笑撃的!!!

またまたお久しぶりですチュー
こんばんわ。

B型事業所の件。
支援員さんと相談しながら4件見学に行きました。
が、今日はその話ではなく(え❓違うんかい‼️)
さっき夕飯を食べ終えて夫とした会話が
あまりに驚き、ウケたのでびっくり


職業柄、経済新聞を読む事から1日が始まっていた夫。
病気になってからは、
目の前に新聞があっても興味を持たず、
退院してからも全く読もうとしない…えー

そこで、ノートを用意して
【気になった記事を1つ切り取って貼る事】
を日課にしました。

記事はジャンルに拘らず何でも良い。
興味を持ったもの、面白いと思ったもの、
とにかく何でもいいので1つ切り取って貼る‼️

最初は、毎日声掛けしないと読もうとしなかったし、
ただページをめくってるだけで
「気になる記事ない。」
と言ってました。
「1つくらい目についた記事があるでしょ?」
「えー、ないんやもん。」
「ないわけない。なくても無理矢理探す!」

とにかく、毎日、強制的に新聞を読ませ、
記事を切り取って貼らせるという作業をさせました。
そのうち、見出しだけは見るようになり、
今では割とじっくり読むようになってきました。

が‼️
問題はそこじゃない‼️

毎日貼ってると、のりの消費も早い。
のりを使い切ってしまうと
「のりがなくなっちゃった。」
と言う夫。
買い置きしてるので新しいのりを渡すのですが、
つい1週間前にまた
「のりがなくなっちゃった。」
と言うので(これで4回目)
「買い置きないよ。自分が使ってるんだから自分で買ってきなよ。」
と、わざと言ってみた。

さあ、夫よ、どうする⁉️

夫は毎日、市の図書館とトレーニングルームに自転車で行ってます。
道中にコンビニやスーパーもあります。

のりが切れて1週間…今日も買ってきた様子はない。
のりがないので、記事はノートに挟んでいるだけ。

こちらがシビレを切らして聞いてみた。
「のり、買ってきたの?」
「買ってない。」
「毎日、自転車で出てるんだから買ってくればいいじゃん。」
「だって、どこに売ってるのかわからん。」

はぁぁぁぁぁ⁉️ポーン

「んなもん、コンビニでもどこでも売ってるでしょうが‼️」
「え❓コンビ二に売ってるんかー❗️」

おいおい…嘘だろ。
そんな事もわかんなくなってるのか。
大丈夫かよ、おい…
と思うと同時に、もう笑うしかねぇーニヤニヤ

たまに
本気でわからないのか?
冗談でも言ってるのか?
嘘をついてるのか?
わからない時があります。
でも、どうやらやっぱり、
本気でわからないみたいなんですよね…チーン

これが高次脳機能障害ってやつ。
私にもまだまだ理解できません。

もうすぐ1年…
そろそろ何か良い報告ができると良いのですが…

それでは、またバイバイ

バンキシャ

本日のバンキシャご覧になりましたか?

高次脳機能障害が取り上げられていましたね。
小室さんの影響力‼️
この障害を少しでも知って頂き、
少しでも暮らしやすい社会になる事を願います。

このタイミングで高次脳機能障害が世間から注目され、
夫がこの障害になったのは、なにか意味があるのかな?
私にできる事はなんだろう?
自分なりに考えてみたいと思います。

現在の状況

2018年になってもう1月も半分が終わってしまいました。
今更ですが…
あけましておめでとうございました。笑

昨日の小室さんの会見について
いろんな意見があるようですが、
立場が違えば捉え方も違ってくるので
私と同じように感じた人もいれば
小室さんを批判する人もいて当然だと思います。
私は、当事者家族であって当事者ではないので
当事者で病識がある方はまた違った捉え方をしているかもしれません。
ただ、事実を捻じ曲げて報道する◯春は大っっっ嫌いです。笑


さてさて…
年末年始の我が家は息子、娘も揃い、
夫もウキウキ…なんてするはずもなく。
家族揃っての食事も夫は1人黙々と食べ、
さっさと終わり、ソファーでテレビを見る。
娘や息子とも会話らしい会話もなく、
息子が東京へ戻る時には玄関先で
「じゃ、バイバイ」と一言だけびっくり
いや、バイバイてーーー。
父親らしい言葉は出て来なかったようですえー

そんな感じであまり良い変化はなく、
寒くなってから朝はなかなか起きないし、
朝一の日課はスマホのゲーム。
年末から爪噛みがひどく、
少し退行してる気がしますガーン

2017年12月初旬〜今日まで
支援相談窓口や障害者職業センター、通院している病院のSTさんに
電話でお話したり、足を運んだり(すべて私が)
ようやく3ヶ所を連携することができました‼️

現時点での話し合いで決まってる事は、
通院している病院で言語のリハビリを続ける。
生活リズムを作る。
就労支援サービスを使って職業訓練を受ける。
疲労度、作業状況など見極めて、会社と復職に向けて相談…

