関東では台風の被害に遭われた皆様

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

現在でも停電のところも多く

胸が痛みます。

 

 

誰もがいつ遭遇してもおかしくない

自然災害が多いですが、

 

 

今日は、突然の停電時に主婦が

気になる「食材保存を延ばす

冷蔵庫活用法」について書いてみます。

 

 

私もこれまでなんどか停電に

あったことがありますが、

そのたびに頭をよぎったことは

「冷蔵庫の中身のこと」です。

 

 

 

 

防災の知識がないころは

停電が長引くと心配な冷蔵庫を

何度も見たり、クーラーボックスに

移そうとしたのですが、

 

 

防災セミナーで

「冷蔵庫を頻繁に開けないこと」

が大切だと教わりました。

 

 

 

 

つい中身の状態が気になって

冷蔵庫を開けたくなりますが、

 

 

開けるときは短時間にして、

 

 

「傷みやすいものを冷凍庫に移す」

「冷蔵庫の開閉を極力控える」

 

 

だけでも、食材の保存時間が

数倍に延びたりするそうです。

 

 

 

 

 

また普段からできるおすすめの

方法が、

 

 

ペットボトルに水をいれたものを

普段から凍らせておくことです。

 

 

私は職業柄、保冷剤が冷凍庫に

多くあるのですが、それだけでも

もしもの時でも安心感が違います。

 

 

緊急時は気になる生鮮食品を、

保冷剤ではさみ、

 

 

「タオルなどで巻いて冷凍庫にいれる」

 

 

だけでも劇的に保冷時間が延びます。

 

 

冷蔵庫の節電のためには、

冷蔵室は詰めすぎないほうがいいですが、

冷凍室はぎゅうぎゅうに詰める方が

良かったりするので

 

 

冷凍庫に隙間があるかたは、

ペットボトル氷を、冷凍庫の隙間に

入れておくのも、1つかもしれません。

 

 

このペットボトル氷は保冷剤にも

なるし、飲み水にも使えます。

 

 

食材の保存方法もほん少し

の工夫が緊急時に役に

たったりします。

 

 

もしもの時に家族で落ち着いて

いれようなコツも色々ありますが

 

 

普段私が実践する食事については

 

 

電子書籍のコチラでも

詳しく書かせていただいています。

 

 

関東の停電が一日も早く復旧します

ようにお祈りしています。