恋愛テクニック

こんばんは

カウンセラーの平です。

日曜日の恋愛心理学を原カウンセラーと隔週で担当しています。

ライン ライン ライン ライン

 

明けましておめでとうございます。

 

カウンセラーの平です。

 

本年も私どもカウンセリングサービスがお届けするブログ『恋愛テクニック』をよろしくお願いいたします。

 

みなさまが素晴らしいパートナーシップを育む一年となりますよう、執筆者一同祈っております。

 

◎ ◎ ◎

 

若い世代のみなさんのご相談で、意外と多いのが、「心が動かないんです」というものです。

 

だれかのことをものすごく好きになったり、恋愛に熱中したりということが少ないんですね。

 

そして、そんな相手に気を使ったり、お金を使ったりしてデートするよりも、家で一人でいたほうが楽しい‥‥と思ったりするようなのです。

 

たしかに、そのようなご相談をいただく人の中には、いつもポーカーフェイスということが少なくありません。

 

もともと日本人は欧米諸国の人に比べて「喜怒哀楽が少ない」とか、「顔を見てもなにを考えているのか、よくわからない」などと言われがちですが、最近のご相談者はそれに輪をかけて無表情なのです。

 

多くの場合、無表情だったり、喜怒哀楽が少なかったりというのにはそれなりの原因があります。

 

まず、一昔前に多かったのが、子どものころ、「塾などで忙しく、ゲームなどの楽しみは家庭の中で禁止されてきた」というケースです。

 

さらに、最近、よく見られるのが、恵まれた家庭で育ち、子どものころから、「欲しいものもしたいことも、ほとんどが親に決められてきた」というケースです。

 

「このオモチャが欲しい」と言っても、父親や母親から「似たようなの、たくさん持っているじゃない。それより、ほら、こっちのほうがおもしろそうよ」などと提案されるのですね。

 

そう言われればたしかにそうなので、次第に「自分が考えて決めるより、パパやママに任せておいたほうがいいみたいだ」と思うようになり、言われるがままに親に従う子どもに育っていくわけです。

 

しかし、大事なのは、無表情となった原因を特定することではありません。

 

いつのまにか動かなくなっていた心をもう一度動かし、だれかを情熱的に好きになったり、人生によろこびや生き甲斐を見いだしたりしたいのであって、われわれカウンセラーの仕事もそのお手伝いをすることにあります。

 

このようなとき、人は往々にして、「趣味に打ち込んでみましょう」とか「なにか、楽しいことをやろうよ」などと提案したくなるものです。

 

しかし、ほとんどの場合、本人はあまり乗ってきません。

 

自分がなにが好きなのかわかっていないうえ、心が動かないので、楽しいことと言われてもピンとこないのです。そう、一般的なやり方では、ラチのあかないことが多いのです。

 

そこで、こんなとき、いちばんおすすめしたいのは、「あなたは、食べ物ではなにがいちばん好きですか?」と聞いてみることです。

 

人によっては、食卓に載っていたのは、母親が自分の健康を考え、腕をふるってくれた料理ばかりで、自分の好みでものを食べたことがないという場合もあります。

 

が、しかし、不思議なもので、「ラーメンでもお肉でもデザートでもなんでもかまいませんから、とにかく、おいしそうななにかを見つけて食べてみてくださいよ」と言うと、たいていの人は乗ってくれます。

 

その際、「できれば、お友だちのおすすめだったり、ネットで評判が良かったりするお店を探して食べてみてくださいね」とも言っておきます。

 

そして、食べてみると、おいしいものはおいしいですから、「おいしいー!」と感じ、味覚を通じて“いい気分”を得ることができます。

 

いい気分は、心が動く第一歩になります。

 

さらに、自分で見つけたおいしいものを、家族でも誰でもいいので一緒に食べて、いい気分を“分かちあう”こと、その次には、こんなおいしいものに出会ったという話を、お友だちや会社の人などにも“分かちあう”ことをおすすめしています。

 

なかには、その分かちあうということが恥ずかしいとおっしゃる人もあります。

 

しかし、自分が好きな食べ物について話すのを恥ずかしいと思うようなレベルだとしたら、だれかを好きになっても、「好き」と伝えることは恥ずかしすぎてとてもできないでしょう。

 

実際、そのために、「好きな人をつくらない」ということすら起こりかねないので、ここは無理やりにも練習していただきます。

 

そうして、お友だちとおいしいものを一緒に食べにいけるぐらいにレベルアップすると、そのお友だちからこんなことを言われるようになるかもしれません。

 

「おまえ、うまいものを食うときだけは表情が出るなぁ」

 

これ、ほめ言葉ですからね。

 

食べ物と同じように、五感や体が気持ちよいと感じることをきっかけに心が動くと言うことはよくあります。

 

お風呂屋さん、マッサージ、軽いハイキング、ストレッチなど身近なものにチャレンジしてみるといいでしょう。

 

*゜゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜

ベルオンライン無料説明会のご案内ベル

遠方の方や、お仕事、ご家庭の都合で各地で開催の無料説明会にご参加いただけない方のために、

Webでご参加いただける「オンライン無料説明会」を行っています。

会場にお越しいただけない方も、気軽にご参加いただけます。

 

開催日時:2/13日(水) 19:30~21:00  

 

    

ベル詳細はこちらをご覧ください。
ベルお申し込みはこちらからお願い致します。

 

*゜゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜

 

心理学講座音声配信サービスきくまる

 

心理学講座音声配信サービス「きくまる」では毎月7のつく日に、無料音源を配信しております。

 私たちが大切にしている“分かり易く、すぐに使える心理学”をぜひ聴いてみて下さい。
なるほど!と腑に落ちたり、思わず笑ってしまったり、ぐっと胸が熱くなったりする話が満載です。

まずは、多数ご用意しております無料音源をお楽しみくださいヘッドフォン

 

FREE無料音源はこちらをクリックしてくださいねFREE

 

 

NEW新着1月15日 配信開始ですNEW