ダメージ

昔、親戚のN子に連れられ....
大泉の母に会いにいった日の事を
なぜか、昨日思い出しました。



懐かしいなぁ。。と。
おられましたね。大泉の母って。

喫茶ピエロかなぁ。確か
母が旦那様と経営されてたお店は...。



20年位前のメモリーです。

予約していったのか否か?
記憶が定かではないですが、
とにかく私はN子に誘導されながら
喫茶ピエロまでひたすらに
大泉学園駅から走った覚えがあります。


走った事を覚えているので、
予約制だったのかなぁ?笑。



入り口から中に入ると、
20人くらいの女性が
初めて会った方々と相席をされ
沈黙のまま、鑑定を待ちわびておりました。

みなw確かなる静寂です。

大泉の母は、”まごのて”で女性たちを
バンバンとしております。
中には泣いている方もチラホラ。
かなりw毒舌だった様な気もします。
泣きながら出ていく方。
お話が終わったのに、その場から
立ち上がれない方。



色々とダメージをくらっておられました。

ふむ。。
私たちは1番最後にお店に入りまして。
当たり前で鑑定と言われるものも
1番最後。

私はどんな感じで叱られてしまうのかと
構えておりましたら。。

一言目
「よく、来たわね。今日来たメンバーの中で1番貴方が不幸。だから、私も叩けない。」

二言目
「いい?色々ある。今いる男と将来結婚しても、99.9999%離婚。今からしっかりシングルマザーになっても力強く生きていける準備をしなさい。」

(まだ、当時...結婚もしていないw)

三言目
「2人男の子を産む。3人目は女の子だが産むかどうかは不明。」

四言目
「24.26で親しい人との別れがある。超えなさい。」

五言目
「凄く苦労し凄く不幸で不運。
だけど貴方なら大丈夫。がんばるのよ。」


以上

優しく肩を撫でられました。


...........

周りを見渡すと、まだ泣いていらっしゃる方々もチラチラと視界に入りますが。
あまりにもの落雷ぶりで
ちょっとにやけてしまう始末。

普通ーに。辛いなと。
辛さを抱きしめ、そう
これが「辛抱」だなを知りまして。笑。

喫茶ピエロを後にしました。
20年間あまり思い出さなかったのですが
ふと。
母の予言はとりあえず100%当たりすぎ!!
予言のミッションコンプリートはとりあえず
こなしておりますw

占いって。
そう。こうして思い出すと。
そう。こうして過去になると。。
面白いなあと思えたりもするのですね。

大泉の母が
右斜め前の方に言っていた言葉が印象的でした。
「習い事なんて親から学びなさい。わざわざ誰かに習うものでは無い。まず、母の字を真似てみる事。近くに教えはあるものです。」

やはり、良い事を言われていたなあと。

しんみり。
歳を取ると判る気付きもありますね。
「時」とは、焦れったいものでもありますが。。
早く!解決を!とか...
早く!結婚を!とか...
早く!出産を!とか...
早く!成功を!とか...


何かと。。
ジレジレさせられちゃいますが。
うんともすんとも動きがない場合は、
ジーと。
そう、騒がず焦らず、喚き散らかさず
時を待つ方が合理的だとも言えたりもします。

ジーとする事は、結構
力強いことかもですね。

た、確かに...
石や岩は頑丈だしなw

単純にそう思った今日この頃であります。

さあてー。
明日の準備をしようかなぁ。

皆さま、本日もおつさまでした。

yumezi