あれから2年。。。

テーマ:

わすれもしない2年前。
 
2016年4月14日21時26分、1度目の地震、、、
夕食を終えのんびりしていたところ、下から突き上げるような大きな揺れ。
この時は、倒れた家具や食器もほとんどありませんでした。
 
不安が大きく近所の空地へ向かいましたが、どうやら外へ出てきたのは私たちだけ。
 
拍子抜けする中も余震が続いたため、近くの中学校へ。。。
 
しかし中学校にも人影はまばら、10人もいなかったと思います。
 
心配し過ぎだね。と主人と笑って、その日は帰って寝ることに。
 
しかし4月16日の未明に再び大きな揺れが、、、
停電の真っ暗闇、まっすぐ歩くこともできない中、
玄関へなんとかたどり着くと、靴の上にガラスの破片が散乱。
 
揺れが収まらない中、夫とガラスの破片を取り除きながら
「家が潰れて死ぬかもしれない」という想いが頭の中によぎりました。
 
何とか外へ出た後、近くの中学校へそのまま避難しました。
中学校は避難してきた人たちであふれていました。
 
水もガスも電気も止まり、
それから約1週間ほど車中泊の日々が続きました。
 
その際はお客様へのいろいろとご迷惑をおかけしたことと思います。

そんな中、リピーターのお客様やご注文をしていただいたお客様からの温かいお言葉や

救援物資、大切にされているベアちゃんなどをいただき、とても心が癒されました。
 
本当に、本当にありがとうございました。
 
地震の中、私が一番感じたのは「人の心の温かさ」でした。
 
話したこともない近所の方から貴重な食料をいただいたり、

お店で列をなして並んでいる時にお互いの心境や状況をお話ししたり、

一生懸命活動してくださる中学生のボランティアの方々に勇気づけてもらったり、、、
 

見ず知らずの人と自然と触れ合うことができたのが嬉しかったのを覚えています。
 
地震当初「まさか大地震が」「なんで熊本で?」という思いが頭の中でぐるぐると回りました。
日本は地震大国。
いつどこで、どんな状況で地震が起こるかは誰にも分からないのです。
 
地震の後、車には水とトイレットペーパーを必ず入れるようになりました。
小さなことのようですが、安心感が違います。
 
緊急時の集合場所も、ことあるごとに家族と確認し合っています。
皆さまにも地震などの災害に備えて、常日頃から準備していただきたいと思います。
 
ラブシュタイフでは、ささやかですが熊本地震復興にご支援いただきました皆様に

感謝の気持ちを込めまして「送料無料キャンペーン」を実施中です。

この機会にご利用いただけましたら幸いです。
 
被災者の方々と熊本城の一日も早いの回復を願っております。

※震災当時の写真です。