アストレイアの秤〜女神の天秤〜

アストレイアの秤〜女神の天秤〜

ことばを自在に意図して使い、対等で風通しの良いコミュニケーション革命を起こそう!

 

ラヴプロフィールは→こちら

星ブログタイトル「女神の天秤」にこめた想いは→こちら

 

エルモ魔界(政界)伝はこちら→you, 何しに政治の世界へ?

 

 

立春を過ぎ、早や2月も中旬。愛犬・クーちゃんが旅立って3年になりますが、毎年この時期はたまらなく切なくて、まだまだ深い悲しみから立ち直れていないことを実感します。

 

優雄クーちゃんの足あと。私の心に、いまも可愛く残された、魂の刻印。

 

 

さて「コミュニケーション力UP!レッスン」@徳島新聞カルチャーセンターは、「実例研究」編2回目。

 

 

前回(第8回目)の様子はこちらラヴ

 

 

実は春からは「人間関係に悩む人のためのコミュニケーション講座」と、よりターゲットを明確にした講座タイトルに変更するのですが、

 

職場のややこしい人間関係に悩みながら、真面目に仕事をされているビジネスパーソンが、この講座で考え方のヒントや、「ああ、そんなふうに言えばいいのか」という“切り返しフレーズ”を伝授することで、心が軽くなればいいなと願っています。

 

一般的な「人間関係あるある」なシチュエーションであっても、具体的な状況が分かった方が、よりぴったりな「打ち返し」フレーズや対応策を考えることができます。

 

 

中でも「人物分析」が最も楽しいのですが、今回の実例①は、部下の「困ったちゃん」に悩む管理職のKさんのお悩み。

 

image

 

 

ホワイトボードにあるように、仕事をしないのに、なぜか自己評価は高く、評価されないことに不満を持っているという「困った」人がいて、そいつの存在により、職場の士気は下がるし、「育てなさい」と言われても、本人が努力をする意思がない。

 

管理職として、みんな平等に扱いたいし、部下全員の成長を願う心優しい上司であるKさんの立場であれば、さあどうしますか?と、一緒に考えていきます。

 

 

私の考え方は、まず「みんな」の意見なんかは聞いちゃいかんのですよ、というのが大原則。

 

 

もちろん最初はオープンに対等に全員の意見を聞くけれども、こういう「足を引っ張る」タイプの輩まで平等に扱うことはない。じゃないと、他の真面目に頑張っている、本当の戦力となる人たちに迷惑がかかる。

 

仕事をしない、できないその「困った」部下が成長できないのは自分の指導力を超えた次元であり、自分の責任感とエネルギーは他の人たちに優先して向けるべきであると考える。

 

 

全体の向上にとって、何が大切かを取捨選択することが上に立つ者の責務であって、誰を信頼し、仕事を任せるかはよく選ぶ必要がある。

 

世の中には、「絶対に言うことを聞いてはいけない」人たちがいて、この種の「ごね得」を許しては全体の向上にとってマイナスでしかない。

 

 

大切なのは全体の、正確にはより多くの人たちの幸せであって、一部の「困った人物」をまともに相手にする必要もなく、「ごね得」による成功体験をこれ以上与える必要はない、というのが私の対応策。

 

 

ただし、この「困った」ちゃんは無駄にプライドが高いので、その“プライド”が拗れ、不満や敵意にこちらに向かわないよう、適度に仕事を与えておくことも必要。もちろん重要でないものを、「一応やらせておく」ことで、ハイエナのように周囲を嗅ぎ回るのを防ぐ。

 

「やってる感」を出そうとする人たちは結構いますが、実質的な仕事はできないタイプには、「何かをやっている」気にさせておけばいい。そして実質的な仕事は、実働部隊が行えばいい。

 

 

日本語には「敬して遠ざける」という美しいことばがあるので、あからさまに「無視する」のではなく、距離を置いて適当に扱って差し上げればいいのだと思います。

 

 

 

 

受講者の皆さんからもどんどん意見を出してもらい、「集合知」が発揮され、共有されるのも楽しいプロセスです。

 

 

自分ひとりで考えていると孤独感や「本当にこれでいいんだろうか」という迷いが生まれますが、

 

他者の目から自分の状況を客観的に整理し、「そんな使えないやつを、無理して使おうとしなくてもいい」などのスパッとした意見が出ると、「みんな」に気を遣って疲弊していた自分に気付く。

 

日々悩みながら、誠実にお仕事をされているKさんも、ずっとモヤモヤしていた気持ちが晴れて、「これでいいんだ」と思って心が軽くなったと言ってくださり、嬉しかったです。

 

 

人の上に立つ立場にある人たちは、いろんな人たちがいて、いろんなことを日々言われ、本当に大変だと思います。

 

 

冒頭に掲げたトニー・ブレア元首相(イギリス)のことばにあるように、「リーダーシップの芸術とはNOを言うことであり、YESを言うことではない。イエスと言うことは、非常に簡単なことだ」

 

指導者の立場にある人であっても、日常の人間関係であっても、これは実に広く適用可能な言葉だと思う。

 

 

 

 

近く行われる徳島市長選挙でも、4年前の選挙で西新町再開発中止を公約に掲げて当選した遠藤市長は、当選後はこれまで「ごね得」で利益を得てきた勢力による数々の妨害の中、本当によくやっておられると私は思っています。

 

この約200億超のハコモノ案件は、「建物の維持費は、建設費の5倍かかる」というセオリーからいけば、1000億を超えることになる、財政難の徳島市の身の丈に合った計画ではありませんでした。

 

 

“who gets what(誰が何を得るのか)”を考えると、得をするのは長年西新町に住み、移転費用の補償を得る住民、それから建設プロジェクトに関わることで利益を得られる人々。

 

その費用を負担するのは市民であり、そんな施設の恩恵に与る機会より負担の方が断然大きいという市民が大多数なのだから、反対の声が多数なのも当然。選挙では、投票した75%の市民が反対の意思を示しています。

 

わんわん徳島市長選:選挙が終わってからが本当の勝負

 

 

一部の人たちしか恩恵を受けない西新町再開発に、「こんな税金の使われ方はおかしい」と立ち上がったのが遠藤さん。同じ考え方で支持し、ともに戦ったのが衆議院議員の後藤田さん。

 

“who gets what”で考えれば、全体=より多くの人たちの利益に資することを選択することが合理的であり、「既に決まったことだから」覆すべきではない、という言い分に説得力がないのは、多くの市民にとっての利益より、一部の人たちのための利益であることが明らかだから。

 

 

リーダーに必要なのは、「みんな」の意見を聞くことではなく、より多くの市民の幸せのために決断し、実行する強い意思と胆力です。

 

 

全体の公正(フェアネス)から無理筋案件だと判断されたにも関わらず、自分たちの要望が通らないからと言って“被害者”ぶり、「ごね得」を狙う人たちの言動は悪質であり、有権者に何が真実なのかを見抜く眼力がより一層求められる選挙戦ではありますが、

 

コミュニケーション講座でも、「人の見極め」に必要な人物分析を楽しく学べますので、ぜひいらしてくださいませね。

 

 

 

実例②の「めんどくさい女性上司」編は、稿を改めて。

 

 

 

星「100年後にまで残したいものは何か?」~私は人を残したい。人の心の美しさを。

 

 

犬シェルター改修のご寄付はこちら犬

Project Rebuild(犬舎建設 Part2:プレハブ暮らしの犬たちに光ある犬舎を!)

 

わんわん徳島新聞カルチャーセンターで秋期講座スタート!

(月2回・月曜夜7時~8時半) *体験レッスン随時受付中わんわん

 

星秋期講座は、「タイプ別人間分析」「事例研究」がメインの、楽しい実践編です

「人物評」は悪口ではありません。噂話に“忙しい”人たちはお断りな、コミュニケーション講座☆

 

 

私の人間研究の成果は、こちらの「美魂レッスン」シリーズに書いておりますので、ぜひお役立ていただけたら嬉しいですラヴ

 

“vanity(虚栄心)”研究は、こちらをどうぞラヴ

 

 

ラヴお問い合わせ&ご質問等はこちらまで

→newpalace.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)

 

 

アリーナ姫「遥かなるサマープディング」~ミントの香りが魂を呼び覚まし、海の向こうへの郷愁をかき立てる。

 

 

より自由に、クリエイティブに、自分を表現して生きよう。

 

Be Assertive, Be Authentic!!!アリーナ姫ハート

 

 

あたらしい世界は、願うだけじゃなく、自分たちで創っていくものだよ

 

 

ライオン歴代獅子の王より→誰もが皆、独立自尊の誇り高き王であれ。

 

image

 

ラヴプロフィールは→こちら

星ブログタイトル「女神の天秤」にこめた想いは→こちら

 

エルモ魔界(政界)伝はこちら→you, 何しに政治の世界へ?

