号泣でした

テーマ:

やっぱり気になって気になって

リアタイしました!

介護カウンセラーの繭美です☆

 

 

 

 現在募集中のイベント

毎月開催!モーニングでお茶会♪【12月は26日(水)開催】

 

 



昨日が最終回の『大恋愛』





涙なしでは観られませんでした(T_T)





最初から

ほぼほぼ涙涙で〜


後半は号泣でした







忘れてしまうこと

忘れられてしまうこと


 

忘れる本人も

忘れられる家族も



本人はもちろんのこと

家族もそれを受け入れるまでは

仮に受け入れても

『忘れる』という事実に

なんとも言えない悲しさや悔しさを感じるんだろうな

 


私もパートナーが家族が

同じ状況になったときには

病状などいくら理解していても

受け入れるまでは同じように時間はかかるだろうし


受け入れたとしても

忘れていることが急に寂しく思ったりしたり

忘れられてしまっている事実を目の当たりにしたら


それまでどんなに

受け入れられた!

大丈夫!

と思っていても


感情が揺さぶられると思う





私の母方の祖母が

若年性ではないけど

アルツハイマーでした




「もうお母さんのこともわかんなくなってるみたい」


祖母が

母のことをわからなくなっていると話したときの母のこと


今でも覚えています





そして

もうひとつ


私がこのドラマを観て考えさせられたこと


衰えていく姿を大切な人に見せたくない





ずっと

パートナーやお母さんの気持ちに反応してたんですけど


そうですよね


よくよく考えてみたら


そして

自分に置き換えて考えてみたら

そう感じるかも




大切な人達の記憶の中で

元気なときの自分のままをのこしておきたい



今まで当たり前にできると思っていたことが

できなくなっていくこと


少しずつ少しずつ

周りの人の手を借りないとできなくなっていくこと


最後の自分の姿を想像したら


こんな姿見せたくない!!


そんなふうに思ってしまうのかもしれません




ドラマでは姿を消してしまっていましたが

正解がなにかはわかりません


残された家族を思うと

姿を消すのが良いとは思えないし

でも

本人の気持ちを考えると

姿を消したくなる気持ちは理解できる




……と

長ーくなりましたが

これは

もう一度見逃し配信で観ると思う!!

多分笑


それくらい

考えさせられたし


ムロさん!


もともと好きだったけど

後半に向けて

だんだんだんだんカッコよく見えてくる!


ムロさんの男泣きにもらい泣きしたり


もう本当


ムロさんの子供とのやりとりでも

もうなんかウルッときそうになったり…


なんかもうめっちゃ良い人!!!



そんな

ムロさんの魅力にもハマった


そんな素敵なドラマでした(*´艸`*)


 

 

☆お読みいただきありがとうございます☆