理系の日々是好日☆
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

準備した荷物(その1)

 

チェコに留学・在住されてる皆さんのブログは

参考にさせていただいていて

本当に本当に助かっています.

 

・・・私の書いている内容は皆さまの一助になるかはわからないですが

少しずつ,備忘録として書いてみようと思っています

 

今回,昨日に(出発の約10日前)に,職場宛に2箱送りました

6.5kg 航空便,7kg SAL便です

職場の皆さん親切で,代わりに受け取っておいてくれると言ってくれたので・・・

(宛名に,研究室の秘書さんの名前を記入・・・)

 

私は到着した日と,その翌日は,職場のドミトリーに居て,

(キッチン付きアパート,寝具とタオル付き,ホテルみたい)

その翌々日に,予め不動産屋さんで予約していた部屋の

鍵を受け取りに行きます.

家具付きのアパートです.

 

ということで,まず,必要になるのが寝具・タオル類

数年前にアメリカ行ったときは,数日ホテルに居て,

レンタカーを借りてIKEAに行って必要最低限の寝具を買ってきたのですが

結局,帰国の時に丸ごと日本に送って持って帰ってきてしまったのと,

そんなわけで,今いる日本の家に,寝具や毛布がいっぱいあって困るくらいなので・・・

 

今回は薄手の毛布と布団とタオルケットを,

航空便で,送ることにしました.

(部屋は,暖房がきいていて暖かいため薄手で大丈夫と思った)

 

その箱の中に,小さな鍋とフライパンも仕込んで

諸々あわせて6.5kg 料金は\12,000くらいでした.

#追記,送る方法については

ヤマトの国際宅急便が価格等良さそうなので

こちらも検討したいと思っています.

 

現地でIKEAで諸々丸ごと買ってもいいかもしれないですね・・.

現地で車乗るのにもう少し自信があれば,そうしたかもしれないです.

私の場合は,借りるアパートと職場が近いこともあって

IKEAから色々大量の荷物を運ぶよりは,ラクだという判断もありました・・・。

 

あと数日したら,自分のアパート宛にSAL便でもう少し

色々荷物を送ろうと思っています.

 

私の周りでも,着いたその日は,

スーツケースをテーブル代わりにした,とか

寝具がたりなくて大変だったとかいう話を

聞いたことがあるので

到着してから,どのようにするか(揃うまでホテル滞在でもいいですね)

想定しておくと,楽になるかもしれないです.

 

私も,今回プラハでどうなるかなー,うまくいくかな.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スナフキン曰く(荷物のこと)

「楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星」のストーリーの中で

私にとって、一番印象に残っている場面は、スナフキンがコーヒー沸かしを捨てるところです。

 

「こうして彗星探しの旅をしていることに比べたら、コーヒー沸かしの一つや二つ、どこへ消えたって、たいした問題ではないだろ?」

 

いやいやいやいや。

私にとってはコーヒーがなかったら・・・・

(軽く中毒です)

他の物はともかく、コーヒーは捨てられない。ありえない。

 

しかも、カルディの、「マイルドカルディ」でないと・・・・!

 

3月初旬のプラハへの出立に向けて、荷物を準備していますが

私は、マイルドカルディがないと一日が始まらないので

SAL便の荷物の中に、マイルドカルディを4袋程、入れておきました。

最初は、10袋(一袋 200g)位、送ろうかと思っていたのですが、

家族には「薬の売人か?!(笑)」とあきれられました (^^;)

 

1回につき10gとして、1日に2杯は飲むから、

1袋は大体10日くらいでなくなるだろう・・・・

だけど、3月末には夫が、5月には母がプラハに遊びに来てくれるから・・・

 

他にも必要なものはあるだろう、という突っ込みを自分にしつつ・・・

 

次回エントリーではもう少し、準備した荷物について

まとめたいと思います.

 

 

 

プラハにて。

こんにちは。私は今、プラハにいます。

なぜかというと、3月くらいから、こちらでしばらく(一応2年ほど)研究生活を送ることになったからです。今回の滞在はその前準備です。

 

今日は、長期ビザのため、健康診断に行ってきました。

チェコは、ビザの取得のためには、保険にはいっている必要があって、

チェコの職場からの公的な保険にはいるためには、まずは(チェコにて)健康診断が必要なのです。

 

職場の秘書さんが、適当な良い病院を予約してくださったので、行ってきました。

ただ、その病院は、先生が英語がしゃべれない(!)とのことで、秘書さんも同伴してくれました。

お医者の先生は女医さんで、とても親切で優しそうな方でした.

私も覚えたてのチェコ語であいさつしました. Dobrý den

 

そんなわけで・・・

アメリカにいた頃は、日本人会からもらった情報リストの中に、

「日本語が通じる病院」というリストがあったりしたのですが、

こちらチェコの日本人会の冊子にあるのは

「英語が通じる病院」というリストです.

 

健康診断は、日本の健康診断とは少し違っているかもしれません。

職場の健康診断は、日本では、流れ作業のように、血圧や視力、身長体重測定etc 行うと思うのですが、チェコでは基本的には問診でした。

あとは、服を脱いでくださいと言われ、上下の下着以外全部脱いで診察台にのりました。日本でも内科でよくやっている、お医者さんが指でトントン、と腹部を軽くたたく診察をやってもらいました。

 

来週火曜くらいには、一度日本に戻ります.
それにしても、こちらのラボの先生や同僚はとっても親切なのに
私は、それに応えれるような愛想良い人でいられただろうか・・・・(猛反省orz

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>