半分自分用なので激辛です。


先日FBで

LP作成のお試し募集をしました。


昨日寝る前に確認したら定員となりました。
ブログでも後々ご案内しますね。


定員とは別枠で「この方のLPを作らせて欲しい!」と思ってる方にはお誘いメッセージを送らせていただきました。



わたしが自発的に(つまり頼まれてではなく)紹介したいと思う方は、自分に嘘をついていない人なんです。自分の恥ずかしいところ(つまりその人が本当は隠したいところ)をご本人が直視して、その部分も含めて自分を大切にしてる人。

そういう人はみんな瞳の奥がとても綺麗だし、顔立ちに品があるんです。


あ、あとですね、昨日の投稿を読んでくださった方で以前紹介を依頼されて紹介文を書かさせて頂いた方からもメッセージを頂きました。

「知らずに傷つけてしまったかもしれなくてごめんね。」と。胸が痛くなりました。私の勝手で申し訳なかったなと。


当時わたしは本当はやりたくない頼まれごとを
「断ったらどう思われるだろう」という気持ちから引き受け

なんの対価も頂かずに快諾。

良い人ぶることで奥に潜めていた自分の子供じみた本音を見て見ぬふりしていたんです。

「はい!喜んで♡」なんて言って引き受けて、そして1人で根暗にモヤモヤブー垂れてたあの頃。

お願いされるたびに頼ってくれる事で自己価値を計ってた反面

こんな超ドギツイ本音を隠し持っていました。


書きますよ?

ちなみにこれを書く理由は誰もがこう言ったものを持っていることを知っているからです。


「この私に手ぶらで頼み事をしてくるなんて
100年早いわ。雑魚が!」

(文末でこのカラクリがわかります。今の時点でわかった方はかなりすごいかも?)

はい。自分でもかなり怖い。

でも。(笑)とか😂などで茶化さずに

大真面目にこれをお伝えします。

そう。数年前のわたしは人にいい顔しておきながら

腹の中ではこんな女王様な暴言を平気で隠し持ちしかもその暴言を野放しにしていたのです。

その結果、ある「現象」が起きました。

何が起きたかというとですね

表面的にはすごく上手くいってるのに
実際には悩み多い日々。

という現象。

人から見た「えびちゃん像」と実情との
無視できないほどの乖離。

その年流産4回。

毎日夫婦喧嘩。

モラハラ問題。

これ、旦那が悪いわけじゃなくて
わたしの「暴言」からのギフトなんです。
嬉しくないけどね。

もう一度あの暴言を書くね。

1
2
3

「この私に手ぶらで頼み事をしてくるなんて
100年早いわ。雑魚が!」

これ、わたしが人に対して思ってた事ね。

で。

人に対して言ってるようで
自分に対して発していたのです。


「この私に手ぶらで頼み事をしてくるなんて
100年早いわ。雑魚が!」

これを分解するとこうです。


私が自らしていた「手ぶらで頼み事」は
妊娠と夫婦円満と仕事の充実。

・妊娠→結果4度の流産。周りからは「若いから大丈夫!」と。でも当時すでに30半ば。

・夫婦円満→夫婦喧嘩とモラハラ問題🤜周りからは「旦那さん素敵だよね!」

・仕事の充実→当時のクライアントさんには残念ながら良い結果を出させてあげられませんでした。なのに周りからは「稼げててすごいな」(確かに売り上げは上がったが中身が伴わなかったわけです)

ちなみにこの「手ぶら」と言うキーワード。

これ、正当な頼まれごとに対して無料で引き受けた当時の私はまさに「手ぶら」ではないか!やば!


どうですか?

これまさに「雑魚」ですね。うん。
私が雑魚だったわけだ。


外面ばかり良くて中身が無い。

あ、これ自己卑下してませんからね。

今がどうこうを言いたいわけでも無いです。

言いたいことはこれ。


自分の内なる暴君をそのままにして
少し気付いてるのに放置したままで
自分は目覚めてる!とか、特別さを周りにアピールしたり、人間関係の囲い込みをしたり

つまりはくだらないマウンティングしてるとしたら

(余談)
…てかかマウンティングってそもそも下らんのだが。
そしてマウンティングしてるやつに限って「マウンティングなんてしたことない」とかピュアなこと言いやがるわけだ。
無理がある設定は身を滅ぼす。
つまり、肌が謎にたるむ。何をしても潤わないのだ。
(余談ここまで)

もし今、内なる暴君をそのままにしたり
暴君に気づかないふりをしてたとしたら

今から3ヶ月以内にをやめないと

まじでヤバいよって話です。

で。LP作成の話に戻るのだが(忘れてたわけでは多分無い)

今回申し込んでくれた方は
私からお誘いした方も含めて
びっくりするほど、本当にびっくりするほど
自分の中の内なる暴君と仲がいい。扱えてる。手懐けてる。

だから美しくエネルギーが高いのだ。

そもそもこのLP作成、結構高額です。
10万ちょっとでオープンする予定のサービスなので
モニターだとしても高額です。

それを即決できて

「楽しみだなぁー」と言えるその姿は

内なる暴君のぼの字も無い。

それは暴君がいないわけではなく。

暴君が暴れないようにマインドが整ってるし

(マインドがめちゃくちゃの人がマウンティングするわけだがな)←当時のヤバイ私のこと

暴君が暴れたとしたら暴君とミーティングできる。

わたしも内なる暴君とミーティングした結果、
今回は高額設定させて頂いたわけだ。


それはただお金が欲しいわけでは当然無い。

そんな事は愛とお金の法則がわかっていればしたくもならない。売上は大切だが荒稼ぎは身を滅ぼす。

私の中のうちなる暴君は言う。

「私は私自身の全ての価値を理解している。
その価値に合う対価が価値ある仕事をもたらすと
あなたはもう気付いているはずだ。」


暴君は私にただ自分を安売りすることを
拒むように伝えてくれていただけだ。

それを理解するためには辛い現実を経験する必要もあったわけだ。

ただ、気付くのが遅すぎたと後悔してもいるわけだ。


「私は違う」と言いたい気持ちをグッと受け止め
「私がどうしたいのか?本当は何を言いたいのか?」

しっかり見つめてあげるといい。

たいていが自分の問題。でも自分の問題だからこそ、そこに大開運の鍵が隠れている🔑