ちぬに魅せられて


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-02 11:39:23

2018.12 釣行記

テーマ:ブログ

① トリトン

   38cm 1枚。 写真なし、Release ( リリース )。 

 

② トリトン

 二日釣りで38cmまで 8枚。

  とりあえず、釣った魚は フグ・ベラ以外はスカリに入れてみた。

  後で、Release。 

 

トリトンの釣果が全体的にイマイチですが、貴重な釣り場だけに

月2回の釣行限度回数を、ここ 1カ所に捧げています 愛 

今冬は、試験的に2月以外は営業するとのことで、 1月も

Challengeしてきます。

 

皆さん、行ってあげて~! 

 

ではでは。

 

2018-12-01 11:47:22

2018.11 釣行記

テーマ:ブログ

千賀 ( トリトン )

約 7カ月ぶりに、開店。 

 

餌が乏しくなっていたはずで、ちぬが散って居ないのか、

腹を空かして待っているのか、極端に良いか そうでないか、

どちらかかな?

と思いながら、期待と不安の中でしたが、折角の再開なので、

お客が少ないといけませんので、とにかく行ってきました。

 

二日釣りでした。

 

開幕は 11月 3日でしたが、10,11日の今回まで、数日

悪天候やら、初日がイマイチだったこともあり、4~9日まで

営業していなく、やはり初日は特に午前中、餌取りが たまに

喰う程度で活性低かったです。

 

午後になって、 だんごやアケミのstageが効いてきたのか、

反応が出始めました。

 

結局、45まで 3枚で、8mの風や 朝のことを思えば、惨憺たる

結果にならず良かったなあ。

 

オキアミでちび、にんにくアケミで 45 44でした。

 

 

 

 

 

二日目

 

初日より、活性がありました。風も 5mまでと 緩まり、同じ餌で、 

51 まで 7枚でした。

 

 

 

昨日、サイズの割に大きく写られてしまったので、今日は遠慮気味

でした。 照れ

 

ちびやチャリコ、ヘダイ、などは、船頭許可を得て、釣り堀に放流して

きました。

 

とにかく、大事な釣り場が復活して、良かったです。

 

あ、カセなくなりました。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

2018-11-05 17:24:05

2010.10 釣行記

テーマ:ブログ

① 三吉丸。

 

白波をかぶりながらも活性有り、 40~44 の中型15枚。

さなぎ、コーンで13枚、オキアミで2枚。

 

ただ、深さは 20mも無いのに、ほとんどがスカリの中で、

浮いて息絶え絶え。

 

 

特に大きい方が、浮いてしまう。

ちぬで、こんなことは初めてだ! 

 

Air抜きも、うまく決まらず、海にリリースしても成仏するのは

明白で、とりあえず港に持って行き、大きい方から、2枚ほど

海に捨てたあとで、船頭が 『写真撮らせて』というので、お任せした。 

 

浮いてしまう ちぬは、後味がわるいです。

 

 

②畔蛸。 第二龍丸。

 

寒い! 

 

アイゴ、ごんずい祭。 苦戦した。

ちぬは、3枚 ( 46, 37,ちんた )。 

 

ゴンズイは、対策刺し餌のつもりのコーンや さなぎ 4個

掛けでも来てしまい、参りました。お手上げでした。

 

 

ではでは。

2018-11-05 17:00:05

2018.09 釣行記

テーマ:ブログ

礫浦 三吉丸。ここは、初釣行。

 

台風21号が来る前日でした。

竿が出したくて、我慢できず行ってきました。

浅場。陸続き。

 

アイゴは活発でしたが、浅場での強いウネリに、

底で刺し餌が安定せず、ちぬは 一ヒロ這わせで、47, 41 の 2枚。

 

Trouble発生!  Sma. Phoが雨でビタビタ。  

お釈迦になり写真有りません。 

納竿後の船頭に とってもらおうとしましたが、

『すぐに筏を回収に行かないと行けない。』と、写真どころではない、

雰囲気でしたので、No photos.

