こんにちは カウンセリングサービス近藤あきとしです。

いつもありがとうございます。

 
土曜日の恋愛テクニックは「魅力UP術」がテーマの記事をお届けします。小川のりこカウンセラーと1週間ごとに交代で執筆しております。どうぞよろしくお願いします。

 


●どうして彼の前だと依存的になってしまうの?

 

ここ2回のブログは、超自立な女性がパートナシップでお別れを体験した時をテーマにした記事をお届けしました。

2018/10/13『「頑張ればなんとかなる」を手放したい』
https://ameblo.jp/love-counseling/entry-12411413183.html

2018/10/26『本当は寂しいはずなのに』
https://ameblo.jp/love-counseling/entry-12414699028.html


思った以上に反響があり、共感してくださった読者やクライアントも多かったので、今日もそんな自立系女子のありがちな恋愛のお話をしていきましょう。

カウンセリングをしているとよく聞くケースに


「私は普段は自立していて、周りからもしっかりしていると思われているのですが、恋愛になると依存がドバっと出てしまうんです。人が変わったみたいにワガママになったり、彼と一緒にいられない時にすごく不安になってしまうんです。」

とか

「彼に『こんなに子供っぽいとは知らなかった。最初のイメージと違ったよ』と言われることが良くあります。自分でも自覚はしているのですが、いつでも彼にピタッとくっついていないと何だか寂しくて、何も手につかなくなってしまうんです。」

などがあります。


仕事をしている時や友だちの前では、自立しているしっかり者でいられるけれど、恋愛になると彼の前ではすごく依存したい気持ちを抑えられなくなってしまう・・・そんなお話を聞くことは多いですね。

すごく感情的になってしまったり、情緒不安定になったり、他の人との間では感じたことがないような怖さや不安が出てきて、自分の気持ちに自分が振り回されてしまう。

あるいは、小さな子供に戻ったみたいに感情が抑えきれなくなったり、幼いころのような言葉づかいや態度になって、ちょっと子ども返りしたような気持ちになる場合もあります。

その時に心の中でどんなことが起こっているかというと、「彼」に「両親」の姿を映しだして、パートナーを通して自分の子供時代に満たされなかった感情を満たしてもらいたい、と思っているんですね。

例えば、子供時代からずっと寂しさを抱えてきた人は、寂しさを満たしてくれそうな男性に恋をして、寂しさを満たしたくて彼にピタッとくっこうとするのですが、時にくっつき過ぎて彼に重いと言われてしまうこともあれば、時に共依存的に癒着してしまうこともあります。

(恋愛だけでなく、仕事に没頭してワーカホリックになることや、お酒や買い物やギャンブルに依存してしまうパターンも珍しくありません。)





仮に、あなたの子供時代にお母さんが厳しくて甘えさせてくれなくて、悲しいことも辛かったことも言えずにずっと我慢をしてきたとしたら。彼が優しく受け入れてくれる人だったら、そこに甘えたくなるのは無理もないことです。

または、兄弟が病気がちで両親の関心がいつも他の兄弟たちに向いていたとしたら、早いうちから自立することを求められるでしょうし、犠牲的に家族を助けることばかりしてきたかもしれません。だとしたら彼の前ではダメな自分を出しても、わがままで甘えん坊な自分でいても受け入れて欲しい、という欲求が止めどなく湧いてくることもあるでしょう。

もし読者の皆さんの中で、「私も同じかもしれない」と思われた人がいるなら、こういった子供時代に抑圧してきた感情と、彼と一緒にいる時に出てくる感情が、じつは同じものであることは注目しておくとイイですね。

なぜなら、自立という生き方のネガティブな側面は「嫌な感情はなかったことにして一人で何とかしてしまおう」というものなのですが、パートナーができると(親子関係と同じくらいの距離感になるので)隠してきた感情の蓋が勝手に開いてしまいます。

そして、自分で自分を抑えきれなくなり、気がつくと彼との関係が破たんしていることになりがちなのです。

しかし、これは前向きに見るなら、長い間満たせなかった感情を満たすチャンスであり、今が心が成長するタイミングと捉えることもできます。





例えば、あなたが母親との関係で感情を抑圧し、ずっと良い子を演じてきたとしましょう。そこへあらわれたパートナーである彼が母性的な要素を強く持っている人で、あなたの話を


