長男との珍妙なやりとりから思うこと | ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

大阪・枚方市で発達障害児を育てるお母さんの心をサポートしています。子どもの受け止め方、育てにくさや相性で、悩んだり自分を責めたりしていませんか?実際の経験とコーチングで子どもをありのまま認めて伸ばす子育てを伝えています。息子二人のおかんです。

こんにちは!

 

ハンサムおかん☆きよみんです。

 

 

 

 

「ん・・・120メンバー」

 

 

 

 

 

 

毎朝5時半過ぎに

 

 

 

 

部屋で寝ている長男に

 

 

声をかけます。

 

 

 

 

普段は一瞬で

 

 

 

 

布団から飛び起きてくる長男ですが、

 

 

期末試験前で

 

 

寝不足なのか

 

 

全く目が覚めておらず、

 

 

「起きる~?」

 

 

と声をかけた私に

 

 

意味不明な返事。。。

 

 

3回くらい

 

 

「起きる?」

 

 

「120メンバー」

 

「わかりません」

 

を繰り返し、

 

 

ようやく起きてきました。

 

 

 

 

以前なら

 

 

 

 

こんなほほえましい光景すら

 

 

怒りのタネになり

 

 

朝から晩まで

 

 

ぷんぷん怒っていた私。

 

 

 

 

その根っこには

 

 

 

 

「誰も私の大変さなんてわかってくれないんだ」

 

 

という気持ちが

 

 

あったように思います。

 

 

 

 

「わかってほしい」

 

 

 

 

「気持ちを向けてほしい」

 

 

けれどもまわりに

 

 

安心して心を開けられる人がいない。

 

 

だからますます

 

 

心を閉じてしまう。

 

 

 

 

矛盾してたなぁ。

 

 

 

 

って今なら思えます。

 

 

ただ、本当に

 

 

安心して想いを

 

 

離せる人や場所は

 

 

ほしかった。

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

共感できる人

 

 

寄り添える人

 

 

受け止められる人に

 

 

なりたいと思っています。

 

 

 

 

けれど

 

 

 

 

そんな人がいて

 

 

気持ちを出しただけでは

 

 

目の前の問題は

 

 

解決しない。

 

 

 

 

自分自身がしっかり

 

 

 

 

向き合う覚悟を決めて、

 

 

何をどうするのか。

 

 

を決めていかないといけないし、

 

 

行動しないといけない。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

取り組む自分を

 

 

きちんと受け止めて

 

 

自分自身で

 

 

認めてあげること。

 

 

 

 

一人では

 

 

 

 

とても難しいし、

 

 

心が折れそうになることも

 

 

あると思います。

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

一緒に併走できる

 

 

存在でありたい。

 

 

辛い気持ちを受け止め、

 

 

前を向こうとするときには

 

 

しっかり背中を支え

 

 

できたことを一緒に喜び、

 

 

しっかりと立って進めるように

 

 

なっていくお手伝いがしたい。

 

 

 

 

朝から

 

 

 

 

長男のわけのわからない

 

 

寝言から

 

 

再び自分の想いを

 

 

再確認していました。

 

 

 

 

今日も新しい一日。

 

 

 

 

1ミリでもいいので

 

 

前に進みます!