就労支援にはB型事業所を利用する予定ですが、
利用するには精神障害者福祉手帳が必要なのだそう。
なので、まずは手帳の申請から(もちろん私が)
そして、B型事業所を何件か見学(もちろん私が)
その中から夫に合いそうな事業所を探します。
今の夫は、たくさんの選択肢の中から1つを選ぶ、という事も苦手です。
2択でどっち?までに絞るのは、私の役目です。
たぶん、そんなにたくさんの候補はないと思うけど。
来週、支援員さんと細かな相談があります。
年度が変わる4月までにどこか通えるところが見つかるといいな。

4月になれば夫が倒れてちょうど1年。
もう1年…
まだ1年…
正直、復職がこんなに難しいとは思ってなかった…ショボーン

まだまだ光は見えない。
トンネルの中……
夫は、身体に麻痺も残ってないし、
高次脳機能障害も軽度です。
私がしているのは介護ではなく、
ただのお世話だと思っている。
それでも、以前の夫ではない人と暮らすのは
精神的にかなりキツいです。

果たしてゴールはあるのかな?
昨日の小室さんの会見をご覧になった方も多いと思います。
某局某番組のコメンテーター達が
高次脳機能障害をろくに知りもしないのに
小室さんを批判していてものすごく腹が立った。
あるキャスターが
「KEIKOさんの気持ち」とおっしゃっていて
この人、なにもわかってないな、と思った。

そんな中、宮根さんだけは小室さんの心配をされていた。

{EC3DE441-657F-4B6C-BBA3-8E9A316C0BDA}

昨日からいろんなところで【小室哲哉さん引退】の文字を見る。
不倫疑惑とか正直どうでもいいんだよ。
注目すべきところはそこじゃないだろうが!

会見していた小室さんの表情は本当に疲れきっていた。
KEIKOさんの話になった時は、特に辛そうだった。

私も常に思ってる。

普通の人と普通の会話をして普通に暮らしたい。

「子供のような、今のKEIKOを可愛いと思う」
そう言った小室さんは優しいと思う。

私はまだそんな風に思えない。
夫のことをそんな風には思えない。
だから、イライラしてしまう。
自分の考え方を変えなきゃ…と思うけど、
夫だった人を自分の子供のようには思えない。

一緒に暮らしている人と会話が成立しない中、
誰かと雑談がしたい、
誰かに聞いてもらいたい、
そう思うのはそんなにいけない事なのか?

報道では肝心な部分はカットされていましたが、
これが小室さんの本当の気持ちです。
最後まで読んで頂きたいです。

小室哲哉さんの真実

これを機会に…と言ってはいけないと思いますが、
メディアにもっと高次脳のことを取り上げてほしいと思います。
高次脳について知らない人の方が多いですが、
実は当事者は意外にも多くいます。
当事者はもちろん、介護している家族は本当に行き場がないんです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
新年のご挨拶と現状など、また書きますね。

前を向けた日

前回からまたまた間が空いてしまいました。
書きたい事はたくさんあるのに
気持ち的に書く気になれずにいました。
特に、この1週間はいろんな事に疲れ果て
堕ちて…堕ちて…ドン底まで堕ちて…
毎日のように泣いてましたえーん
夫の障害を頭では理解していても
相変わらず指示されないと動かない夫に
ついキツく当たってしまったり、
そんな自分にも嫌気がしてました…ショボーン

誰も助けてくれない…

でも、それは違ってました。
助けてもらおうとしてなかった……

昨日、高次脳機能障害支援室へ行ってきました。

{B674F5C5-93E1-4D04-A425-8E3B893DBEC1}

何故、もっと早くここの扉を叩かなかったのか?と思いました。
「この数ヶ月、お一人で辛かったですね。」と言われ、
堪えていたものが溢れて涙が止まりませんでした。

使える支援サービスや復職に向けての支援機関、
福祉手帳を取得するメリット、デメリットなど知らなかった情報をたくさん教えて頂きました。

そして、
「ご主人は年齢的にもまだまだ回復していくと思いますよ。」
と言って頂き、高次脳機能障害の本や就業に関する資料なども貸して頂きました。

{90B69793-79AC-49C0-9229-C5A57EBF3A40}


午後からは障害者職業センターの説明会にも行ってきました。
今回は、心療内科や精神科に通っている方向けの説明会だったのですが
センターがどんなところか、どういう支援をしてるのか、
お話だけでも聞きに来てみませんか?と言って頂き行ってきました。

復職に向けて私一人で会社と話をしていましたが、
会社との間に入って話を進めてくれる支援機関がある事を知りました。
どの相談員の方も神のように思えましたおねがい


退院して3ヶ月…。
中途半端な状態で放り出されて
復職も出来ず、行き場のない夫を
なんとかしなきゃと踠いてきた日々。
やっとスタート地点に立てた気がします照れ

家に帰って夫に話したところ、
テレビを見ながら
「ふぅーーーん。」の連呼…
誰のためにやってると思ってるのか…えー

2017年をこのままでは終わりたくない‼️
そう思っていたので、本当に嬉しい。
夫はそんなに嬉しそうではないですけど。笑

夫にどんな支援が必要で、それが使えるかどうかまだわからないけど、
今年中に話が進むといいなぁ。

どうか、夫が日々少しでも楽しく過ごせる場所ができますように🙏