 

 

Chinese New Year(春節)、みずがめ座新月を経て、待ち望んでいた「風の時代」の到来を遠雷の地響きのように感じる。

 

流れ星小泉マーリさんの美しい星読み→【新月】2020水瓶座新月☆世界を「ここまで」と決めたのは誰だろうか

 

 

オーストラリアの山火事による甚大な被害に続き、中国発で新型コロナウィルスの感染拡大など、世界は穏やかでありませんが、「これまで」の世界は確実に終焉を迎え、否が応にも私たちは大きな変化の渦中を生きていることを実感しています。

 

 

さて私の漫談、もとい「コミュニケーション力UP!レッスン」@徳島新聞カルチャーセンターは、いよいよ楽しい「実例研究」編に突入。

 

前回(第7回目)の様子はこちらラヴ

 

 

ホワイトボードに、犯罪者のように“目隠し”で描かれているAさんは私自身であり、まずは自分の経験をネタ(実例)として提供しました。

 

 

 

もう泣かずに=感情的にならずに振り返ることができるようになった、議長秘書時代の深すぎる挫折。

 

いまなお時に思い出して、心痛むことはありますが、当時の自分の姿を直視するのは、本当に苦しいことでした。

 

 

みにくいアヒルの子毎日続く、くだらない嫌がらせに心はボロボロでした→「風」になる時代:変わらない現実に嫌気が差した人は、それぞれの「ヴィンランド」へ。

 

 

孤立し、絶望感で死にそうだった当時の私は、「序列意識」に凝り固まっている周りを変えることは無理だと諦め、

 

何をしたかというと、最低限の仕事はきっちりこなす一方で、ひたすら自分を向上させるために勉強していました。

 

 

勉強している時は、束の間、苦しい現実を忘れることができたし、「こんな目に遭って、潰されて終わることだけは絶対に嫌だ」と、自分の屈辱と悔しさを自分の向上への努力にぶち込んだのです。

 

 

image

 

 

「顔で笑って、心で泣いて」なんて、そんな器用なことはとてもできなかった。

 

私にできたのは、衆議院事務局に対してはバカなふりをして、伊吹事務所に対しては氷のような無表情を貫き、いつか任期が終わるその日のために準備することだけ。

 

 

そしてそれは、後にPTSDを発症するほど、魂抉られる経験でした。

 

 

image

みにくいアヒルの子My Fight PTSD→PTSDは、突然に。誰かのことばや経験がトリガーとなり、深い悲しみと怒りを思い出す。

 

 

当時の私が必死で考えた「最善の解」は、「自分のためにやっている」と非難されたけど、「自分が向上することは、結果的にすべての人の利益になる」と自分の中で確信があったし、それは今も持ち続けている信念です。

 

 

それをこうして、敗北の原因とともに、ようやく人前で話せるようになった。

 

当時の私の、「力に対する無自覚」と、それを使いこなすことができなかった実力不足。そして、他者に嫌われることを恐れていた、自分の弱さ。

 

 

「どうでもいい他者」に嫌われてもOKないまの私なら、当時は醸し出せなかった「有無を言わせぬ威厳」が、出せるかな?

 

星I'm so much stronger now→「他人に好かれること」を人生の目的とするなかれ。Be Assertive!!