「うんうん、そうなんだね。大変だったね。」
「ああ~、それは良かったね。嬉しいね。」


という風に、理想的なお母さんの代わりになってくれて受け入れてくれたとしたら、

あなたの心の中の満たされなかった子供(いわゆるインナーチャイルド)を受け入れてもらっていることになり、これは一つの癒しのプロセスになっています。

実際にパートナシップの関係性が無意識的にセラピーになって、インナーチャイルドを育て直すことができているカップルもいるでしょうね。

とは言えその偶然に賭けるのはちょっとリスクが高いので、できれば彼に心の世界というモノを知ってもらい理解と協力を得たうえで、「こう受け入れてくれると心が満たされるんだけど、いいかな?」というコミュニケーションをするのがベストです。

それもちょっと難しいかな?と思われるなら、カウンセリングで行っている【インナーチャイルドを癒すセラピー】を受けてみても良いでしょう。

今の大人の自分が心の中の子供の自分を受け入れ、愛してあげながら、満たされなかった子供時代の感情を満たしていきます。そうして癒されて安心できた分だけ心の成長が進み、バランスのとれた大人の女性に変化していけるんです。

もし、今日のテーマに思い当たる部分があるとしたら、ちょうど今があなたの満たされなかった内なる子供を癒すべきタイミングなのかもしれません。

 

そして、成熟した魅力的な大人の女性に変化・成長できるチャンスと捉えてみると、しんどい恋愛のパターンを早く抜け出すことができるはずですよ。

 

※コチラの記事は参考になると思いますので良かったら読んでみてください↓

2017/4/2「恋愛が上手くいきそうになると、なぜか距離をとられてしまう(その1)」

http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65917731.html

 

 

 

それでは、今日があなたにとって素晴らしい日でありますように!

 
心理カウンセラー  
近藤あきとし

 

★近藤のブログはこちらから

 

***

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。次回の登場は11月24日(です!お楽しみに^^

来週は小川のり子カウンセラーが執筆いたします。

 

※バックナンバーで⇒まとめて記事を読めます

 

★【好評です】超自立タイプの男性との恋愛シリーズ

 
読者さまからステキな感想をいただきました。  
http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65897069.html

 

お知らせ 

 

このブログの執筆者

心理カウンセラー◆近藤あきとし

スマホ用プロフィール写真切り取り

超自立男性との恋愛・コミュニケーションに関わるお悩み・慢性的な生きづらさの解消などを得意とする。 理論的な“心理分析”と、感覚を使った“心理セラピー”を活用する多面的なサポートが好評。 問題の裏に隠れた「真実の物語」を読み解き「自分の本質を生きる」ことを目指すカウンセリングを提供している。

 

プロフィール(ちょっと長いので少しずつお読みください。)

カウンセリングメニュー(料金・予約方法)

お客さまの声(カウンセリングの感想)

《最新カウンセリングスケジュール》はコチラから

近藤あきとしのカウンセリングスタイル 

 

SNS

◆Facebook

https://www.facebook.com/akitoshi.kondou.7

◆Twitter

https://twitter.com/akitoshi_kondou 

 

カウンセリングのご案内

ご予約は 06-6190-5131 にて受付中です。

《カウンセリング予約センター》
 ・受付時間:12:00~20:30 

 ・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

 

お電話の際にオペレーターに「近藤あきとしのカウンセリングを希望します」とお伝えいただけるとスムーズにお申込みいただけます。

 

【初回無料電話カウンセリング】受付中です。

どなたさまも初回のご利用は無料となっています。
 (⇒こちらで詳しくご案内しております
◎時間:45分/1回(お客さまからカウンセラーへ電話をかけていただきます)
◎お申込みは電話で承っております。
【カウンセリング予約センター】のオペレーターへ「近藤あきとしの《初回無料電話カウンセリング》を希望します」とお申し付けください。 
 
《日本国外居住の皆さまへ》
「Skype」
を使用した電話カウンセリングをご利用いただけます。
 ※詳しいご案内はこちらのページから。
 

●東京都目黒区駒場で面談カウンセリングを行っています(⇒会場へのアクセス