潜在意識の扉を開ける

 イメトレ愛鍵セラピスト

にゃこねえです。

 

にゃこねぇです。

 

 

 

 

 

 

 

パソコンを持ってきてもらい

ブログを書くことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

wifiがないので

なかなかうまくいかないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ってきてくれたのは、キャットシッターさん。

めちゃ、この人、素敵すぎる人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人のことは後日ゆっくり書くとして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が起きたのか、ちゃんと

順を追って 説明するね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ、いきなり読んだ人は

心配したよね。

 

何があったのか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@の皆様だけには

なんとか携帯でささっと打てたけど

 

ブログはなかなか書けなくてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?更新最近ないなぁ~と思っていた人も

きっといたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

時はさかのぼること

先月の29日の木曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

前日28日の

「魂震えるビジネス講座」に

参加して

 

 

 

超ワクワクして帰ってきた翌日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「魂震えるビジネス講座」のことは、

また、ちゃんと伝えるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その29日の夜6時くらいに

 

突然

 

 

 

あれ?あれれ?

 

 

 

 

熱い!

 

 

 

 

体が熱い!

 

 

 

 

 

一体何が起きたのよ、私!

 

 

 

熱計る!

 

 

 

 

39、6度。ガーン

 

 
 

 

かつてない熱に一瞬

熱中症かと思ってしまった私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

 

 

今日暑かったけど

除湿だけで、クーラーつけてない。

 

 

 

 

 

 

 

あまり、水分取ってない。

 

 

 

 

 

 

 

熱中症だと思いこんだ私!

 

 

 

 

 

 

 

すぐ、家の道路渡った自販機に

ポカリスエットを買いに走り

 

そのまま家でガブ飲みして

その日は夕御飯もとらず

すぐ横になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけの熱が出ると、

 

すぐには寝れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しい~!

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら水分飲むだけ。

 

 

 

 

 

 

 

横になってもすぐ起き

水分とってまた、横になる

 

その繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

朝までほとんど寝れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝になり、30日金曜日、熱は同じ9度台。

体中が燃えてる感じ。🔥

 

 

 

 

 

 

 

治らないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

熱中症じゃないのかなぁ~?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにおかしいと思い始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱以外に全く自覚症状がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時点で、咳もしていなければ

鼻水も喉も痛くない。

 

 

 

 

 

 

 

他に全く心あたりがない!

 

 

 

 

 

 

 

夏にもインフルエンザがあるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

その日もお店休みにして

横になったまま

とにかく水分飲むだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事どころか栄養ゼリーなどを

何かを買いに行くこともできず

 

前の自販機までふらついて

買いに行くのが精一杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩くのもしんどいので

病院にも行くのもきつい。

 

 

 

 

 

 

 

 

うめきながら、横になるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう時は色々思考が停止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜になり

 

さすがにこれヤバイレベルかも・・・と

 

救急車呼ぶことも頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一晩、我慢して

翌日の土曜日に病院受診決断する。

 

(どれだけ我慢強いんだ!)


 

 

 

 

 

 

 

 

夜、9時になり、車ではよくお世話になる

仲のいいお客様のSちゃんに

 

 

明日、病院に行きたいんだけど・・・

連れていってもらえる?

と初めて症状も説明。

 

 

と告げると

 

 

 

彼女は怒ったように

 

 

今、すぐタクシーで

〇〇病院か▽▽病院の

夜間救急外来に行ってーー!ムキー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は近いと言っても

車で30分くらいはかかるところにいる。

 

 

 

 

 

 

夜は、彼女はお酒飲むのは知っていたので

来れないのは承知で

翌日頼めるか聞いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず

 

私の家の近くの〇〇病院に電話したら

 

「夜の今日の救急外来は

外科の先生なので、他をあたってください!

と断られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に▽▽病院に電話したら

受付してもらえると

夜間救急外来に、タクシーで行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時点で

待合室で座ってられず

 

誰もいない待合室のソファに

横になり、名前を呼ばれるのを待った。

 

 

 

 

 

 

 

 

呼ばれて、経過を話し、聴診して、

レントゲンを撮る。

 

 

 

 

 

 

 

レントゲンの画像を指さしながら

 

 

 

グラサン ここ、白いのわかる?