 

 

 

こんな人間が、教育者に向いているのかどうかは分かりません。

 


それでも私のことばが、どん底を経験してきたからこそ、説得力を持って誰かの心に届いて起こる化学反応と、良い変化をもたらすのを目の当たりにすると、

 

「教える」ことを通じて、私自身を世界に差し出し、ご縁ある方々の心を自由にし、解放する。それが私のこの世との「調和ポイント」なんだろうと思うのです。

 

 

あの頃の私が死ぬ思いで踏ん張ってくれたから、いまがある。

 


「このままで終わってたまるか」と、烈火のプライドでここまで歩いてきたけど、それでも私が目指す「威厳に満ちたクイーン」の姿まで、まだまだだと感じている。

 

あんなに恐れられるのが怖かったのに、いまはマキャヴェッリが言うところの「恐れられる指導者」になるべきだろうかと考えるようになったのも、それも変化なのかもしれない。

 

 

恐怖や権威を振りかざすのではなく、自然に向けられる敬意と内側からにじみ出る威厳で、人を動かせる人間になりたいな。

 

「女だから」とか言わせない、そんな属性で語られることから自由な、「あの人だから」と多くが納得するような、上質な人類へ進化する。

 

 

 

 

あの頃私が持ちたくても持てなかった、その「力」を使いこなせるようになるまで、日々努力努力です。

 

 

『チェーザレ』、もう一回読もうっと。

 

 

星「100年後にまで残したいものは何か?」~私は人を残したい。人の心の美しさを。

 

 

犬シェルター改修のご寄付はこちら犬

Project Rebuild(犬舎建設 Part2:プレハブ暮らしの犬たちに光ある犬舎を!)

 

わんわん徳島新聞カルチャーセンターで秋期講座スタート!

(月2回・月曜夜7時~8時半) *体験レッスン随時受付中わんわん

 

星秋期講座は、「タイプ別人間分析」「事例研究」がメインの、楽しい実践編です

「人物評」は悪口ではありません。噂話に“忙しい”人たちはお断りな、コミュニケーション講座☆

 

 

私の人間研究の成果は、こちらの「美魂レッスン」シリーズに書いておりますので、ぜひお役立ていただけたら嬉しいですラヴ

 

“vanity(虚栄心)”研究は、こちらをどうぞラヴ

 

 

ラヴお問い合わせ&ご質問等はこちらまで

→newpalace.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)

 

 

アリーナ姫「遥かなるサマープディング」~ミントの香りが魂を呼び覚まし、海の向こうへの郷愁をかき立てる。

 

 

より自由に、クリエイティブに、自分を表現して生きよう。

 

Be Assertive, Be Authentic!!!アリーナ姫ハート

 

 

あたらしい世界は、願うだけじゃなく、自分たちで創っていくものだよ

 

 

ライオン歴代獅子の王より→誰もが皆、独立自尊の誇り高き王であれ。

 

image

 

ラヴプロフィールは→こちら

星ブログタイトル「女神の天秤」にこめた想いは→こちら

 

エルモ魔界(政界)伝はこちら→you, 何しに政治の世界へ?

 

 

冬期講習が終わって、超タイトだったスケジュールに少しだけどゆとりが生まれ、いろいろ身の回りのリニューアルを行っています。

 

 

例えば、愛用しすぎて少々くたびれてしまったバッグ。ずっと新しいのが欲しいなあと思いながら、「これは」というものに出会えずにいたけど、以前ひとめぼれして求めたオーラ・カイリーのものはどうだろうとネットで調べると、ステキなものを発見。

 

 

ついでにお財布も新調しようという気分になり、合わせて注文してみたのですが、これまでは専らアマゾンで本を注文するくらいで、DMMコミックレンタル以外に、私がネットで買い物をするなんて!!というほど、大きな変化ですが、

 

毎日移動が多く、ゆっくり買い物に出かける時間がない現在の私にとって、洋服などのファッションアイテムだけでなく、コープ自然派でも良質な食材を配達してもらうようになり、ネットショッピングに助けられ、その便利さを実感しています。

 

 

image

 

 

さらにこのところ愛車のBluetoothの調子が悪く、音楽大好き人間にとってiPhoneに入っている音楽を聴けないのに甚大なストレスを感じていたのですが、調べてみるとAUX端子でも接続できるとのこと。

 

 

早速ドコモショップに行き、買ってきたのが充電しかできないケーブルだったと分かってがっくりきていましたが、こんどは電気屋さんで「音楽を聴くため」に必要なケーブルだと何度も確認した上で購入し、

 

ようやくiPhoneと繋がり、大好きな音楽が車内に響く喜びといったら!!そして、言われている通り、有線接続の方がはるかに音質が良く、なぜもっと早くこうしなかったんだろうと思うほど。

 

 

こうなると、家の中でも良い音質で音楽を楽しみたくなり、持ち運びできるソニーのスピーカーも導入しました。ものすごくいいです。なんでもっと早くそうしなかったんだろう。これもBluetoothじゃなくて、有線接続にするつもり。

 

 

 

 

 

一度「これ」と決めると、めったに変えるということをしない自分の性格には気付いていたけど、「新しもの好き」なようで、ライフスタイルを変えることにはかなり慎重で、新しいもの&ことの導入・実践は結構時間をかけている。

 

愛用のものは壊れないと買い換えないし、本当に「これはいい」と思うものに出会うまでは、買わない。このこだわりの強さは、「これだ!」と感じたときの迷いのなさでもあるので、逆に買うときの決断は本当に早いのですが。

 

 

それからもう一つ、妹Kちゃんにもらった、お気に入りの桜のスタバのタンブラー。車から降りる時にうっかり落としてしまい、割れてしまって大ショック(ごめんKちゃん・涙)。長らく愛用していたけど、これも買い替えの必要性に迫られてしまった。

 

だけど実はその少し前から、保温性に優れたサーモスのケータイマグが気になっていて、買おうかどうか何度も考えていたので、これを機に新たに導入。しかし保温効果が確か過ぎて、使用初日は持参したお茶が熱すぎて結局飲めなかったという。次回は工夫が必要。

 

 

image

 

 

そしてもうずっと違和感のあった「さくら」のハンドルネームも、手放すことにしました。

 

永田町勤務時代と違って、いまは本名で発信することに何の問題もないし、昨今の「桜を見る会」をめぐる問題で、すっかりこの国花の名前が汚されてしまったですしね。

 

 

なのでアメブロもFacebookも、自分の名前に変えました。すごくスッキリ。自分の素性を隠すために持っていたハンドルネームを捨てることで、ようやく本来の自分とズレがなくなった気がしています。

 

 

image

 

 

何かを変えたり新しくすることで、気分や気持ちが切り替わることもあれば、何を失くしても手放しても、変わらぬ自分が私の真ん中を貫いていることを実感する。

 

 

「変える」というのは、どんなに「変えたい」と意気込んだところで、必要に迫られて変えざるを(あるいは変わらざるを)得ない場合と、意識はしていないけどいつの間にか変わっていたことと、何があっても変わらない自分の本質というものがあるように思う。

 

 

この5年間で、地に足を付けて生きることの大切さを本当に思い知ったし、日々幸せを感じることが確実に増えている。

 

こだわりの強さも、集中していないところではうっかり過ぎるところも、私を構成する愛しい要素。

 

知性を発揮することも、自分の意見を表明することも、自然とできるようになっているのが嬉しい。

 

 

image

 

 

肩の力を抜いて、いまいるところから、自分の周りから少しずつ変えていこう。

 

 

そんな軽やかな、2020年の始まり。

 

 

 

星「100年後にまで残したいものは何か?」~私は人を残したい。人の心の美しさを。

 

 

犬シェルター改修のご寄付はこちら犬

Project Rebuild(犬舎建設 Part2:プレハブ暮らしの犬たちに光ある犬舎を!)

 

わんわん徳島新聞カルチャーセンターで秋期講座スタート!

(月2回・月曜夜7時~8時半) *体験レッスン随時受付中わんわん

 

星秋期講座は、「タイプ別人間分析」「事例研究」がメインの、楽しい実践編です

「人物評」は悪口ではありません。噂話に“忙しい”人たちはお断りな、コミュニケーション講座☆

 

 

私の人間研究の成果は、こちらの「美魂レッスン」シリーズに書いておりますので、ぜひお役立ていただけたら嬉しいですラヴ

 

“vanity(虚栄心)”研究は、こちらをどうぞラヴ

 

 

ラヴお問い合わせ&ご質問等はこちらまで

→newpalace.love☆gmail.com(☆を@に変えてください)

 

 

アリーナ姫「遥かなるサマープディング」~ミントの香りが魂を呼び覚まし、海の向こうへの郷愁をかき立てる。

 

 

より自由に、クリエイティブに、自分を表現して生きよう。

 

Be Assertive, Be Authentic!!!アリーナ姫ハート

 

 

あたらしい世界は、願うだけじゃなく、自分たちで創っていくものだよ

 

ライオン歴代獅子の王より→誰もが皆、独立自尊の誇り高き王であれ。