lovely days, lovely life ~愛すべき毎日から、愛あふれる生き方を~
*******************************
クンダリーニヨガに出会い、
自分に向き合うことの必要性を学び、
キャラクトロジーに出会い、
自分の心の傷を知ることが、本来の自分を取り戻すプロセスであると知りました。

毎朝のヨガと瞑想、時々ヨガクラスを教えつつ、
日々の生活の中から生まれる気づきや学びを
備忘録がてら、書いてます。


★クンダリーニヨガとは ⇒ FBページこちらの私のヨガ講師サイトをご覧くださいませ
☆キャラクトロジーとは ⇒ HITキャラクトロジー®心理学協会のHP


2010.7 クンダリーニ研究所認定クンダリーニヨガ講師資格取得
2015.5,7 HITキャラクトロジー®心理学協会セルフアウェアネススキル(SAS)Level1受講
2015.11 HITキャラクトロジー®心理学協会SAS Level2受講(2016.1~プラクティショナー認定)
2016.3 HITキャラクトロジー®心理学協会キャラクトロジーベーシックマスター講座(0期)修了
2016.5 HIT身体とこころとオーラの心理学講座アドバンスクラス松山2期修了

*******************************
  • 18Nov
    • Open & Release

      ああだこうだと考えることはあるし、想定外のことに対して密かにわなわなしていたり自分の中で悲鳴を上げていることはまだ多い。感情や感覚、思考は、瞬間瞬間に湧いてくるものだから。湧いてきたものは、まず浸ってみる、しばらくの間は。おもしろいもので、そうしていると次第に落ち着いてきて気がつけば物事や状況を俯瞰して見ている自分がいる。少しずつ、先入観や思い込みのしがらみから自分を解き放せるようになったのかもしれない。否定せず、従うのでもなく、我慢するのでもなく、開け放ち、ただ委ねる。そこにジャッジメントはない。そして、その後の取捨選択は、私の自由だ。

      9
      テーマ:
  • 03Nov
    • Take my time

      ここしばらく、実は仕事に行くのがしんどかった。朝起きるのが辛かったのだ、眠過ぎて。寝不足でもなかったのに、寝ても寝ても眠い感じ。時々こういう時期があるんだけど、今回は何週間も続き、一生続くんじゃないかと思ってしまうほど、きつくて終わる気配がなかった。今日二度寝三度寝したら、あっけなく復活した。(笑)そしてようやくなんか抜けたという感覚とあ、もう大丈夫という体感。多分、私のプロセスには必要な消化の時間だったのだと思う。とはいえ、最近特に何かがあったわけではない。去年が怒涛すぎた反動で、特に変わったことがない今、逆にこれでいいのかと不安になってしまったのかもしれない。大変なことがあっても、なくてもどちらでもいいのだ。要は、自分がそれをどう捉えるか、それだけ。私の中には、大変じゃなきゃダメという思い込みが根強く残っているようだ。大変なら大変でいいし、大変でなければ大変でなくていい。こうあるべきというのは、私が作っているだけ。あせらせずあわてず少しずつ、少しずつ。私の癒しのプロセスは続く。

      14
      テーマ:
  • 02Nov
    • ”その都度向き合うこと”

      ホントいいタイミングで、上がってくるね、過去の記事。今の私に、ガツンと響いた。去年の私、なかなかやるなぁ。あの暗黒(苦笑)を乗り越えたからこそ、今があるんだなぁとしみじみ実感。いろいろあったけれど、私は元気で生きている。それなら私は、毎日もっと笑って過ごそう。だって私は、なんだかんだいっても結局大丈夫なのだから。