 

しかし、アイゴは40超えばかりだったなあ。

引きは、それなりに楽しめました。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

2018-09-24 16:01:49

2018.08 釣行記

テーマ:ブログ

島勝浦。

 

月 2回の釣行規制のため、待ち遠しくてたまらない HELP!!

 

8月は、6, 7月より型が小さくなる傾向だけど、

飽きずに行きました。

 

1.

最長48cm 2枚。 枚数は 5枚だったかな?

コーンかサナギか両方か忘れました 力説

 

今回は、年無しでなくても、笑顔でパチリ!

 

 

2.

40弱 1枚。

しかし、8月の島勝浦は、釣れる魚

種の多さにたまげます。ほー

 

覚えているだけ書いてみます。

ほとんどRelease ですが。

 

 1. ちぬ

 2. アイゴ     ・・・ 8月は 38~42 位が、10枚以上邪魔してくる! 

 3. 魚雷 ( ボラ ) ・・・意外と少ないし、60cmまでの小型。

 4. ヘダイ     ・・・ 9月頃から邪魔し出す。

  5. 真鯛やチャリコ ・・・ ちぬの喰いが悪いときに数枚 掛かってくる。

 6. 桜鯛 

 7. チダイ 

 8. 本カワハギ ・・・ 30cm前後まで、平均型いいです。

            9月頃から肝大きくなる。 

 9. グレ 

10.サンバソウ

11.王紋ハタ ・・・ ガツン! と 1回当たり有り。  

12. メイチダイ ・・・ 中層で、たまに掛かってくる。 めちゃ旨。

                       ・やわらかい。・甘い。・魚臭くない。

           高級料亭でもなかなかない、珍味珍魚。 

13. クサフグ 

14. 箱フグ  ・・・ 40cm 位までのが来る。 

15.  べら 種類1 

16. べら 種類2 

17. べら 種類3 

18.オジサン

19.虎ギス

20.スズメダイ

21. アジ

22. サバ 

他にも、名前を知らないのも居ました。

 

海が豊かなのでしょうね。

 

でも、アケミで集まりやすいサメ、エイは 来た覚えがありません。

というか、ほとんど最近使ってませんが。

使ったときも、来ませんでした。

 

また、ゴンズイやハオコゼも皆無です。

 

高級魚の本オコゼはチョコチョコ 40cmくらいまでのが来ます。

 

よく五目釣りっていいますが、これほどの魚種は、多分自分の

経験の中で、島勝浦が最多であること間違い有りません。

 

景色は天下一品です。

いかだのメンテ、板崩れ、釘やボルトがアチコチ。

何回か、修理を依頼しています。早く直して。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-08-24 16:32:18

218.07 釣行記

テーマ:ブログ

島勝浦。

 

活性が高いと思ったら、多量の雨のせい?

腕のせい? 顔

 

42 が最長という極貧結果でした。

 

 

アイゴのが、大きく枚数も倍以上だったな ガーン

 

丸サナキ・コーンで、アイゴだけが活性高かった。

 

よかったのは、生まれて初めて 目一鯛 を釣ったこと。

 

写真は撮ってないですけど、甘くて柔らかくて、

船頭が『数十カ国を旅して、世界で一番うまい魚!』っていうのも、

よくわかりました。

 

ただ、稀少で、料亭でもなかなかなく、市場には廻らない魚で、

狙って釣れる魚でないようですが。

 

ではでは またね

 

 

 

 

2018-07-08 17:58:44

2018.06 釣行記

テーマ:ブログ

島勝浦 マルキ ( 1, 2 ) 

 

1.   54.5cm ( 実寸 ) ・・・ 通算 66枚目年無し

 

・刺し餌 ( 種類・量 ) : corn  10粒、  

・ハリ : 太軸 5号 

・オモリ: 3

・ライン: 1.5号

・竿: 1.4m

 

何の雰囲気もなく夕方。 あと、30分で迎えの船が来るタイミング。

 

当日唯一行ってなかった味付け J-Corn + 上記仕掛けを投入し、

片付け開始。

 

暫くすると、 Brake Lock しておいた Reel の Steering が

ゆっくりと  クルクルと回り出した。

 

