保護犬を選択するということ | SONA DORAS ~幸せの扉~ 仙太郎と共に

SONA DORAS ~幸せの扉~ 仙太郎と共に

H26年4月に来夢、7月に来俐を栃木の愛護センターより家族な迎え入れた事をきっかけに、個人でボランティア活動をしております。


テーマ:
こんばんわんこU^ェ^U

わが家の保護っ子、バニラ&リンゴ。
相も変わらず決まらずおります。

今日もバニラのお見合いでした。
実はメールでのやり取りの内から

???マークは並んでいましたが、
どうしても会ってみたいという
ご家族とお見合い致しました。

そして話しをしている内に、

「保護犬ってもっと汚いと思ってた」

「父母からも犬仲間からも、保護犬って馴れないし病気もってそうって言われてたしetc...」

もうぶっちゃけね、
帰ってくれ!!!って言いそうに
なりましたわムキー

そんな偏見のある家族には、
うちの大切な子達を託すなんて
ぜーーーったいいたしません!!

確かにね、たまに耳にはします。
保護犬=汚い病気もち。。。
馴れない。。。

つーかだから何なん??

汚かろーが、病気もってよーが
同じ犬は犬やん。

汚い思ったら綺麗にすりゃ
いいだけの事。

病気もってたら、治療すりゃ
いいだけの事。

治癒せず
長期戦になるコトもありますよ?

でもね、それが自分の家族を守る
っていうコトじゃありませんかね?

ホントね...

センターから引き出したばかりの後は
確かに綺麗じゃございません。

真冬なのに窓全開にしたい位
くっさ~い臭いもしますし?

実際問題どんな病気もってるかなんて
わかりませんよ?

だから我々保護主は、
わが子や今いる保護犬に感染させ
ないように隔離して適切な医療ケアを
受けさせる訳ですよ。

人馴れしてない子や問題のある子は
しーっかり人馴れできるように...
問題行動に対するリハビリも行って
始めて里親募集となる訳です。

それをね...汚い??

おととい来やがれ!!






仙太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス