日本人宇宙飛行士のニュースをチラリと目にした。
 
 
 
 
 
野口さん 55歳
 
 
 
 
若田さん 57歳
 
 
 
 
古川さん 56歳
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
その番組では、ほんの数分の紹介だったが、
 
 
 
 
その後しばらくジワ~~~っと
 
 
 
 
胸に「何か」が込み上げた。
 
 
 
 
何と表現すれば良いのだろう?
 
 
 
 
尊敬というか、
 
 
 
 
感嘆というか、
 
 
 
 
憧れというか、
 
 
 
 
なんというか、、
 
 
 
 
その類いすべてのものが入り混じり
 
 
 
 
心が動いたのだ。
 
 
 
 
「事を成し遂げる」 という部分も
 
 
 
 
もちろん素晴らしいことだと思うが、
 
 
 
 
なぜ、そんなに短い報道に
 
 
 
 
こんなに、深く反応したのかは、
 
 
 
 
たぶんきっと、そこに至るまでのその方々の
 
 
 
 
 「人生物語」 の 影の部分や裏側の努力が
 
 
 
 
 瞬時に浮かび上がってきたからだろう。
 
 
 
 
 経緯・道のり・挫折
 
 
 
 
 復活・逆境・成功
 
 
 
 
 笑顔・涙・幸福 、、、
 
 
 
 
それらがいかほどのものだったのかは

 
 
 
このお方達を詳しく存じ上げませんが、
 
 
 
 
それはそれは並大抵のものでは
 
 
 
 
なかったであろうことは
 
 
 
 
想像にかたくない。
 
 
 
 
そうして重ねた半世紀以上の貴重な歳月。
 
 
 
 
どこの部分が欠けても

 
 
 
 成り立つことはない
 
 
 
 
かけがえのない時間があっての
 
 
 
 
「今」 なのだろう。
 
 
 
 
でもよく考えてみれば、
 
 
 
 
その「時間」は私達ひとりひとり全員に
 
 
 
 
平等に与えられているものであり
 
 
 
 
そこには貧富の差もなければ、
 
 
 
 
差別意識も存在しない。
 
 
 
 
この地球での「限られた命の時間」を使って
 
 
 
 
何をやるかも、学ぶかも、気づくかも

 
 
 
その人自身が置かれた環境の中で、




最終的には、自分でひとつひとつ




選択を繰り返し、
 
 
 
 
 改善、改良を重ねながら
 
 
 
 
 人生をデザインして、最期には

 
 
 
 
 誰もが宇宙に還ってゆく。

 
 
 
 
 だからそれは、「宇宙飛行士」という




ミッション(使命)だけにとどまらず、
 
 
 
 
「お父さん・お母さん」をやるというミッション
 
 
 
 
 「パートナーを支える」ミッション




「ひとりで力強く生きる」ミッション
 
 
 
 
「学生、赤ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん」というミッション
 
 
 
 
 「医療・サービス職・事務・建設
 
 
 
 
 輸送・清掃・保安・農林漁業
 
 
 
 
生産・技術・専門職 など」というミッション、、、
 
 
 
 
ありとあらゆる生き方が
 
 
 
 
地球という美しいパズルのワンピースとなり
 
 
 
 
今日という日が完成しているのだから、
 
 
 
 
スゴイことを成し遂げた人や権力者だけでなく、
 
 
 
 
 ひとりひとりが感謝や尊敬に値する
 
 
 
 
 かけがえのない存在だというのは
 
 
 
 
 まぎれもない真実だよね。。
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
 
今月私は、またひとつ年を重ねた。
 
 
 
 
 
 
 
→ こちら
 
 
 
 
 
 
 人生は、体験・経験・冒険・実験の連続。
 
 
 
 
 地球服を脱ぎ捨て、
 
 
 
 
 宇宙服に着替えて
 
 
 
 
 宇宙(そら)に還るその日まで、
 
 
 
 
 試行錯誤しながら




「老化」 ではなく 「進化」 を願う


 
 
 まさに旅の途中です。。 👽👽👽