人間は
精神的な存在でもあり
物理的な存在でもあり
気功的にも観ることもできるし
波動的に考えることもできる。

ということで、栄養療法(オーソモレキュラー療法、分子整合栄養療法)について読書をしながら検討し、ざっくりとおおまかにではありますが、気功術や波動の観点から考えたことをまとめておきたいと思います。

あくまでも、仮説です。

■人体と現代のズレによる、万人栄養失調

現代人が栄養的に心がけたほうがいいかもしれないこと

神経伝達物質と、気功と波動とヒーリング

ヒーラーの調子を保つための副腎

副腎から、ヒーラーの調子を悪くする方法

ヒーラーの調子を良くする副腎

■気功やヒーリングを受ける人も、栄養状態を良くしたほうが良さそうです

==関連する読書メモ==
その1 うつ病の患者が100万人を超えている
その2 疲れたときに甘いモノという間違い
その3 精神的な病ではなくて、栄養障害の可能性
その4 太りすぎの人、痩せすぎの人
その5 血液検査はウン万円で、サプリメントは高額かも?
その6 育児の悩みがすべてなくなるというのはウソ。
その7 発達障害が栄養療法だけで治るというのは言い過ぎ
その8 偏食は脳の異常か
その9 心身ともに良くなさそうな
その10 アレルギー治療根本の基礎と、気功術
その11 活性型のビタミンDはダメなのか?

==その他の関連記事==
★肉体やハイヤーセルフの声を参考にしながら飲食と栄養を整えていくためには、菩薩のリングの練習をおススメします。
飲食物から受ける邪気に打ち勝て
あなたのエネルギーは生か死か
<29種類の経絡 その1>気血が崩れる原因も例示
<29種類の経絡 その2>気血が崩れる原因も例示
AD