引出しの種類を惜しまず、可能性にかけて、諦めずに投入した

最後で、やっと 作戦が成功した。

 

嬉しかった~! ばんざい 

ただ、記念撮影時に、笑顔を見せる前に疲れた顔のまま撮影

されてマッタ  笑い泣き

 

 

 

 

2.   41~47cm 6枚

刺し餌 ( 種類・量 ) : 味付け corn 1~6粒 or 丸サナギ 1~5粒  

ハリ : 太軸 5号 

オモリ: 4     

ライン: 1.5号  + 1.7号  

竿: 1.4m

 

当日は、反応がよく、 だんご stage も効かせて、

化け物ちぬを 3回喰わせたまでは、自分で言うのも なんですが、

完璧だった。

 

しかし、さすがに化け物は、"化け物たる足跡" を残していった。

 

太軸 5号を 伸ばしきって  悠然と帰って行った。

凄すぎる、尊敬の念をおぼえる。  尊敬「 お願いします。

 

 

大マダイ でもなく、青物 でもなく エイ でもない。

 

それくらいは わかるだけの経験はしている ( つもりです 汗 ) 。 

 

これが、朝・昼・夕 に 1回づつ有ったのだ!

 

おそらく

・長さも十分だが、 

・体高が立派で  

・しっかり 喰った、

・それでも釣られずに

 多くの釣り人を悔しがらせてきた 

・栄養のまわった

・まだ成長過程の  

・雄の

  大ちぬ。

 

単に長いだけの上げるのも 1.5 ラインで十分な年無しとは、格が違う。

 

思いっきりあわせても、底を殆ど切れず、脳しんとうも殆ど起こさずに、

すぐに有無を言わさず、底を悠然と 大きな重い潜水艦が 尾をゆったりと振りながら、ラインを引っ張り出していく奴。

 

ほとんど太刀打ちできない。 

 

かけた瞬間に、 Heavy Duty Tackle が無ければ、話にならないと 感じさせる奴! 

 

当日も、なんとか 上げたいと あせってし、動作がぎこちなくなったせいか、穂先を 3本折るという 日頃無い動揺をした。  顔

 

これが獲れるなら、 5回くらいボでも いいから、狙いたい。

 

ただ、これ獲れたら、他の年無しが、物足りなくなって、

ちぬ釣りの楽しみが減っちゃうかな? それはそれで、大問題です!

 

そこの狙う方向性の方針を どうするか!?、悩ましいですね。

 

ああ、生きてる実感。 楽しすぎる!!!

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-05-28 23:35:14

2018.04 釣行記

テーマ:ブログ

 

鳥羽の第二龍丸にて 45cm 1枚。

 

そこで喰わないので、ゆっくり誘い上げ時にツツときた時に合わせたもの。

 

例年、 3月より 4月のが、釣果は悪いです。

 

5月末まで我慢かな。 

2018-04-07 22:27:48

2018.03 釣行記 ( 千賀お別れ釣行含む )

テーマ:ブログ

今月で長年お世話になった 千賀Fishing Center が

営業終了になってしまいました。 

 

悲しい。寂しくなる。 涙

 

3/10 ~ 3/31 の 3週間の限定営業でしたので、 カウントダウンしながら行って参りました。

 

① 3/10 開幕日 

乗船前に渡船場付近より 1枚

なんだか 寂しげ 寂しい に見えます。

 

結果:52cm 1枚 ( Release )

ちょっと、偉そうにですが、まじめに解説します。

 

当日の海況としては、

水温11℃、まだ低いので、喰うなら良型以上という予想です。

 

Line は、 1.75 ( 特にアタリが少ないこの時期は、本当は1.5でやりたかったですが、練炭コンロはあるものの寒いし、この日は、朝から 7~ 9mの 強風で釣りづらかったので、少ない Chanceを必釣するには、大物仕掛けの号数を選択。

針は いつものサイズ5号。  

 

 

冬風の北や西、北西や西北の 風だったので、風下方向に座り Float から 10cm位 離れたところに穂先を stay させて風影響を最小化していました。

それでも、穂先が風で ぶれまくります。

 

