「どうしてそうなるのか?」がききたいとき | 「自分も子どもも責めない子育て」ハンサムおかん☆きよみん

「自分も子どもも責めない子育て」ハンサムおかん☆きよみん

発達障害児や育てにくさを感じるお子さんを育てるママを、カウンセリングとコーチングで応援します。
経験者だからこそ、伝えられることがあります。

こんにちは!

ハンサムおかん☆きよみんです。

 

自分と子どもは
別の人。

わかっているからこそ、
訊きたくなりますよね。

「なぜなの?」
って。

なぜそうしたの?
なぜこうしなかったの?
なぜ?
なぜ?

ふと気づくと、
朝から晩まで
子どもに「なぜ?」
しか言ってない気がする。。。。

あなたの「なぜ?」に
お子さんは
ちゃんと答えを
出してくれますか?

納得できる答えが
もらえますか?

おそらく
そんなこと、
ないでしょう。

それは、
子どもが悪いからではなく、
「なぜ?」
と訊くからなのです。

「なぜ?」
は言われた人から
言い訳を引き出す質問。





大人だってそうですが、
「なぜこんなことをした?」
と言われると、
無意識のうちに
自分を守ろうとして、
「だって〇〇だったから」

言い訳をしてしまうのです。

 



それも、
自分は悪くない。
という方向で。

子どもから
そういう言い訳を
きくから
腹が立ち
「どうしていつも言ってるのに
わからないの?」
と怒ってしまう。

それは、
子どもが悪いのではなく、
親側の質問が
目的にあっていないからです。

なぜそうなったのか、
理由を知りたいと思うのなら、
「なぜそうなったのか、
理由を教えてほしい」
と言う。

信頼関係ができていたら、
お子さんはきちんと
説明してくれるはずです。

きちんと言わないのは、
言えば怒られると
思っているから。

だったらまずは、
その反応から
変えていきましょ。

お母さんは、
何を言っても怒る人。
から、

お母さんは
いつも自分の話を
そのままきちんと
聴いてくれる人。
へ。





子どもが本当に思っていることを
話してくれるようになるには、
いつも
どんな話をしても、
まずは怒らず
しっかり受け止めてくれる
お母さんなのだと
認識をしてからです。

いつも
ちょっとしたことで
怒ったり
文句を言ったりして、
「話すとめんどう」
と子どもに思われたら、
親子関係は
上手く築いていけませんからね。

まずは自分の、
対話のスキルを
磨いていきましょう。

続きはまた明日
書いていきますね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★★おかんからのお知らせ★★★

 

 

おかんの講座やカウンセリングが

お得に受けられるキャンペーンを

開催中です!


詳しくは、こちら

あなたを、なりたい自分に変えていきます

 

◇◆◇◆◇◆◇◆

「学校に行きたくない!」と言われたら・・・
~どんなことがあっても
子どもをサポートできるママになる講座~


詳しくは、こちら→新しい1day講座のお知らせです!

◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

 

 

読んでくださって

ありがとうございます。

少しでも

たくさんのお母さんに届いてほしくて

ブログランキングに参加しています。

 

読んだよ!のしるしに、

↓この画像をクリックしてください。↓

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

 

ありがとうございます♪

 

 

 


 

ハンサムおかんの
無料メールマガジン

読めば読むほど
ママの意識が変わっていく
メールマガジンです。

子育てコーチングを使った
子育てについて
書いています。

おかんと直接やり取りができますので、
講座やカウンセリングのお申込み、
公開OKのご相談も、
こちらからしていただけます。

メールマガジンは、
毎朝8時と月曜昼12時に届きます。

LINEの方はこちら
友だち追加

メールでの登録はこちらからどうぞ。

 

最近、携帯・PCともに、

こちらからの返信メールが届きにくいので、

LINEアカウントをお持ちの方はできれば、

LINEでつながってくださいね!

メールの場合は、
携帯メールではなく、
PCのメールアドレスを
ご利用ください。

  
 

 

 

★電話相談・夜間の相談なら

ボイスマルシェ 

からどうぞ。
 

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています

★匿名で相談でき、開始10分前まで予約ができるので、

今すぐ相談したいときも使えます!

★25分のお試しコースは毎週先着1名様のみと

なっております。