SMAPと、とあるファンの物語

テーマ:
こんばんは!よっぴーです




先日ある本が双葉社から出版されました

「SMAPと、とあるファンの物語
-あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-」

乗田綾子(小娘)さんの初めての著書です

{F5CDEC19-3313-4637-8335-571D82F53CFE}

2日ほど前に購入させていただいて
早速読ませて頂きました☀︎

とは言ってもまだ半分ですが
1日で半分読んじゃいました笑笑




SMAPのアルバム風に001から006まで


001は1985年〜1989年(デビュー前)
「時代の狭間に生まれて」

事務所の入所から
光GENJIのバックで踊っていたJr.の頃
バブル崩壊やアイドル氷河期などの
時代背景も探られてます

俺たちはこんなこともやっていかなきゃ
いけないんだ!


002は1990年〜1993年(デビューから1位まで)
「不確かな中での確かさ」

デビューが決まっても不安の中で
もがき続けていた
それも失敗の連続ばかり…
ただそこに光を指したのは
6人のうちの2人でした

覚悟が決められたというのかな、
年上のメンバーがお手本を見せてくれたから
その背中を追うことが出来た


003は1994年〜2003年(全盛期)
「笑顔/涙 と 偶像/実像」

デビュー4年目にして初登場1位
これからという時のメンバーの脱退
火がつき初のミリオンセラー
その後のメンバーの結婚、逮捕
たくさんのことを乗り越えて掴んだ
ダブルミリオン

よくさぁドラマの現場で
「明日はSMAP?」とか言われるの。
俺としては全然区別してないんだけど
相当ショックだね、なんでいちいち
区別するんだよという、
SMAPはそれほど下等なものなのか


004は2004年〜2009年(大人のSMAP)
「成熟の形」

個人活動がさらに忙しくなり
デビュー15周年でリーダーの骨折
そしてまたもやメンバーの逮捕
もう隠すのは辞めようと決めたことも。

若い時って努力が必要ないこともあるんだ
それだけで美しかったり、
パワーがあったりするから
特に成長期の頃って簡単に乗り越えちゃう
何かがあるわけで。だけど
これからはそれにかわり勉強や努力が
必要となってくる


005は2010年〜2016年(〜解散まで)
「永遠に完成されないはずのアイドルグループの完成」

デビュー20周年に初の海外公演
初めてのことが多かったよね
5人旅、27時間テレビ
そして…

SMAP。僕の友達は5人以外にいません。
SMAP最高


006は2017年(〜今現在)
「日常の続き」

今もなお増え続けるファンの数
エンターテインメントのひとつとして

SMAPを応援してくれた皆様を
SMAPを愛しています
ありがとう



簡単に説明しなましたが
実際には本当に詳しく載っています

まだ途中ですが既に涙が出ます


急に切なくなる箇所がいくつかありました



そして各章ごとの最後のページには
そこに出てきた注釈も!

ここにはちょっとした豆知識なども
あったりします♪


全国の本屋さんで売られております
Amazonにもどうぞ



この本を読んでひとつ思ったこと

それは…


SMAPがもっと好きになりました❤︎
AD