言わないほうがうまくいく・・・ときもある | 「自分も子どもも責めない子育て」ハンサムおかん☆きよみん

「自分も子どもも責めない子育て」ハンサムおかん☆きよみん

発達障害児や育てにくさを感じるお子さんを育てるママを、カウンセリングとコーチングで応援します。
経験者だからこそ、伝えられることがあります。

こんにちは!

 

ハンサムおかん☆きよみんです

 

 

平日息子達と接していて

 

 

たびたびイライラさせられるのが

 

 

夕食後の食器の後片付けと

 

 

お弁当箱を出すこと

 

 

 

 

食器は各自が流しに

 

 

 

 

持っていくのが

 

 

我が家のルールですが

 

 

食べ終わると同時に

 

 

スマホを手にする長男は

 

 

なかなか食器を

 

 

運んでこない・・・

 

 

 

 

お弁当の空箱も同様で

 

 

 

 

これは次男もともにですが

 

 

帰宅してすぐに

 

 

かばんから出してくれればいいのに

 

 

と私は思っているけれど

 

 

別にその必要性を感じていない

 

 

子どもたちは

 

 

お弁当箱の存在すら

 

 

忘れている様子

 

 

夕食後の後片付けをするときに

 

 

何度か「出して~」

 

 

と叫んでようやくでてくることが

 

 

しばしばで

 

 

私が金曜日に言い忘れると

 

 

そのまま月曜の朝まで

 

 

かばんの中だったり(涙)

 

 

 

 

普段

 

 

 

 

私は早く後片付けを

 

 

済ませたくて

 

 

ついつい

 

 

「早く出してよ」

 

 

を連呼してしまうのですが

 

 

それが実は

 

 

逆効果だったりもします

 

 

特に

 

 

「今しようとしていることを

 

『やれ』

と言われると

絶対したくなくなる」

 

と公言している長男にとっては

 

 

ほとんどケンカを売っているのと

 

 

同じ状態です

 

 

 

 

わかっているのに

 

 

 

 

私も相変わらず

 

 

自分が早く後片付けを

 

 

終えたい一心で

 

 

「早く出せ~」を

 

 

連呼しているのですが(苦笑)

 

 

まさに親の意地と

 

 

息子の意地の

 

 

ぶつかりあい

 

 

たかが弁当箱ひとつで

 

 

大バトルです(疲)

 

 

そのときは私も必死ですが

 

 

冷静に考えると

 

 

そこまで必死になる必要なんて

 

 

なかったじゃない

 

 

と思います

 

 

 

 

まだ自分で食器を運ぶ

 

 

 

 

お弁当箱を出す

 

 

という習慣が

 

 

本人に定着していないときは

 

 

毎日冷静に

 

 

「出してね」

 

 

を繰り返して覚えてもらうことが

 

 

必要ですが

 

 

本人がわかっている場合は

 

 

逆に何度も言わないほうが

 

 

すんなり出してくれる確率が

 

 

高いです

 

 

 

 

どうしても言いたいときも

 

 

 

 

「出しなさい」より

 

 

「今から洗い物するから出してね」

 

 

あるいは

 

 

「食べたら食器はどうするんだっけ?」

 

 

と質問するのも

 

 

いいかもしれません

 

 

クイズ形式で

 

 

「してほしいことがまだ残っています。

 

さて何でしょう」

 

と聞いて

 

 

子ども自身に考えてもらう方法も

 

 

使えるかもしれないですね

 

 

 

 

昨日も部活と自習が終わって

 

 

 

 

9時に帰宅し

 

 

晩ごはんを食べていた長男

 

 

いつもなら

 

 

食べ終わるのを見計らって

 

 

私の

 

 

「かたづけて」攻撃が始まるのですが

 

 

昨日は9時にはすでに眠くて

 

 

座椅子で半分夢の中の私

 

 

「食器を片付けて」も

 

 

「弁当箱出して」も

 

 

ガミガミと

 

 

長男に言う元気もなく

 

 

だま~ってテレビを

 

 

見ていたのですが

 

 

なんと長男

 

 

食べ終わると

 

 

さっさと食器を運び

 

 

ついでにかばんから

 

 

お弁当箱を取り出し

 

 

水を張っている!!

 

 

 

 

「しまったー」

 

 

 

 

「いつもガミガミ言い過ぎてた」

 

 

とそれを見て

 

 

改めて気づきました

 

 

 

 

ここで彼がしたことについて

 

 

 

 

無視してしまうのは

 

 

さらに良くないと思い

 

 

「すぐに片付けてくれてありがとう」

 

 

と伝えました

 

 

 

 

自分のペースで

 

 

 

 

家事をこなしたい気持ちって

 

 

毎日忙しく過ごしているお母さんには

 

 

必ずあると思うのですが

 

 

そう思うあまり

 

 

心の余裕や

 

 

子どもの心を構う余裕が

 

 

少なくなっていませんか?

 

 

 

 

お母さんたちが

 

 

 

 

家事を早く片付けて

 

 

ゆっくりしたい

 

 

と思うのと同じように

 

 

子どもたちも

 

 

学校で頑張って一日を過ごし

 

 

家ではちょっとのんびり

 

 

たまにはダラダラしたり

 

 

先に好きなことをしたり

 

 

したいときも

 

 

あるんだと思います

 

 

 

 

まずはそんな

 

 

 

 

子どもの気持ちも

 

 

理解したうえで

 

 

お互いが気持ちよくなるような

 

 

接し方や

 

 

声のかけ方

 

 

言葉の選び方を

 

 

していきたいですね

 

 

どの口が・・・と言われそうなくらい

 

 

私もまだまだですが(笑)

 

 

 

 

 

そんな日々の

 

 

 

 

 

子どもとのちょっとしたやり取りが

 

 

ぐっと楽になるような

 

 

子育てのポイントを

 

 

コーチングをベースに

 

 

お伝えしています