      3
      テーマ:
  • 22Oct
    • 料理リハビリ中

      かつては、いろいろ試して作るのが楽しかった料理。誰かから教えてもらったわけではなく、母や祖母のやるのを見よう見まねで、あとは自己流だった。やり方や手際について、アドバイスなど言われるようになった。最初はありがたいと思っていたが、徐々に息苦しくなっていき、料理をする楽しさや喜びが苦痛になった。料理に限らず、このパターン、意外と多い。人から何かを言われると、私の中では→否定されている→ダメ出しをされている→責められている→攻撃されているに勝手に変換してしまう傾向があったらしい。でも最初は「厚意」だと思って苦しくも無理に受け入れようとするから段々息苦しさが蓄積し、ある時に許容量を超えていて、できなくなってしまう。攻撃と反応していれば、苦しくなるのも当然のこと。もちろんホントに攻撃してるケースもあるかもだけれど(笑)、そういうやり方そういう考え方もあるよね〜と受ければ良かっただけ。でも、このパターンをはっきりと自覚して、腑に落とせるまでに至ったのは、ここ数年のこと。一時期、作る意欲を完全に失っていた料理だけれど、少しずつ、ホントに少しずつだけれど、「作りたい」が戻ってきつつある。今は、お手軽簡単なレシピから、徐々に慣らしている感じ。料理リハビリ中といったところかしら。(笑)

      8
      テーマ:
  • 19Oct
    • 発信すること

      忙しくなると、追われるがまま過ごし、気がついた時には自分自身の感情や感覚がよくわからなくなっている。多分、自分自身を置き去りにしているのだと思う。そんな時は、自分の感情と感覚が、すごく遠いところにある感じがする。自分が今何を感じていて何を思っているのか、なかなかたどり着けなくなっている。ブログを書くプロセスは、もしかしたら自分を取り戻すプロセスなのかもしれない。となると、突然衝動的に書きたくなるのは、私の中からのSOSだ。それでもなかなか書けないのは、気づかぬうちに、自分との距離が相当空いてしまったからだ。発信するということは、外に向いているようで、実は、自分自身、感覚もその対象も含めた自分が感じていること、自分が何かを感じているという事実に向き合うことだ。少なくとも私にとっては。だから、集客や周知が目的になると途端に書けなくなるんだな、きっと。(苦笑)そして、今日も自分に戻ってブログを更新する。週末はゆっくり自分を感じながら、過ごそう。

      3
      テーマ:
  • 16Oct
    • 丁寧に

      先日、師からいただいた「丁寧」という言葉。ずっと意識して行動していたつもりだったけれど、本当に「丁寧」にやれていたのだろうか…独りよがりになっていなかっただろうか…。記憶なんてものは曖昧で、そうしていたつもりでも、そうできていないこともあるわけで。生まれながら攻撃性の高い宿命を持つワタクシ。「丁寧」というのは、私の人生の課題…というかテーマなのかもしれない。自分に対しても人に対してもモノやコトに対しても丁寧にやさしく、ね。今日…ではなく(笑)、ある日の帰り道に見た空

      6
      テーマ:
  • 08Oct
    • まだ1年、もう1年

      どうやら去年の昨日、私が過去最悪のドン底から抜け出した後最初の仕事が決まった日だったらしい。体感的には、何年も前の出来事のようだけれど、たった1年前のことなんだなぁ…。ドン底に落ちる前の私は、今なら「それやっちゃダメなやつ!」ってわかることをやってた、無意識に。もちろん普段はそんな姿を人に見せないし、人前で出てくることもない。が、不意に出ていたのだよ、とっさに出る反応が攻撃的になるのだ。多分、過去の経験からくるもので、攻撃されたと勝手に判断して反撃するのだ、条件反射のように。どこかで「自分が正しい」と自分の意見ややり方に執着し、それを振りかざしていたのだ…我ながら怖い。屈折したプライドだった。私が宿命的※に攻撃性が高いのは知っていたけれど、自覚がなさ過ぎた…。※私は、宿命が全てと言っている訳ではなく、傾向や素質を教えてくれるものだと捉えています。そして攻撃性については、私自身思い当たる節もあるので、意識した方がいいポイントだと思っています。ハッと気づいた時にはすでに、仕事が決まらない収入の見込みがないという状況に片足突っ込んでいた私は、ジタバタするのを止め、とりあえずその暗闇の中にとどまり、自分にじっくり向き合ってみた、無職無収入の恐怖を抱えながら。仕事が決まらないことが、こんなに自分の心をむしばみ、巣くうものだと初めて知った。必要とされない(と感じる)ことが、自分の存在意義を見失わせるものだったなんて、知らなかった。いや、頭ではわかっていたんだよ、腑に落とせていなかっただけ。体感、体験は、強い。去年のこの仕事自体は期間限定だったけれど、この仕事の後も「英語に関わる仕事」を続けられている。あの闇を体感した後私の仕事に対する向き合い方、取り組む気持ちや姿勢は、大きく変わった。最近何度となく当時のことをフラッシュバックしていたのは、今の自分に対する改めて念押しというかリマインドだったのかな。明日から、また新しい気持ちでやっていこう!

      14
      テーマ:
  • 07Oct
    • 小さな再チャレンジ

      待つことも大事だけれど、アクションを起こしてみた。今の私は、時期的に、全く新しいことを始めるタイミングではない。じゃあ私の中にすでに在って、すぐにやれることって何だろう…私の中から湧いてきた答えは、翻訳だった。時間を忘れるぐらい集中出来るし、そもそも言葉を綴ることが好きだからね。募集案件もいくつか見つけたので、まず応募してみた。1件お返事があったので、とりあえずトライアル※を受けてみることにし、今日明け方にその翻訳が完成。後ほど、再度目を通して提出する予定。※初めての翻訳業者さんからお仕事をもらう場合、最初はトライアル翻訳を渡されるのが一般的。今回、平日仕事の後帰宅してからちょこちょこやっていって、残りを昼ぐらいから着手し、気がつけば夜中。私、一旦翻訳始めると集中力が半端なく、時間感覚も疲れの感覚もなくなってしまうので、疲れていても休んだり中断したりのタイミングを逸してしまうワタクシ。夢中になれるからってことなんだけど、平日のお仕事と並行してできないかもしばらく応募するのを控えておりまして。要は、自信がなかったというか、自分の「やりたい」を認めてあげられなかったんだよね。やりたいからの今回の応募チャレンジ、継続的なお仕事につながっていけばいいなぁ。

      3
      テーマ:
  • 04Oct
    • 今、この瞬間に、ここから前へ

      私、今の職場にすっかり馴染んでいるのか、去年の(業務に関する)ことを尋ねられることがよくある。(が、実はまだ1年経っていない)今日も尋ねられたのだけれど、そのたびに、去年の自分を思う。去年の今頃…私は暗黒の世界にいた。なんだかうまくいかずに、結局無職となり、収入もない状況になり、いろいろ策を講じるものの全く実を結ばない日々。真っ暗なトンネルの中で、出口を探してもがいているような状況だった。まさに、暗中模索。_| ̄|○決して戻りたいとは思わないけれど(苦笑)、私にとって糧になる経験だったなぁ…な〜んて笑って言えるのは、何とか出口を見つけ、今につながったからだけどね。そして、無事に抜け出せてよかったと心から今の環境にいられることに感謝して、安堵する。なんだかいいながら、うまくいくようになっているのかもね、私の人生は。そう感じた私は、大きく前進したんだな、きっと。ここからまた前に進むよ、どこまでも。

      4
      テーマ:
  • 02Oct
    • 見える景色

      今日出勤したら、職場の景色が昨日までとは違って見えた。何が違うのか、私自身よくわからない。今の職場に不満はないし、いい人たちしかいないし、私は本当に恵まれていると思う。ただ、これからの私の働き方、生き方を考え直してみるいい機会なのかな、とふと感じた。このまま今の場所で働き続けるにしても、働き続けないにしても、ね。いずれにしても、やれることを精一杯やるというのは変わらないのだけれどね。ここ2年ほどは、とにかくがむしゃらにやってきた私。そろそろ、自分自身を含めた自分の環境や状況を少し引いて俯瞰視してみる必要があるのかも。そんな事を思いながら今日もてくてく帰り道。

      5
      テーマ:
  • 01Oct
    • ”生きることは紡ぐこと”

