長男株急上昇からの~急降下と、その夜に気づいたこと | ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

ハンサムおかんの子育て相談室~発達障害児を育てるお母さんをコーチングでサポート

大阪・枚方市で発達障害児を育てるお母さんの心をサポートしています。子どもの受け止め方、育てにくさや相性で、悩んだり自分を責めたりしていませんか?実際の経験とコーチングで子どもをありのまま認めて伸ばす子育てを伝えています。息子二人のおかんです。

こんにちは!

 

ハンサムおかん☆きよみんです。

 

 

 

 

「そんなん無理やし」

 

 

 

 

退院初日の夜

 

 

久しぶりの自宅で

 

 

自分ができないあれこれを

 

 

均等に

 

 

長男と次男に割り振ろうとしていた私に

 

 

長男が返してきた言葉です。

 

 

 

 

長男は、手術が終わる頃

 

 

 

 

病室に来てくれていて、

 

 

術後の私の顔を見て

 

 

「おつかれー」と

 

 

手を握ってくれました。

 

 

 

 

その後も

 

 

 

 

病院には来ないけれど

 

 

私がいない分、

 

 

家では私の母を助け、

 

 

頑張ってくれていると

 

 

勝手に思っていたおかんです。

 




なので、この言葉を

 

聞いたとき

 

一瞬

 

「え?」

 

 

と思いました。

 

 

 

 

入院したおかんを

 

 

 

 

気遣って頑張っている長男。

 

 

病院には来ないけれど

 

 

母に私の様子を

 

 

毎日聞いていた次男。

 

 

 

 

だからおかんも

 

 

 

 

頑張るよー!!

 

 

勝手にそう思って

 

 

ベッドの上で

 

 

決意していたのに・・・

 

 

 

 

自宅に戻ってみれば

 

 

 

 

次男はいろいろと

 

 

手伝ってくれますが、

 

 

なかなか動き出さず、

 

 

長男は帰宅も遅く、

 

 

家事には一切非協力的。

 

 

あの決意はなんだったんだ!!

 

 

 

 

想像していた彼らの姿と

 

 

 

 

全く違う姿を

 

 

見せつけられて

 

 

その夜、寝られない中で

 

 

いろいろ考えました。

 

 

 

 

確かに長男は

 

 

 

 

毎日遅くに帰宅し

 

 

夕食後夜中まで勉強して

 

 

朝は5時半に自分で起きて

 

 

登校していくので、

 

 

家事の負担は望めない。

 

 

けれど今彼には

 

 

3週間後の

 

 

期末テスト勉強があって

 

 

一応志望大学も

 

 

進路も決まっているけれど

 

 

もっと上を目指したい気持ちもあるらしい。

 

 

なので今は、

 

 

おかんの手伝いより

 

 

自分の勉強を優先させている。

 

 

それは

 

 

今の私にとっては

 

 

少々大変なことかもしれないけれど、

 

 

未来の私にとっては

 

 

ありがたいことなのかもしれない。

 

 

 

 

一方の次男は、

 

 

 

 

私を心配してくれていて

 

 

本当にできないことは

 

 

やってくれている。

 

 

ただやはり

 

 

私の顔を見て

 

 

安心したのもあり、

 

 

彼の行動のペースや

 

 

優先度を決めているのは

 

 

次男自身。

 

 

すべてが私中心に

 

 

まわっているのが

 

 

家庭ではないってこと。

 

 

それは

 

 

あたりまえのことだと思うし、

 

 

私だって

 

 

それを曲げても従わせたいとは

 

 

思わない(いちおうね)

 

 

 

 

結局彼らは

 

 

 

 

彼らなりに

 

 

今の状況の中で

 

 

頑張っているんだなぁ~~。

 

 

そんなことを

 

 

真夜中の布団の上で

 

 

考えました。

 

 

 

 

ありがとよ~!!

 

 

 

 

息子たち。

 

やっぱりおかんは

 

おかんで頑張るさっ!!

 

 

 

今目の前の状況

 

 

 

だけではなく

 

 

もっと先のことも含め

 

 

子どもたちのことを

 

 

もっともっと

 

 

広く大きく

 

 

見守れるおかんになりたい。

 

 

 

 

そんな風に感じた

 

 

 

 

退院一日目の夜でした。

 

 

 

 

ま、いざとなったら

 

 

 

 

女優おかん発動で

 

 

しんどい演技で息子たちに

 

 

してほしい行動を

 

 

させることも

 

 

あるだろうけどさっ ヘ(゚∀゚*)ノ