真の香功 ー初伝ー
 【初心者から取り組める、内気功と外気功の総合メソッド】


●基本●
左右の足は、立ちやすい程度に開いて直立し、「真・腰入れ」「真・顎引き」をするのが基本姿勢です。
すこし膝をゆるめておくほうがやりやすい功法が多いようです。
なるべく骨盤 以下下半身は安定させてあまり動かさないことがコツです。

真気功ヨガ & スートラ講座的∞筋トレの001から014あたりまでに充分、慣れてから行うと、100倍 効果的です。

スター☆フット③の解説書にある
直立座
・『軸ゆるみ』の10パターンの練習
・『内側のゆるみ』の7パターンの練習
ができていると、よりいっそう深くなっていくでしょう。
IMG_20150212_222932.jpg 
スター☆フット③を踏みながら香功の初伝を行うと効率化が期待されます。

★また、スターキープの近くで訓練すると、大幅な効率アップが期待されます。
IMG_20151126_201554159.jpg 

※ 気功術の基本を学ぶには、気功術の要所【胞中の極意】 まとめ も熟読してください。



■真の香功-初伝- の気功法■
真・金龍擺尾(きんりゅうはいび)
 合掌を前に向け左右へ指先クネクネ ⇒ 左右に大きな。締めと捻りの下丹田。
IMG_20151019_195644149.jpg 

真・玉鳳点頭(ぎょくほうてんとう)
 合掌(手印あり)を前に向け上下へ手をクネクネ ⇒ 上下に大きな。上へ引き伸ばし下へ締めて下丹田と肉の繋がりを強化。
IMG_20151019_201316745.jpg IMG_20151019_201303177.jpg  

真・仏塔飄香(ぶっとうびょうこう)
 左右の手を気でつなぐ。吸って確認、吐いて拡大。上半身全体と繋がった巨大な気のボール。大きく高くしていくとを感じる人も。
IMG_20151019_202833578.jpg 

真・菩薩撫琴(ぼさつぶきん)
 掌(てのひら)を下に向けて胸の開閉。呼吸の流れはいろいろアレンジ可能。慣れてくると両手が大きくをを描く。
IMG_20151019_204604692.jpg 

真・鉢魚双分(はつぎょそうぶん)
 掌を上に向けて胸の開閉。呼吸の流れはいろいろアレンジ可能。慣れてくると両手が大きくをを描く。
IMG_20151019_205317744.jpg 

真・風擺荷葉(ふうはいかよう)
 手はヘソの前あたり。下丹田を左右へ振っていくうちに、いつしか下丹田がを描くように。
IMG_20151019_210744836.jpg 

真・乾坤左転(けんこんさてん) & ⑧真・乾坤右転(けんこんうてん)
 下丹田を少しずつ回転させる動きに繋がって、上半身の旋回運動。いつしかに遠くと繋がって大回転。
IMG_20151019_211636376.jpg 

真・揺櫓渡海(ようろとかい)
 手を胸に引き寄せたり前へ押し出す動きに合わせて、下丹田から遠く彼方へと外気を放つ。慣れると手の動きはを描く。
IMG_20151020_124016965.jpg IMG_20151020_124036111.jpg 

真・法輪常転(ほうりんじょうてん)
 腹の前で手をクルクル回しながら、見えない気の手を入れまくる。相当に極まってくると、クネクネ上半身のどこかにを感じる人も現れよう。
IMG_20151020_124836046.jpg 

真・達磨蕩舟(だるまとうしゅう)
 胸の前で水平に重ねた手の船が揺れる。下丹田からのの振りがどんどんダイナミックに。
IMG_20151020_125856516.jpg 

真・仏風貫耳(ぶっぷうかんじ)
 耳と掌の見えない気のつながりから始まる自発動功。ゆるみと変性意識状態が上達すれば、自らの動きの中にを感じる人も現れよう。

真・ 金光耀眼 (きんこうようがん) 
 指先から出る気のつながりから始めてもいい自発動功。ゆるみと変性意識状態が上達すれば、自らの動きの中にを感じる人も現れよう。
IMG_20151020_131404007.jpg 

真・普渡衆生(ふどしゅじょう)
 腹部にかざした両手を気でつなぎ、胸の開閉。極まっていくと複数個所にの動きが。
20151020_131928-1.jpg 20151020_132257-1.jpg IMG_20151020_132722293.jpg 

真・童子拝仏(どうじはいぶつ)
 遠くへ遠くへどこまでも。
 IMG_20151020_165828512.jpg 
AD
■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート 
金龍擺尾By はすみ