      この記事を去年の10月に書いてたって、アメブロが教えてくれた。今日はこのお知らせがある前から、ブログ記事を書こうと思っていた、実は。でも、今このタイミングで、この記事が出てきたのも意味があるみたい。ここ最近、「私は、本当は何をしたいと願っているのか」「私は、今なぜこの場所(状況)にいるのか」と悶々としていた。いや、ここ最近というよりは、多分答えが見いだせないまま、日々を送っていたように思う、長い間ずっと。と今書いていながら、その答えは、まだ出ていない。ただ、私はリブログした過去記事にあるように、自分の言葉を綴りたいという感覚を取り戻したんだと思う。他の誰かにとっては、つまらないことかもしれないし、取るに足らないことかもしれないけれど。私は、私の中に湧き上がる言葉を綴っていきたい。そんな10月の始まりの日。

      4
      テーマ:
  • 23Sep
    • 笑顔になれることから

      最近、怒っていない。というよりは、怒りを感じさせる出来事が起きていない気がする。最後に怒りを感じたのはいつだったか…う~ん思い出せない。あ、でもたまにイラっとすることはあった、通勤の電車内で誰かのスマホが私に当たってうざいとか(苦笑)。でもそれぐらいかなぁ…。「とりあえず笑っとく(笑)」が最近口癖の私。「マジ大変!」って状況になった時でも、とりあえず笑っていると、意外と「何とかなるかも」と思えることも多かった。(サチヨ調べによる)笑う門には福来るって、こういうことかもしれないなと思う。我慢するとか無理をするとかではなく、私自身が楽しい気持ちになれることを言葉にしていこうとしみじみ思った。私、そこそこ抱え込むタイプなので、くよくよ悩むこともあるし、ズドーンと落ちることもしばしば。それを誤魔化すのではなく、くよくよ考えちゃうこともあるけれど(ここで一旦受け入れる)、じゃこれから何ができるかな~と(ここで手放す)そんな風に流れにシフトしていきたいなと。そんなことを思っていたら、しばらく放置していた願い事・願望ノートの存在を急に思い出したので、久しぶりに書き始めてみた…ら、すごく楽しくなってきた。こうだったらいいなぁ、うれしいなぁ、楽しいなぁと実現の可否を考えずに、ただ書き綴るだけで気持ちが上がる。なんてシンプルで簡単なツールなんでしょう!この記事をupしてから、またノートを書こうと思う。笑いながら…というか多分ニヤニヤしながら。(笑)

      6
      テーマ:
  • 21Sep
    • 初心を思い出してからの、強制休息の3連休

      今週末にお外でヨガクラスを開催…の予定でしたが、雨模様で中止することに。今月初めにも予定していながら、やっぱり雨で中止したので、2度目の雨中止。そろそろヨガクラス再開したくてうずうずしていたのもあり、また9月は平日の仕事の収入が少ないのもあり。(祝日が多いので平日日数が少ない→つまり勤務日数が減り、収入も減る)ヨガが初めての方や運動が得意ではない方が気軽に試せて、日常生活を送りながらリフレッシュできるきっかけを提供したいというヨガ講師としての初心に帰り、良い再スタートだなと思ったんだけどな…。でも、よくよく考えれば、先週も3連休だった割に、なんだか疲れ気味なワタクシ。「今週末もゆっくり休みなさい」というメッセージだったと、好意的に解釈することにした。一つ用事がある以外は、何の予定もない3連休。おそらくのんびり朝起きて、ヨガして、先週同様NCIS(笑)を観て、(先日の記事に書いた動画視聴サービスは、来月から申込予定なので、残念ながらこの選択肢はない…)昼寝して(笑)、ブログ更新してみたり、気分が乗ったら掃除や片付けたり、陰陽五行の勉強を再開してみたり、ふらっと出かけたり。基本的には、気分や感覚の赴くままに過ごそうかなぁ~、と一人でワクワクしている金曜の夜。