朝からこの時期に有利な  活きサナギミンチ ( 激荒は 粒が大きすぎて、まきエサとしては低活性時は不向き ) とアケミ 各種

( むきみ、潰し、蝶貝、両貝、半貝、丸貝 ) で stage 作りに

精を出しました。

 

貝は遠巻きに丸貝、少しその内側に潰し、更にその内側に

両貝、蝶貝、更に近くに半貝、むきみと竿下には喰いやすいものを用意してあげます。

 

 

用意したエサは、アケミ以外は、ボケ ( 生 + しに )、オキアミ

( 生 + 生を味の素固めしたもの )、マルエビ、コーン、サナギです。

 

この時期に顔を見るなら、ボケかオキアミかアケミという予想のうえ、単品エサや、複合エサで、投入ごとに違うエサでパターンを覚えさせない釣り方で晩まで通しました。

近年、このパターンです。

 

朝からかれこれ、4時間以上たちますが、一度も何も触ってきません。 よく言う オキアミ 1匹、ボケ 1匹で済む日でした。 

 

しかし釣るには やはり ・集める、 ・喰う気を誘発する、 ・ アタリを出させる、が必要なので、そのために Best と

思うことを だんご投入、仕掛け変更、落とし込みの織り込み、など ひたすら続けていました。

 

そんな中、丁度12時になったのを確認した直後、風で

ぶれていた落とし込み穂先が逆に止まりました。

 

びっくり ビックリしつつも、『 あ、ちぬが くわえた! 』と思いました。

 

小さいのなら、穂先がもっと早く頻繁に動きますが、 stay しています。 

良型以上です。 直感的に年無し前後と察知しました。

 

『 これは、放置しておくと、吐かれる 』 

『 合わせるか? 喰わせきるか? 』と思いましたが、瞬時に

結論を出さないと釣れません。

 

朝から一度もエサが触られず、竿も振っていないし、寒い時期なので、竿を鋭く振り切る体の反応がついていかないので、無理に合わせても、掛かりきらないと判断し、ラインを出すことにしました。

 

出すには、Reel を操作していると Loss Time で吐かれる Risk が増えるため、瞬間的に竿を 60 cmほど海中に突っ込みます。

 

そして数秒の間に、今度はReel から 更に ゆっくりと 1m ほど Line をだし、計 1 ヒロで抵抗を抜きます。

 

吐いてなければ、過去の経験からすると15分以内には 穂先が突っ込むパターンです。

開幕当初の過去の年無しは、10分とか 15分粘って捕ったものばかりなので、長期戦を覚悟します。

 

口に入れたり吐いたり、かなり しつこいほどの慎重さで喰ってきますので(良型以上は)。

盛期では考えられない長さです。 

 

この時は、当日一番大きなボケ ( ハサミから尾っぽまでで 15cm はあったと思います。 )

 

朝から この しにボケを 1時間に 1匹づつ、囮ダンゴにしてましたので、数匹の警戒心解き効果で、喰ってきたのでしょうか? 

 

やはり、じっくり喰わせる戦法を選んだので、数分間くらいは 全く反応がありません。

 

しかし、そのあと、穂先が若干押さえたり、戻ったりしてきましたので、『まだ抵抗を抜けきってない!』とあせり、

更に ジワジワと 50cmほど抜くと、暫くして 押さえ基調で 微妙に 動き始めます。

 

『 これは一気に潜られる前兆 』と思い、穂先を Float が無い位置に慎重にずらし、突っ込みを待ちます。

 

待たないと、喰いきっていると思っても、吐いている case が 5割ほど過去ありましたので、万全の体制にします。

 

勿論、 Line を 1.5ヒロほど出していますが、海底の引っかかりがほとんど無いことは、 check 済みなので

採れる戦法です。 

 

自分の戦法の範囲内でやれることは、ここまで全てやったつもりなので、もう突っ込む頃と、呼吸を整えて

集中していると、『  ドカン!』 と一気に穂先を持って行きました。

 

