ギリギリでもいいんだ | ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

大阪・枚方市で発達障害児を育てるお母さんの心をサポートしています。子どもの受け止め方、育てにくさや相性で、悩んだり自分を責めたりしていませんか?実際の経験とコーチングで子どもをありのまま認めて伸ばす子育てを伝えています。息子二人のおかんです。

こんにちは!

ハンサムおかん☆きよみんです。

 

 

「お母さんはギリギリになるまでは

 

 

起こさないからね」

 

 

そう宣言してからここまで、

 

 

朝の激しいバトルは

すっかりおさまりました。

 

 

次男も起きる意欲はあるようで、

 

 

ほんまに起きる気あんの?

というくらい早い時間に

目覚ましが鳴ったり、

毎日朝練に

30分前集合をしている長男や

朝食とお弁当の準備のために

私が起きだすと、

起きてはこないものの、

目を覚ますことも

増えてきました。

 

 

私も、

 

 

起こさないけれど、

目を覚ましている次男には、

「今朝は何を食べる?」

と声をかけたりするので、

そのまま起きてくることも

たびたび。

 

 

おかげで

 

 

ほんとにたま~にですが、

また朝練に行く日も

出てきました。

 

 

そして今朝。

 

 

早い時間から

何度も鳴り響く

目覚ましの音に

ちょっと反応するも

起きてくる気配が

なかったのですが、

「最悪ギリギリに

声をかければいいや」と思って

そのまま様子を見ていると、

目覚ましの音ではなく、

自分で決めたらしい時間に

パッと起きて食卓に。

私が声をかけようと

決めていた時間の

ちょうど10分前でした。

それは、

 

 

起きとったんかい!

 

 

 

 

と突っ込みたくなるくらい、

 

 

鮮やかな寝起きでした(笑)。

 

 

親は親で

 

 

いろいろと考えて、

ちょっと余裕をもって

朝を過ごしてほしい。

とか考えるので、

一生懸命起こしたりしますが、

本人は本人で、

自分なりに朝の時間の

ペース配分を

考えているみたい。

 

 

それは親から見ると

 

 

不安になるくらい

ギリギリの時間配分

かもしれませんが、

それを経験して

わかることも

あるんだろうなぁ。

と思っています。

 

 

何事も、実際に自分で

 

 

経験してみないと

わからないこと、

納得できないこと、

気づかないこと

多いです。

 

 

昨日の夜も長男が

 

 

ポツリと言いました。

「中学のとき、

もっと勉強しとけばよかった」

 

 

この春から高校3年生の長男。

 

 

現実の壁と

向き合っているようで、

今になって

もう少し上の高校に

行っとけばよかった。

と思ったようです。

 

 

親はそうなることを見越して、

 

 

早くから

「勉強したら?」

と言うのでしょうが、

「じゃあ中学生のとき、

お母さんが「勉強しなさい』って

ガミガミ言ってたら

勉強した?」

と聞くと

「しなかった(笑)」

と言ってました。

 

 

わははは

 

 

そうだろうなぁ~。

 

 

結局その時は

 

 

もっと先なんて

想像もつかず、

親がいくら言っても、

ピンともこず、

今気づく。

 

 

まぁそれでも、

 

 

「今気づいているんだから

いいんじゃない。」

って

言っときましたけど。

 

 

そしてそれを

 

 

すぐ横で聞いていた次男が

これからどうするのかは

わかりませんが。

 

 

 

朝起きる時間も、

 

 

 

勉強しなくちゃって

気づくことも、

結局はギリギリでも

自分で気づく。

それでいい。

 

 

親としては

 

 

「起きてね。」

「勉強したほうがいいと思うよ。」

って

伝え続けることは

できるけれど、

強制はできないし、

本人が気づくのを

待つしかない。

 

 

そんなもんなんでしょうね~。

 

 

 

 

子どものことに

 

 

関心は持ち続けるけれど、

行動をコントロール

することはせずに、

手放して見守る。

そして

ちょっとでも

何かに気づいたときに、

「気づいたんだね~」

って嬉しそうに伝えてみる。

 

 

そうやって

 

 

子どもが自分の力で

一歩ずつ

学んでいくのを

見守りたいと

思っています。

 

 

だま~って見ていたら

 

 

次男は

あっという間に

朝ごはんを食べて、

今はシャワー中。

やっぱり私がそばで

ガミガミ言うより、

同じ空間の中で

ちょっと離れて

気配だけ感じて見守ってるほうが

結局は

早く動けるみたいです(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレだってやればできるんだぜ!by次男
2010090522140000.jpg