      3
      テーマ:
  • 17Sep
    • 耳が欲する音

      時々、無性に英語の音が聞きたくなる。英語圏の映画やドラマが観たくなるのは、内容もあるし、英語耳(笑)の維持という理由もあるけれど、しばらく日常生活のBGMとなっていた、音としての英語が恋しくなるみたい。ということで、この三連休は久しぶりにNCISを何エピソードか続けて観たり、英語を欲していたサチヨ耳(笑)の赴くまま映画館に出向き、映画鑑賞。ちなみに映画のチョイスは、これ。(観た後に優しい気持ちなれ、ほっこりと癒される映画でした。英語も割と聞きやすいと思う…ワタクシ的には。私、実はこういう映画が好き。)そして、やっと動画配信サービスに申し込むことにした。ずっと迷っていたのだけれど、NCISをコンテンツに持っていつつ、他のコンテンツも充実しつつ、お財布に優しいサービスを見つけたので、やっと決めました。加入後、家にいる間は、常に視聴状態で、きっとBGM化するな。(笑)私が渡米して、英語が聞きとれるようになったと実感できるようになったのは、このBGM化で繰り返し聞いていたから。特に、NCIS(帰国前までのシーズンまで)Grey's Anatomy(同上)Sex and the City(最終シーズンまで)は、どのシーズンもエピソードも何十回も観たと思う。アメリカでは、チャンネルを合わせれば、当初放送局ではなくても、どこかの放送局で、ほぼ毎日古いシーズンやエピソードを再放送していたからだ。(多分今もやっていると思う)我ながら、よく飽きなかったものだと思うのだけれど(笑)、1、2回観ただけではわかりにくい背景や以前のエピソードからの伏線に気づけたり、何度も観てやっと聞き取れたフレーズがあったりと、毎回観るたびに新しい発見があったのが大きい。当たり前ながら、アメリカでは字幕は出ない。(今思えば、テレビの設定で表示させることはできたのかもしれない…しなかったけれど💦)となると、理解するには聞き取るしかないわけで、理解したいと思っていた私は、放送が合っている時は、時間が許す限りとにかく観ていたなぁ。自分で何回も観るという行為であれば、義務的な感じになって、多分続かなかったと思うけれど、たまたま放送されていたタイミングに観てたという感じなので、頑張ってやってる感覚もなく、気楽に視聴できていたんだと思う。加入後すぐは、観そびれているシーズンに追いつくのと、観たいと思いながら観れていないドラマや番組、上映中に観に行けなかった映画もいっぱいあるのとで、お休みや休暇は、それを観るので忙しくなりそうだ。そして、その後何回も繰り返し観る、好きなものは理解したいからね。しばらくは、英語サウンドを恋しく暇はないようです。

      6
      テーマ:
  • 26Aug
    • 外に映る「中の自分」

      知り合いから、共通の知人が体調を崩し、仕事を休んでいると聞かされた。ストレスがかなり影響していたようだとのこと。なんとかなると信じられれば、(無理して)なんとか「しようと」しないでいられたんじゃないのかぁ…と他人の私が思ってみても本人にはそう感じられなかったわけで。あれ、その人の姿って、なんとかなるを信じきれずにもがいている私?_| ̄|○先日この記事を書いていながら、私もまだ日々ブレている。長年、何かあったら必死に「なんとかしようとする」必死に「なんとかしなければいけない」に無意識オートシフト(苦笑)だった私。今ようやく意識してマニュアルシフトに切り替え、ようやく「なんとか『しようと』しない」が腑に落ち、このモードにもドキドキしながらも居続けられるようになったところ。💦要は、怖いのだ、何もしない…と誰かに無価値と評価、判断されることが。デフォルトが無価値で、責められる攻撃される前提で生きたことを改めて痛感した。_| ̄|○「それ、そろそろ手放す時ですよ」というなんだろうな。***実は、ここ数日悶々と悩んでいたというか、精神的に落ちて、腐っていた。先月から職場環境が変わったこともあり、この場所(職場)で私が本当に必要とされているのかどうかわからなくなっていた…いや正確には感じられなくなっていた。ここでやれる事はもう終わってしまったのかな…なんて頭をよぎり始めた時にこの知人の話を耳にするのも私のタイミングなのかもなぁ。評価や結果は、今の私のできる事の先にあること。出たら、その時考えればいい。だから今は、今の自分に出来ることに精一杯するだけ。と、頭を整理していると結局なんとか「しようと」しないにつながっていく。(笑)今の私には、大きな意味のあるメッセージ心に刻もう。