『 待ってました!!!』 大型が筏の下に潜り、それを 竿さばき して上げてくる、大好きなかかり釣りの中でも

最高に楽しみにしている時間です。

 

1.5ヒロ出しておいた弛みの距離は、もうありません。 ここですぐに Lineをまき始めると一瞬で ブチ切れますので、

スプールに指をかけ Brake を効かせ、ちぬに体力を消耗させながらゆっくり引かせ、竿を引きながら体制を整え Line を少し揺るませた時点で Handle を回します。

 

すると、 Brake を掛けられたちぬが 反転してこちらを向いたのがわかりましたので、ここから一挙に巻き始めます。

 

しかし、反撃が始まったので、縦の Line操作だけでは ちぬの引きのが強く、切れる Pattern になったので、竿を左右に振りながら、ちぬの方向感覚をにぶらせることで、突進力を弱めさせながらの巻きに switch します。

 

すると、強烈な引きが弱まり、もう こちらに主導権が移りましたので、 3度ほどの締め込みも いなして、 Net in。

 

描いていた やりとりが、Image どおり行えて、満足しました。

 

この後は、また何も反応のない数時間が過ぎ終了。

 

結局、エサに触ってきた魚は、この 1枚のみ。 しかし、 必釣できたことは満足です。 

 

なお、当日別筏で 7枚上げた方は、朝一からダンゴにガンガン当たってきて、9時までに 6枚釣れたそうで。

まだ乗っ込み初期で、筏により、寄りや活性が全く違います。

 

その筏でも、丁度12時に でかいのが筏の下に潜り、 Line、がブチ切られたそうです。

訊いてみたら、止められずに竿を止めたそうで、やはりそれでは Lineは太くても切れてしまうことを、

再認識しました。

 

魚は掛けたら、大きくても小さくても、竿は絶対に止めずに動かし続けることが大切ですね。 

 

② 3/31

結果:42~34cm  5枚 ( Release )

        おまけ:アイナメ 42cm

 

 

風が 4~5mと比較的穏やかで暖かい日でしたが、型より中型軍団の相手に会ってしまいましたg

 

興奮するやりとりは味わえませんでしたが、千賀最終営業日を遊ばせていただきました。  

 

同乗させていただいた石神さん、ありがとうございました。

40cm以上ばかり ( 46まで ) 4枚、さすがです。

 

 

この最終営業日には、Ken会長、しゅうじさん、銀ちぬさん、も顔を出され、久々の再会でうれしかったです。

 

あと、常連で凄腕の皆さん ( 豊橋の榎本さん、津の中村さん、 春日井の金山さん、伊勢の安達さん、愛西市の近藤さんなど )と たいへん楽しい時間を共有できたことを感謝いたします。

 

最後に、 お世話になった千賀の係員の皆様、

本当に長い間、ありがとう しあわせ ございました。

 

①千賀史さん、②亡くなったお兄さん、③亡くなった片山さん、④敬助さん(右から2人目)、⑤保美さん(左)、⑥哲さん(右)、⑦上村さん、⑧吉戸さん、 へ御礼を申し上げます。

 

さようなら。

 

2017-10-28 15:06:56

2017.08.18~10.08 釣行記 ( 4回まとめ )

テーマ:ブログ

ご無沙汰しておりました ヽ(^O^)ゝ

大型獲れず、中小型ばかりでしたので、さぼってました。

 

08.18   35-37   5枚  コーン・サナギ・オキアミ

09.09   32        1枚   オキアミ + イエロ-マダイ

09.23    30-43    14枚  サナギ・コーン ( 写真 )

10.08    26-33      8枚  サンマ + イエローマダイ   

なんか、やたら雨     

雨

や台風

台風

でしたね。

 

月に 2度までしか行かなくなりましたので、ますます

釣行が楽しみになってきました。

 

そろそろ、アケミ丸貝・潰しでの寄せで効果Upが狙える季節になってきましたね。

 

早く来週にならないかな~!!  

 

あ、そうそう、サンマ効果ありました。

ちびばかりでしたが。

 

次回の変則餌を 1週間考えてみます。

行けないときの 我慢方法です。 ははは にこ

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス