遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始、お休みだった人もお仕事だった人も、さすがにもうお正月気分は抜けて通常モードになっているのでは。私もようやくペースを取り戻してきたかんじです。

 

さて、早速ですが、今月のPHPスペシャルの特集は「いい口ぐせが幸せを呼ぶ」。

 

そして、私へのご相談は、新しい職場でどう友達を作ったらいいかということ。

 

たしかに、大人になってから友達をつくるのって難しいですよね。実際のカウンセリングでもよく話題になります。

 

まず、原則として、仕事の人間関係は友達になることを前提としていないということ。

 

よく上司や同僚について好き嫌い云々という相談がありますが、職場は仕事をする場なので、好き嫌いは関係ありません。仕事というのは、好き嫌いを影響させずに業務を遂行するものです。

 

いわば、職場は社交の場。あいさつなど基本マナーを守ってお互い気持ちよく任務を果たせるよう協力するチームのようなものです。個人的に親しくする必要はありません。

 

とはいっても、家族よりも長い時間一緒に過ごす人なので、友達になれれば職場に行くのが楽しくなるし、仕事にもハリがでます。

 

ただ、恋愛もそうですが、社内で親しくなろうとするのはリスクが高いことも事実。最悪の事態も想定して、自分の居場所を確保できるよう慎重に距離を縮めていくことを忘れずに。

 

職場で友達ができればすごくラッキー、友達ができなくてあたりまえだと思っていれば、がっかりすることはないと思います。

 

理想はプライベートで友達ができること。趣味や価値観が似ている人だと話題に困らず楽しく過ごせそうです。

 

そういう人と友達になるには、そういう人がいそうな場所にアクセスする、つまり行動あるのみ。リアルでもネットでも、自分から動かなければ人間関係はつくれない、これは年々腰が重くなってひきこもりがちな私自身への激励の言葉でもあります^^