災害時サラシで作る和の環ブラ〜進展①④ | love 和の環 (旧 love wacca)

love 和の環 (旧 love wacca)

『カラダが愛おしくなるブラ』
イノチのコロモ『waccaブラ』は
『和の環ブラ』という
新しい使命(氏名)を持って
再誕生します
みんなで創る『優しい調和の世界』は
『愛おしいワタシ』を思い出す事から始まる❤️
みんなで優しい調和の世界を創ろう


テーマ:

10/31けいこよりボランティアグループへ


今日で10月も終わりですね😄

日々の流れに言語化のアウトプットが追いつかなくて💦

10/19に岡山まきび公園の炊き出しに

裕美ちゃんと参加してきました。

色んな事が予想外👀


現地の状況からシェアします。

会場まきび公園は、のどかで美しくて

集まる被災者の方々は穏やかで

まるで品の良いフリーマケットみたい音譜

届けられた物資を選ぶ様子も

本当に今、自分に必要なモノを

ゆっくりと手にとって確かめて

持って帰られるおねがい

被災の度合いや

地域にも寄るかも知れないけれど

3ヶ月前に全てを流され。。。

ある意味一線を越える体験を

されたであろう人達は菩薩のようで

言葉はおかしいかも知れないけれど

<桃源郷>というフレーズが

何度も思い浮かぶ。。



支援ブラも本当に大切に扱って頂いてました。

その日は私がTシャツの上からブラを着けて

使い方をレクチャーしながら

何人か服の上からですが試着して頂きました。

☘️『80の婆さんがこんなん着けれんわ!!』と言いつつ可愛く染められたブラに興味深々のお母様。。。
倫子ちゃんの前開きに紐を通し直して
『まあまあ着けてみましょう〜』
ってキュっと締めた瞬間
『うわ!これは良えわ!もう一枚ちょうだい!』

☘️『私にはちょっと。。。』という豊満なバストのお姉様にもキュっと締めた瞬間
『わ!すいません!サラシだと思ってバカにしてました〜』と言って2枚持って帰られました。

3ヶ月が過ぎてようやくトキメキを

受け取れるココロの余裕が

出てきたのかも知れませんねドキドキ


倉敷でみわちゃん、倫子ちゃんを中心に

リメイクしたブラをベンガラ染めする活動が

楽しく広がりつつあります虹


彼女たちの染めた支援ブラは

確実に被災地に彩りと希望を届けています🌈

被災地から『染めてみたい』という声も

上がってきているようです🌈




11/18の名古屋の産フェスでは倉敷で染められた

支援ブラを天白、豊橋の柱の仲間が

試着販売してくれます🌈

売上金から、また次のベンガラ染め染料の

支援が出来たら良いなと思ってます。



3ヶ月が過ぎた被災地には

大量のブラは必要なくて


逢澤 直子さん(ゆうゆさん)の

炊き出し活動も年内いっぱいで

今ある在庫で充分との事。

ただ。。

被災地では食事の偏りや

カラダの浮腫みで通常より

被災者さんはサイズが一回り大きくなるみたい😆

Lサイズ以上のニーズが多いです。

逆にSサイズ、Mサイズは飽和してて

『持って帰って下さい〜』と言われて

何枚か引き上げてきました💦

Lサイズは製作数自体が少なくて

若干、枯渇ぎみ。。。

もしも以前の在庫報告から

Lサイズの完成品が出来上がってたら

ご連絡ください。

↑↑↑
トキメキを求める可愛いお母様たちに取り囲まれるドキドキ



現場に足を運ぶと色んな事が見えてきます👀

気づいた事を纏めてみようかな。。


☀️支援ブラとしての和の環ブラは

災害直後の被災地への

救援物資としては不向きです😆

#着け方が分かりにくい

#被災直後の人に見た事ないブラを受け入れる余裕がない。

☀️災害直後に届けたらボランティアさんも

千羽鶴くらい扱いに困ると思う😆

#災害直後はボランティアさん自体が混乱状態。。食料、水の支給だけでも大変。。




☀️和の環ブラを愛してる手で作られたブラは

キュンとくる💓

ジーンとくる💓

作り手のバイブスは本当に伝わる事を実感しました💕

こんな愛おしいブラを作ってくれる仲間が大好きだ😍


一枚百円で10分で作れる災害時のブラとして
活躍できるには早過ぎたかな。。。

全てが予想外な流れだけれど

丁寧な祈りの手仕事が繋ぐ

『絆』や『愛おしさ』が

被災地で活かされるのは

和の環として本望ですね😊

大好きな仲間いつもいつもありがとう💕 

love waccaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス