おかんはえこひいきします。 | ハンサムおかんの子育て塾~発達障害児を育てるお母さんの心をサポート

ハンサムおかんの子育て塾~発達障害児を育てるお母さんの心をサポート

大阪・枚方市で発達障害児を育てるお母さんの心をサポートしています。実際に発達障害児を育てた経験と、「気質」×「コーチング」×「方眼ノート」でありのままの子どもを認めて伸ばす子育てを伝えています。息子二人のおかんです。

こんにちは!

 

ハンサムおかん☆きよみんです。

 

 

 

 

「良きかな。良きかな。」

 

 

 

 

 

 

昨日の昼間

 

 

 

 

郵便局に用事があり、

 

 

窓口に並んだ時、

 

 

たくさんつるされている

 

 

切手のシートに交じって

 

 

「ん?」

 

 

と思うグッズが

 

 

ありました。

 

 

 

 

それがこれ

 

 

 


今、長男が

 

はまりにはまっている

 

 

スターウォーズの

 

 

クリアファイルです。

 

 

 

 

12月の上映時には、

 

 

 

 

友達と一緒に

 

 

わざわざスターウォーズの

 

 

Tシャツを着て

 

 

観に行こうと

 

 

約束しているみたいで、

 

 

もちろんですが

 

 

スマホのケースも

 

 

スターウォーズだし、

 

 

LINEのスタンプも

 

 

スターウォーズ。

 

 

 

 

封切りが近づくにつれ

 

 

 

 

テンションもどんどん

 

 

上がってきているようです。

 

 

 

 

飲料水などでも

 

 

 

 

スターウォーズの

 

 

パッケージのものが

 

 

続々発売されていて、

 

 

いろんなところで見かけるのですが

 

 

郵便局よ、おまえもか!

 

 

って感じで

 

 

まさかの場所で

 

 

出会ってしまって

 

 

ちょっと衝撃でした。

 

 

 

 

列に並んで

 

 

 

 

そのクリアファイルを

 

 

眺めつつ

 

 

ちょっと考えて

 

 

結局買いました♪

 

 

 

 

もう長男の喜ぶ顔が

 

 

 

 

完璧にイメージできたから。

 

 

「これは、買うしかない」

 

 

そう思いました。

 

 

こういうサプライズプレゼント、

 

 

私、結構大好きです♪

 

 

 

 

うちは息子2人。

 

 

 

 

長男はスターウォーズに

 

 

ハマっているけど

 

 

次男は興味なし。

 

 

 

 

今長男にこれを買って

 

 

 

 

じゃあ次男はどうするの?

 

 

ってなりますが、

 

 

次男にはまた別で

 

 

なにかあれば

 

 

サプライズのプレゼントを

 

 

することも

 

 

あるかもしれないし、

 

 

何か別のことで

 

 

してあげることが

 

 

あるかもしれないので、

 

 

今回は無視。

 

 

 

 

子どもたちに対する平等って、

 

 

 

 

難しいなぁって思います。

 

 

本当に均等に

 

 

同じことをしてあげるのが

 

 

平等とは限らないから。

 

 

 

 

一人にとっては

 

 

 

 

求めていることであっても

 

 

もう一人はそれを

 

 

求めていないかもしれない。

 

 

 

 

ならば

 

 

 

 

同じことをしても

 

 

平等とは感じてもらえない

 

 

気がします。

 

 

 

 

接する時間の長さも

 

 

 

 

かける言葉も

 

 

年齢や性別、

 

 

子どもの性格などが違えば

 

 

違ってくるのは当然。

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

めいっぱい気遣って、

 

 

2人のどちらもが、

 

 

「信頼されている」

 

 

「愛されている」

 

 

と感じられるように、

 

 

いつも1対1の関係を

 

 

それぞれとしっかり築くように

 

 

気をつけています。

 

 

 

 

子どもたちは

 

 

 

 

自分に対して親が

 

 

どう接しているか

 

 

何をしてくれているか、

 

 

兄弟に対してはどうか。

 

 

ということには

 

 

とても敏感でもあります。

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

一人ひとりと

 

 

ちゃんと向き合うし、

 

 

それぞれに合わせた対応を

 

 

考えています。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

もう一人には内緒。

 

 

の時間を

 

 

それぞれと

 

 

共有することも

 

 

あります。

 

 

 

 

一応内緒だけど

 

 

 

 

どっちも満足していたら

 

 

バレても

 

 

ケンカにはならないようです。

 

 

 

 

今回も

 

 

 

 

長男が帰宅したら

 

 

自分の部屋で

 

 

見つけてもらえるように

 

 

メモを載せて

 

 

置いておいたのですが、

 

 

思った通り

 

 

クリアファイルを持って

 

 

リビングに駆け込んできて、

 

 

私と次男の目の前で

 

 

「良きかな。良きかな。」

 

 

「こんなんもったいなくて使われへん。

 

飾っとく。家宝にする。」

 

とテンションあがりまくり。

 

 

それを見ていた次男ですが、

 

 

特にうらやましがる様子もなく、

 

 

「ふ~ん」

 

 

って感じでした。

 

 

 

 

一応次男にも

 

 

 

 

「これ欲しいと思う?」

 

 

と聞きましたが

 

 

「オレ興味ないねん。」

 

 

とあっさり却下。

 

 

だよね~だよね~。

 

 

 

 

なので次男には

 

 

 

 

また別の形で

 

 

喜んでもらおうと

 

 

思っています。

 

 

 

 

おかんはいつも

 

 

 

 

えこひいき。

 

 

でもそのえこひいきを、

 

 

兄弟それぞれに

 

 

同じようにしているつもり。

 

 

それが結局は

 

 

平等ってことなのかも

 

 

しれません。

 

 

 

 

あ、

 

 

 

 

兄弟でモメたときは、

 

 

できるだけ長男の方に

 

 

寄ろうとは思っています。

 

 

普段そうならないように

 

 

気をつけていても、

 

 

やっぱりいろいろと

 

 

我慢してきていたり、

 

 

兄ってことを

 

 

意識させてしまったり

 

 

しているかもしれないから。

 

 

 

 

やっぱり私自身が

 

 

 

 

長女だから

 

 

そんな目線になっているのかも

 

 

しれませんけど。

 

 

 

 

これもなかなか難しくて

 

 

 

 

先日も友達を家に呼ぶとき

 

 

もう一人はどこにいるのか。

 

 

でモメたとき、

 

 

後から長男に

 

 

「弟の肩ばっかり持ちやがって」

 

 

と小突かれました(しゅん)。

 

 

おかん、まだまだ修行が必要なようであります。