 

 

 

 

 

ショボーン はぁぁ😵💨

(苦しくてあまり、見てない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもむろに、一言言われた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラサン これ!肺炎だね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショボーン あっ!はい!肺炎ですか。

(ただおうむ返しの私。)

 

 

 

 

 

 

 

 

返事するのもおっくう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三日分の抗生物質のお薬を出された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、タクシー呼び帰ってきて

すぐ薬を飲んで横になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、土曜日

出された薬を朝、昼と飲み

ご飯は全くとらないが、飲み続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く何も症状が変わらないどころか

なんとなく悪化してる気がした。

 

 

 

 

 熱、全く下がってない。

 

 
 

何か変だ!と言う感覚がきたので

 

 

外科の先生の当直で見てもらえなかった

家の一番近くの〇〇病院に

タクシー呼び、午後から行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、経過説明しながら

そこでもレントゲン撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

前日、出された薬見せたら

 

先生

これじゃ、効かないよ。

抗生物質の薬変えるから。

 

点滴して帰りなさい!

 

 

 

 

 

 

 

て・ん・て・き!

 

 

 

 

 

 

 

その言葉に初めて

ほっとしたのを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ病院に行って!と

言ってくれたSちゃんが

 

病院にいることを知ると

 

様子見に来てくれて

点滴終わるまでいてくれて

家まで送ってくれた。

 

 

ありがたくて涙出そうだった。えーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラサン

明日の日曜日も点滴に来なさい!

日曜日でも点滴できるから!

 

そして、また必ず月曜日に受診してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状態でもなかなか入院させないんだなと

ぼんやり考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sちゃんに帰りに

近くの薬局に寄り

栄養ゼリーやドリンク、お粥のレトルトを

買ってきてもらうようにお願いした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は車から降りて

薬局の店内を歩く事ができないほど弱っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変えた抗生物質の薬を飲み、

朝を迎えた日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の点滴もSちゃんが

連れていってくれることになり

9時か10時に行くことを約束していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の朝、6時頃から苦しくて

発病以来、一番の苦しさを迎えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

息ができない~~!!

 

 

息が苦しい~~。えーんえーんえーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩でぜ~ぜ~、すごい状態で

息しないと、吸い込めなくなっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院の開く9時まで待っていられず

 

Sちゃんに7時前に

 

お願い!く、く、苦しい~!

早く行きたい!お願い!

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ来てもらい、病院に行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、病院も閉まっていたけど

開けてくれて

診察してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜーぜー、はーはーしながら

 

一人暮らしであること

4日間食べれていないこと

心臓に疾患がある事を告げ

 

入院することってできますか?


 

(その時点でも38度以上はある。)

 

 

 

 

 

先生承諾。

 

 

その日1日(日)からの入院に。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、入院までの全て。

 

 

 

 

 

 

 

入院してからは

 

もっぱら抗生物質の点滴と

4日間、全く食事とれていないので

栄養、ブドウ糖の点滴。

 

 

 

最初の三日間

24時間ずっと点滴しっぱなし。

 

 

今の状態を言うと

ご飯は食べれるようになったので

抗生物質の点滴のみ。

 

 

 

 

 

熱は一気に下がったものの

熱が今、37度台から

 

平熱になかなかならず

今はずっと微熱が続いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

早く退院したいけど

平熱にならないとね。

 

 

 

 

ベッドでこんな本を並べて

 

ナースさんにえっ?という目で見られてる。(笑)

 

 

 

 
喜多川泰の書斎の鍵
Gacktの勝ち方
久美子さんの小冊子
 
これ一見
バラバラに見えますが
全部ビジネス書。
 
経営者、必読の本だよ。
 
超お勧めです。
 
 

 

 

 

 

 

お熱さん、さがっておくれ~~!

 

 

 

今は元気になったので

みんなを安心させるための

特別サ~ビス写真‼️(笑)

 

あっ!どすっぴんだった!(笑)

 

病人っぽくて嫌んだけど・・・
っていうか病人なんだからしょうがない。
 
 
 

ドキドキ にゃこ