      16
      テーマ:
  • 16Aug
    • なんとか「しようと」しない

      「なんとかする」という言葉が好きではない。自分で必死で頑張って物事や状況をコントロール下に置くという感じがするから。(あくまで、ワタクシ感覚です)そして、そもそもこのコントロールという言葉、どうも好きになれないのです、昔から。生きていくということは、多かれ少なかれ人と関わっていくわけで、自分以外の人と関わって生きていくと、予想外や想定外のことが起きがち。ということは、コントロールできないことの方が圧倒的に多くなる。となると、「『なんとかする』ことは、 そもそも不毛なことなのでは?」と感じずにはいられない。ここ数日で「なんとかしようしない」が人を変え、媒体を変え、形を変え、目や耳に立て続けに入ってきたので、忘れぬようにブログに書いてみた。もちろん「なんとかする」をしたい人は、「なんとかする」を選択すればいい。私は「なんとか『しようと』しない」を選ぼうと思っただけ。選択は、自由。な〜んてことを今日も思いついて、書き綴ってみました。(笑)写真は、ドライマンゴーをプレーンヨーグルトに刺してる図。翌朝生フルーツ感が復活したマンゴーが楽しめます。最近お気に入りで、めっちゃオススメです。

      7
      テーマ:
  • 05Aug
    • Thanksノート、その後

      先日始めたThanksノート。10日経ちましたが、楽しく継続中。最近のワタクシは、平日の勤務先での担当お仕事が少し変わったり、新しい方が入ってきたり、職場環境と状況に変化がありました。慣れないことがあるので、地味に気忙しい日々。このThanksノートのおかげで、なんとかなると思えるようになっているというか、リセットされてるというか。要は、自分を、自分の居る環境を、自分を取り巻く人々を信じられるようになるといえばいいのかな。物事が良い方向に動いて(いるように見えて)いるときは、普通に信じられているものが、思わぬ方向に動いた(ように見えた)ときは、不安や心配から信じられなくなるもので。Thanksノートを始めたら、思っていた以上に、私は毎日周りの人に救われていたことに気づけたし、今まで以上に周りの人々の好意(厚意)に意識が向くようになった気がする。しんどいなと感じる時でも、かなり周りの方々に助けられている自分の状況が見えるし、実際にそれを実感するようになったから。「私は大丈夫、いつでもなんとかなる。」って自然に切り替えられている…気がする、あくまで私の肌感覚ですが。正直、当初は、「書くことで、楽しくなって幸せな気持ちになれる習慣を始めたい」という程度の気持ちで始めたのだけれど、日記や日々のメモよりは、こちらの方が私には合っているみたい。とにかく書くのが楽しくて、「やらなきゃ」ではなく「やりたい」起点で、毎日継続しているというのが、ホントのところ。ということで、暑くてブログ更新も頻繁ではありませんが、割と元気にやってます。写真は、チーズナン。たまに食べたくなって作るのだけれど、いつも予想以上に膨れ、いつも見た目別物になってしまう。今回も、撮った後にむくむくとボールのようになった。(笑)

      12
      テーマ:
  • 26Jul
    • Thanksノート、始めました

      毎年スケジュール帳を買うのだけれど、その年が終わる頃には、ほぼ使っていないことが多い。最近スケジュールは、携帯と自宅カレンダーにメモしているし、日々のことをメモや記録しておこうと思ってみても、どうも続かない。別の用途で使おうかなといろいろ考えていたところ、「ありがとう」と感じた出来事やエピソードをメモするという素敵な案にたどり着いた!そこからの今日のブログタイトルのThanksノートなのだ。スケジュール帳だから、毎日の予定やメモスペースがあるし、スペース自体も広すぎず狭すぎず。我ながら素晴らしいアイデアじゃない?(自画自賛です)自分以外の誰かの行為や行動から感じたほっこりだったり、うれしいだったり、救われたぁ〜だったり、ウキウキだったり、キューンだったり。そんな幸せな感覚や感情を言語化して記録することで、さらに幸せな気持ちにしてくれそうだし、何より「やってみたい」と素直に感じた。誰かに勧められたから、誰かが良いと言っていたからでなく、私がやってみたいからやってみる、今日から。で、今日早速書きました。大小いろいろなありがとうが今日もいっぱいありました…しみじみ。書いてると、だんだん幸せな気持ちになれて、なんか笑顔になる!自分癒しになりそうだ。とにかく続けてみることにします。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

