ヒロコ先生のセッションの記事の続きを

書こうと思った矢先…


夫婦でちょっとした言い合いになってしまった


きっかけはとても些細なことで


ほんの少し聞き流していれば

喧嘩になんてならなかったのに…


喧嘩の前まで楽しくやっていたのに



わたしって、ダメだーーえーんショボーン



こんなふうに自己嫌悪に。




せっかくヒロコ先生から教えてもらったのに

どうして全然うまくいかないんだろう



どうして言い返してしまったのだろう


わたしの一言がなければ

わたしが負けてあげていたら




こんなめんどくさい事にならんかったーーえーん



と、タラレバ言ってても仕方ないので



少し感情を抜いて考えてみた




何故、言い返してしまった?
→私も疲れていることを理解してほしくて


何故、理解してほしいの?
→彼にもっと育児の大変さを分かってほしい


何故分かってほしいの?
→育児で自分の時間がとれなくて、すごく疲れているから。手伝ってほしい。だから、大変さを分かってほしい。


てことは、育児に協力してほしいんだね。
→うん。そう。協力してほしい。お風呂くらいは一緒に入れてほしい。ワンオペ育児になってて辛い。



でも、彼は育児に協力できる状況?
→病気のこともあるし、すぐに抱っこすると疲れてしまう。だから、私の望むだけの協力は難しい



ほかに育児を協力してくれる人は?
→親。月に何度かお願いしてるけど、足りない。
シッターさんに継続契約をお願いしようかな。



そう。



育児、家事、仕事



これが休みなく襲いかかる日々は

結構過酷だ。




うん。そういうことだ。


小さな言い合いの正体は

わたしの育児疲れ。


でも夫も仕事と病気抱えてて育児がままならない




保育園も、まだまだ決まらない!





ということは!




シッターさんに、
もっとお願いしよう真顔






しかも、フィリピン人とかのシッターさんがいいなぁ




…こんな感じで
自分と対話していたら



夫に向けていたモヤモヤが
かなり晴れてしまいました!



やはり、言葉にならないうちは
それをしてしまった本当の本心(動機)は
見えてきませんね。




言葉にするって
本当に大切だって心から思えました♪



あなたももしモヤモヤしているときは

やってみてね!







ふー、スッキリ!



おやすみなさい〜!