスキルを意識しなくても、本気で相手を想い、本気で向き合うってことが、結果として「傾聴」になっているんだ。

じゃあ、スキルやテクニックを学び、使うことは意味がないんじゃないの?って思うかもしれないけど、それは違う。

先日の話を思い出して欲しいんだけど、スキルやテクニックを学び、それに磨きをかけること…それは、知識や経験を積み重ねて、その先に得られるもの、つまり「直観」につながっているんだ。

だから、スキルやテクニックを学んだら、ガンガン使えばいい。…というか、ガンガン使わなきゃダメだ

そして、それと同時に、自分自身のマインド…相手を思う気持ちだったり、相手に向き合う姿勢だったり、本気さ…みたいなものも一緒に鍛えていくことが大事なんだよね。

あたかもそれは、腹筋を鍛えるときは、同時に背筋も鍛えなきゃいけないのと同じように…。

ときには、相手にアドバイスしたり、相手にいろいろな選択肢を示すことも必要だろう。

でも、本当に大事なのは、相手がいま囚われている状況から一歩踏み出して、自らを認めたり、自らを奮い立たせたり、自らの足で答えに到達したいって気持ちになること。

「なんかね、別に問題が解決したわけじゃないんだけど…すっきりした。」

って相手が本気でそう思う…。

それは、スキルやテクニックを凌駕して、ボクらが本当に相手に全身全霊で向き合い、受け止め、まさに主客渾然となることで、相手と自分…お互いのリアルな感情として実感したときに、相手もそういう気持ちになるんじゃないかなーってこと。

じゃあ、そもそも「本気」ってなんだよ?って思うかもしれないけど、ちょっと長くなったので、それはまた後日。

相変わらず説教臭くて、文章も長いし、めんどくせーなーって思うかもしれないけど、すごく平たく言えば…

相手の女の子が悩んだり苦しんでたら、キミも苦しいでしょ?

だったら、

「ボクは心理を勉強してるから…とか、ほにゃららってスキルを学んでるから…」

なんて、高いところから上から目線で観るんじゃなくて、彼女と一緒になって、思いっきり悩んで、苦しむんだよ

だってそれは、彼女を想う…キミにしかできないことなんだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

ボクの友だちで、すごいモテるヤツがいてね、別にイケメンでもなんでもないんだけど…。

そいつは、狙った女の子には、もうなりふり構わずアタックするんだ。

女の子をホテルに誘うときなんかも、もう回りくどい文句や、小手先のテクニックなんて使わないで、常に真っ向勝負w

相手の女の子をじっと見つめながら、それこそ本気で…

「ホテルに行こう」

…って言うんだ。

相手の女の子も、そこまで直球で言われたら、ある意味びっくりだよね。

でも、やっぱりなかなかそういうシチュエーションってないから、ドキドキしちゃうらしいんだよね…。

彼女を口説く
photo by (Sub)urban Tourist

…これはあくまでの友だちの話だ。

だから、ただ淡々と、モテる友だちの話を聴いてもらっただけ。

けれども、文中の「ホテルに行こう」という部分だけは、キミの気持ちを込めて、ゆっくりと落ち着いた声のトーンで、彼女の目を見つめながら話す。(アナログ・マーキングを参照)

他人の話とはいえ、アナログ・マーキングによって強調されたその「ホテルに行こう」という言葉は、女の子の潜在意識に確実にくさびを打つことになるんだ。

さらに、他人の話だから、顕在意識にブロックされることなく、キミが彼女に「ホテルに行こう」と言ったのと同じくらい…いや、潜在意識的には、それ以上の効果があるんだ。

勘の鋭いキミならもうすでに分かるとおり、前述の会話は以前話した「マイ・フレンド・ジョン」テクニックだ。

ただし、このテクニックは彼女を無意識にその気にさせるためのもの…言わば、潜在意識に対する“まき餌”のようなものだ。

小手先の心理テクニックや、潜在意識テクニックを学んだ人が、最初に陥るのが、なんでもかんでも「潜在意識」で片付けようとすること。

まわりくどく、あいまいな言い回しで「~かもしれません」なんて許容表現を使うことだけが、相手の心を動かすものだって勘違いしてしまうんだ。

たとえば、戦国の武将が城を攻めるときは、外堀を埋めて攻めるのが王道だけど、それだけで城は落ちない。外堀を埋めるのは、手段であって目的じゃない

本丸を落とすには、外堀、内堀を埋めたあとに、自らその城のなかに攻め入らなきゃダメなんだ。

だから、キミの本来の目的…いざキミがほんとうに彼女を口説いて、ホテルに誘うときは、しっかりと彼女の目を見つめて、さっきと同じように落ち着いた声のトーンで、

「ホテルに行こう」

って、小手先のテクニックになんて頼らずに、真正面から本気で誘うんだよ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。