      8
      テーマ:
  • 22Jul
    • それでも私は、クンダリーニヨガを伝えたい

      ずっとブログを書けなかった。というか、継続して更新できなくなっていた。正直にいうと、人々が持つ「ヨガの先生のイメージ」を壊してしまうのが怖かった。厳密にいえば、人々ではなく、私が一方的に持っていた「みんなの中のヨガの先生のイメージ」なのかもしれない。本来の私、本当の私は、人々の中にある「ヨガの先生である私」とはかけ離れているから、イメージを期待している人たちは、(本来の本当の私を知ると)離れていくという私の一方的な思い込み。それが怖くて、書きたいと思って書いていたはずが、徐々に書きたいように書けなくなり、更新が滞るという悪循環。結局、私はまだ本来の自分、本当の私は、受け入れきれてなかったということ。そもそも、期待にピッタリと沿うことは、不可能。多かれ少なかれズレは生じる。それが自分の自身に対する期待であっても。自分の中の「こうあるべき」から来る、私の歪んだ完璧主義。(苦笑)書いていて、我ながらため息が出る…。でも、こうやってブログに書けたのは、私を必要としてくれる人がいて、他の誰でもない私であることで、提供できるものがあると気づかされたから。それは、ヨガであってもヨガでなくても。なので、囚われていたイメージを手放すためにここで書いてしまうことにする。今私は、ヨガ中心の生活を送っていません。平日は派遣のお仕事していて、週末は時々ヨガを教えています。ベジタリアンではなく、毎日ヘルシーフード生活でもありませんが、身体が喜ぶものをいただく事は心がけています。ストレスですぐ身体が反応して胃腸の不調やむくみが出やすい体質です。毎日のヨガ時間を持つこと(+月に一度のなちゅらっくす)が私の心身のサポートになっています。私がアメリカ留学中に出会って以降、日常生活を送りながらも継続しているのがクンダリーニヨガ。このヨガに興味を持ち、この私と一緒にやってみたい、そう感じてくださる方に私は伝えていきたい。もうイメージなんて、要らない。私が教えるクンダリーニヨガクラスは、●月一不定期開催のクラスで受講→ 8/12(日)朝の大野城で検討中(詳細はお問い合わせください)●オンライン※で受講→ 土日でご希望の時間帯に受講可(ご希望を伺ってから調整します)※PCやスマホからSkypeやLINEのビデオ通話利用

      6
      テーマ:
  • 21Jul
    • それがワタシ、と受け入れる覚悟

      なんだかんだ更新できていない、サチヨです。<(_ _)>職場環境が変わったこともあり、業務的に負荷がかかるようになっていました。今までとは異なる物事のとらえ方や対応を模索する、新しいチャレンジが要求されている自覚はあったので、そんな中でもヒーヒー言いながら日々を過ごしておりました。が、うっかりかつての自分自身を信じられないモードにはまっていました…。_| ̄|○今日は、月一の自分いたわりDayで、なちゅらっくすのひでみんのサロンへおじゃましたのだけれど、施術前に近況を話しながら、その言葉を自身の耳で聴き、ハッとし、愕然とするワタクシ…。_| ̄|○(ひでみん、今日も施術だけでなく、気づきや腑に落ちるきっかけを与えてくれてありがとう)急かされた(と感じた)途端、急に不安になって(どっちも『急』の漢字!)、できるものさえ、できない気がして、完全な自信喪失モードに入る私。私ってば、なんてこった…。よ~くよぉ~く考えたらさ、私、仕事こなしてきたじゃない、今まで。期日がタイトなものも、タイトでなくても割と素早く。私は、自分ができることを精一杯やればいい、それだけ。だって、それがワタシなのだから。至極フツーの当然のことに、改めて気づき、腑に落とした土曜日。

      4
      1
      テーマ:

プロフィール

のむらさちよ

性別:
女性
お住まいの地域:
福岡県

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス