約2年ぶりに福島の猪苗代に行ってきました。

それも、ワールドカップモーグル大会の手伝い

この手伝いも気付ば7年目を迎えていました。


先週の金曜日は休暇をもらい、

木曜の夜、仕事を終えてから新幹線で猪苗代へ

そして、予約をしてあってタクシーでスキー場へ

今時、タクシーも予約出来るんですね。

この夜は、凄い吹雪で、一日中電車のダイヤが乱れていて、

私を乗せた磐越西線も、夜も遅いと言うのに予定より40分の遅れ

それでもタクシーの運ちゃんは、笑顔で私の名前を大きく書いた紙を掲げ

猪苗代駅で待っててくれました。


ちょっとビックリしたけど、

遅れた事よりも、ちゃんと遅れてる電車の時間を調べてくれて、

私を待っててくれました。それもとっても温かい会津弁でね…≧(´▽`)≦


疲れた身体がかなり救われましたのは言うまでもありません

会津の人は、とっても気持ちがあたたかいです


なんでしょうね

それとも20代の半分の冬を、

猪苗代で生活したから懐かしく思っただけなのかな

そして、帰ってきたと思える土地があるっていいものだと実感しちゃった


翌日からは大会の手伝いのため、ゲレンデに一日中張り付き

そう、私はパトロールとして

この大会に携わっているんです


大会についてはまた明日にでも更新

すでに身体が疲れきっていているので

今日は(@ ̄ρ ̄@)zzzz


今の仕事が97%ぐらい一日座りっぱなしなので

こんなにも体力が落ちていたことに気づかされた大会手伝いでもありました

適度な運動は心がけよっと、誓た3日間でしたね

つかれた~…でも、本当に充実した三日間でしたドキドキ