<はじめに>
香功は、練功中に芳ばしい香りを感じる人もいることから「香功」と呼ばれ、その正式名称は中国仏法芳香智悟気功という。
2000年余年に渡って弟子から弟子へ秘伝されてきた仏法気功で、これを1988年に田瑞生(でんずいせい)師が洛陽で公開したものが、一般に広がったようである。
香功には、3つのランクがあり、現在では、主に初級が香功として気功関連書籍などでも紹介されている。中級までは手順を簡単に入手することができるようだが、さらに上の高級というランクに至っては、一般に公開されていないようである。

香功は「調息(呼吸を整える)」や「意守(イメージを保ち続ける)」を意識して訓練する必要がないほど洗練された功法とも言われており、単純な動きにもかかわらず、極めれば身体全体が丹田となることが期待されている。
その効果は絶大な気功法として宣伝され、普及している。

HTでは、現代に伝わっている香功を調査し、本来あるべき古代の気功法としての本質的な姿を蘇生することにチャレンジした。




▼一般的に普及している金龍擺尾▼
足を肩幅に広げて立つ。
合掌した指先を前方に90度傾け、指先に力を入れて手のひらはつけないようにする。
その状態で、左に45度、右に45度、左右に動かす(手首だけで動かさない)。
これを左から始め、36回行う。

この情報だけでは、腕だけを使うダサい運動のようになってしまいがちである。
素人であれば単なる手首のストレッチ。
あわよくば合掌した姿勢の悪いおじいさんが右に左に拝み倒すだけのインチキ臭い運動になってしまいかねない。
肩までしか動きが伝わらない場合も多い。
自分の気を指先から放出する感覚で行ってしまう人もいるだろうし、どこからも繋がっていない、練られてもいないナンチャッテな気が細々と指先からお漏らしされてしまいかねない。
文字面では簡単な動作なので、あっという間に36回が終わってしまい、ありがたやーとインチキ臭く左右を36回拝んで「どこが金の龍が尾を振る動きなのだろう?」という感じになってしまうことが心配でならない。


▼霊視後の真・金龍擺尾▼
①大地にしっかりと足をつけて立つ。
 強めにドンドンと足を床に踏みななおしてもいいだろう。
 二つの足の裏の感覚を終始保持し、絶対に足の裏をその場から離してはいけない。
 大地と一体になったと覚悟するべし。
 大地に両足をしっかりつけて、自分はここにいるぞ~というイメージをもってもいい。

②敢えて指先から掌(と手首の境)まで力を入れてぴったりとくっつけた合掌をする。
 敢えてぴったりとくっつけた合掌は、絶対に離してはならない。
 脇は締めずに、縦に握った拳が一個入るくらいに空ける。
 合掌した手の、手首の位置は鳩尾の前方におく。
 合掌の指先を前方に90度傾ける(指先を水平に前に向けると言うこと)。

③まずは指先だけを、尻尾の先が細かく振動するようにクネクネと(金魚運動のように)左右へ振っていく。
 指先からの振りを徐々に大きくしていき、指→手のひら→手首→腕全体へと振りを繋げていく。
 両足と大地の意識を維持したまま、合掌の指先が大きく大きく振れていく流れに上半身全体が 追随していくまで繋げていく。



 可能な限り無理のない範囲で背骨を捻るようにしていくと、指先が大きな∞を描くようになっていくだろう。
 このとき初めて、大地に根差した丹田をコアとして指先までが繋がった、まさに龍の尻尾のような動きが生まれる。
 続けていくうちに丹田が猛烈に活性され、全身から気が立ち昇ってくる。



 「真・金龍擺尾」に至ってから7~36回を数えるとよいだろう。


==参加者からの感想==
 大地にしっかりと足をつけるところから、違いますね。
グラウディングする感じで足を肩幅に広げて立ち、まずは大地につながったことで一本の芯が通った気がします。
 次に合掌した指先を左右に振るところは、一瞬戸惑いながらも、さらに大きな振りになっていくと、丹田まで動きが伝わっていき、活性化されていくのがわかります。
 もうこれだけで、身体全体が丹田になりそうです!!!
 現在、普及している金龍擺尾と、今日教えていただいた金龍擺尾ではその差は歴然。エネルギーが違います。
 今までやっていたのは、なんだったんだ~という感じです。

AD
■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート Vol.2
真・玉鳳点頭By はすみ



▼一般的に普及している玉鳳点頭▼
足は、1番の金龍擺尾の状態のまま肩幅に広げて立つ。
手のひらの中 心を軽く離して合掌し、肘から先だけを上下に振る。
これを36回行う。

鳳凰がおじぎをする動きを表現しているということだが、身体のどこ にも効いている感じはなく、金龍擺尾と同様に肩までしか動きが伝わらない単に腕の動きが左右から上下に変わっただけの簡単な動作に 感じられる。

このような状態では、腰が引けたダサい爺さんが「ありがたやーあり がたやー」と上下に拝み倒すだけの、意味不明ありがた運動となり、 どこが鳳凰のお辞儀なのか全く意味不明である。

名は体を表すのであり、名の豪華さそのままを体現しない嘘っぱちとなる。

偉大な中国文明をこんなゴミにしてしまったのは一体なんなのか!と 怒りすら湧いてくるのだ。


▼霊視後の「真・玉鳳点頭」▼
①大地にしっかりと足をつけて立つ。
真・腰入れ真・顎引きを行う。
③手は、胸の前で鳳凰の形の手印を作る。
※ 鳳凰の形の手印:合掌した状態で親指と小指を離す、人差し指と中指、薬指はピタリとつけて揃える。



④手印の指先を下に向けたり、上に向けたりする。指先からはじまる手首のひねり運動という見た目になる。
⑤指先が上に向いたり下に向いたりする動きが、次第に大きくなるにつれて、腕全体が上下していく。
⑥やがて、上は自分の可動域いっぱいとなる頭の上(頭の後ろ)まで手印を伸ばし、下は可動域いっぱいまで手印を下げる。
⑦無理なく可動域いっぱいの上下の動きに入ってから3~36回繰り返す。



※ 軸を立てた上半身はなるべく不動とすること。
 体幹は不動としたままで、鳳凰の頭を上にも下にも限界まで振っていくのである。
 このとき、大地に根差した丹田をコアとして指先までつながった、鳳の頭の動きとなる。
 やがて丹田が猛烈に活性化され、全身から気が立ち昇ってくる。

※ 慣れてくると、手印の上下の動きが∞の形になっていくだろう

※ 無理なく可動域いっぱいの上下運動を心掛けていくと、下丹田の充実、下丹田から上半身全体の気と肉の繋がりが強化されていくことが分かるだろう

※ 真・腰入れ・・・肛門と臍を結ぶ一直線を体内で意識する。その直線を結び付けていくように、体内で引寄せていくと、自然に骨盤が動き背骨がバランスよく乗っかってくる。

※ 真・顎引き・・・真・腰入れの状態で、ぼんのくぼを緩めることで顎を引く。


==参加者の感想==
鳳凰の形の手印を初めて知りました。
実際、その手印を作って指導通りに行うと、毛穴から気が放出されるような感じがしました。
今までの肘先の軽いストレッチのような玉鳳点頭とは明らかに違い、またもや丹田まで動きが伝わっていき、活性化されていくのがわかりました。
そして伊達に名前がついているのではないことが実感できました。


AD
■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート Vol.3
真・仏塔飄香By はすみ


▼一般的に普及している仏塔飄香▼
足は、そのまま玉鳳点頭と同じように肩幅に広げて立つ。
まずは、胸の前で両手を向かい合わせ(小さく前へ倣えの状態)にして、そこから両手を近づけたり左右に離したりする(5回)。続いて、仏塔の屋根をいだくように手を広げながら降ろし、また胸の前に戻す。これを31回行う。手を下に下ろした時に手のひらを外に向けないよう注意しながら行う。

これは仏塔から香りが広がる様子を表現しているということだが、この動作は肩から指先にかけてしか動きが伝わらず、まるで盆踊りのような感じだ。確かに、香りを広げている雰囲気はあるが、体のどこにも効いていないし、仏塔飄香という名から連想される仏塔もイメージしにくい。


▼霊視後の「真・仏塔飄香」▼
真・腰入れ真・顎引きの状態で立つ。
②古代丹田呼吸法の呼吸を確認する。
 以後、息を吸うときには物理的には鼻を使うが、気の入り口は両足の踵と仙骨の三点同時吸いとする。
③胸か腹部の前で両手を向かい合わせる。
④左右の掌を見えない気の管(ホース、パイプ)で接続したイメージをもつ。
 気の体感のある人は、気の管で接続ができると、自然に手がゆらゆらとするだろう。



⑤左右の踵と仙骨から吸い上げながら、気の管あるいは気のボールの形を確認する。
⑥百会まで吸い上げて、さらに吸っていると、左右の手までジワーン圧力のようなねばねばのような何かが来るのを待って感じる。
⑦左右の掌から気を吐き、気の管あるいは気のボールを膨張させる。



⑧吸いながら気の塊の大きさを確認し、吐きながら気の塊を大きくしていく。
 特に、吸いながら確認するときには、気の塊の上部をなぞっていくようにする。
 次第に、巨大な塊となっていくので、動きとしては大きく手を上げ下げしていくようになるだろう。
 呼吸の回数が増えるにつれて、大きな仏塔・家・ビルを建てるように両手で大きく弧を描いていく。

これを3~36回行う。



※ 上級者は、スカイツリーより大きな気の塊を目指してもいいだろう。

※ 真・腰入れ・・・肛門と臍を結ぶ一直線を体内で意識する。その直線を結び付けていくように、体内で引寄せていくと、自然に骨盤が動き背骨がバランスよく乗っかってくる。

※ 真・顎引き・・・真・腰入れの状態で、ぼんのくぼを緩めることで顎を引く。


==参加者の感想==
「真・仏塔飄香」を行うと、自分自身の気を強く感じることができるとともに、それが、大きな仏塔のように広がったので驚きです。
これだけでも汗が出てきて、気の活性化を感じることができました。
また、今までの動作だと30秒くらいで終わっていたのに、じっくり気を感じながら動くこともできました。これを毎日行ったら、内気がかなり強化されそうですね。
■香功(Xiang Gong/シャンゴン)霊視改善レポート Vol.4
真・菩薩撫琴By はすみ




▼一般的に普及している菩薩撫琴▼
足は、そのまま肩幅に広げて立つ。
胸の高さで両手のひらを下に向け(指先は軽く伸ばす)、左右に開いたり閉じたりする。
肘から上は動かさないようにして、手首も伸ばしたまま振らないように気をつけて36回繰り返す。

菩薩が琴を弾くように、肘から先を左右に動かす動作となっているが、手のひらに若干、気を感じるものの肘から上には何も感じるものがない。あまり効果が感じられないまま36回が終了してしまう。


▼霊視後の「真・菩薩撫琴」▼
「真・菩薩撫琴」と「真・鉢魚双分」は対を成している。
「真・菩薩撫琴」で下から上に流した場合は「真・鉢魚双分」で上から下に流し、「真・菩薩撫琴」で上から下に流した場合は「真・鉢魚双分」で下から上に流す。
「香功の根源」に霊視アクセスしてみると【どっちでも好きにしろ。上下両方やればいい】という答えであった。体質によって変えていいだろう。
百会から吸い下げる功法では気持ち悪くなってしまう人は、「真・菩薩撫琴」では下から上の流れにする。

★上から下向きの「真・菩薩撫琴」×7~36回
真・腰入れ真・顎引きの状態で立つ。
②両手を前に出す。
③掌は下に向ける。
④一流ピアニストの手のように指先まで緩める。
⑤肘は軽く曲げる。
⑥百会から気を吸いながら限界まで胸を開く。
 肩甲骨をくっつけるくらいに締める。
 上半身全体に気を充実させる。
⑦肛門を緩めながら胸を閉じていき、下方へとゆっくり吐ききっていく。
 胸を閉じ切るときには肘が交叉するぐらいまで締める。
 肘の交差はどちらが上にきてもいい。交互にしてもよい。
⑧肛門を緩めながら下方へと息を吐いていくときに放出されていく何かをしっかりと感じていくことが重要である。


★下から上向きの「真・菩薩撫琴」×7~36回
※ 特にスターフット③鎧-GAI-を足で踏んで行うと良い。

①立ち、下に向けた掌を意識して、踵からも仙骨からも掌からも腕全体からも吸い上げながら、限界まで胸を開く。
②吸い上げながら肘を引いて、肩甲骨をくっつけるくらいに締める
③百会まで吸い切ったら、肛門を締め上げ(ムーラ・バンダ)始める。
④ムーラ・バンダの波動が上がってきたら、頭部全体から天に向かって吐きながら、限界まで胸を閉じる。
 胸を閉じ切るときには肘が交差するぐらいまで締める
 肘の交差はどちらが上にきてもいい。交互にしてもよい。



※ 気を天に吐いていく出口は百会であるが、この出口が小さすぎる人が多い。点とか、500円玉ぐらいの大きさでは気功的に伸び悩む。頭部全体が気の出口になって天まで吐き放っていくようにすると良い

※ 真・腰入れ・・・肛門と臍を結ぶ一直線を体内で意識する。その直線を結び付けていくように、体内で引寄せていくと、自然に骨盤が動き背骨がバランスよく乗っかってくる。

※ 真・顎引き・・・真・腰入れの状態で、ぼんのくぼを緩めることで顎を引く。



==参加者の感想==
正直言って「真・菩薩撫琴」の36回は、これまでの中で一番きつく感じました。静かな動作でありながら、気を中心に絞ったり、解放したりを繰り返していくと体全体が熱くなってきて、体の中心に芯が通る感じとなりました。汗だくです。