☆妄想世界旅行☆

☆妄想世界旅行☆

絵を描いていて、思うこと。たいした事は考えてないけど、
溜めておくのもよくない気がして。まあ、ひとりごとのようなものです。


テーマ:

また蓮の話です。すみません。

 

群馬県の館林市のつつじが岡公園で花ハスまつりがあり、遊覧船に乗って間近で蓮が見れると職場の方に教えられて行ってきました。

 

群馬県なら、日帰りで余裕で行けるのですが、蓮は早朝から10時頃までが花の咲いている限界の時間なので、

前日に行き、安いホテルで素泊まりで行きました。ほんのちょっとだけ旅行気分も味わえるし、そんなのも楽しみのうちですよね。

だって、この私が出かけるなんて、ほんと、蓮くらい・・・

 

どうでもいい事ですが、私はビジネスホテルのようなところが結構すきです。立派なホテルもいいですが、私には贅沢すぎて、くつろげない事が結構あります。

 

さて、夜は雷雨だったので、翌朝ドキドキしながらカーテンを開けました。

すごくいい天気です。やったー。

 

宿は公園の西にあたり、聞けばここは裏口にあたり、公園を横断していくかたちで徒歩で20分くらいということでした。

晴れてるし、余裕じゃん、もう公園に片足突っ込んでるわけだし、徒歩でのんびり行こう!と意気揚々と出かけて行きました。

 

歩いて10分くらいでしょうか・・・

 

館林をなめてました

 

 

公園といえど、私たちが通ったところはずっと日陰のない道で、炎天下の中、ただもくもくと歩き続け、こんなに汗が出るのは何年ぶりかーっと思いながら、休もうにも日陰がない、腰を下ろすところはない、20分と言われたからには早く着いて楽になりたいの一心。

 

やっとそれらしき景色が見えてきました。

 

 

あれ、蓮っぽいな・・・

 

 

蓮だーーー!しかも、すごく広い!これは期待します!

でも、やっぱり花が見えない、台風もあったし、全然なかったりしないよね?

 

そして、なんとか遊覧船乗り場に到着です。どう考えても広大な公園を無駄に横断したとしか思えません。夏じゃなかったらなんてことないんですが、蓮は夏の花です。自分の下調べの甘さを呪います。

 

遊覧船は2隻あって、随時運行しているとのこと。比較的すぐに乗れちゃいます。よかった。

チケットを購入して待ってる間に、蓮の実を食べさせてくれました。

 

 

包丁をあらかじめ入れてくれています。

中の白い実を食べます。

私は初めて食べました。よく月餅なんかに蓮の実は使われていますが、そのまんま、というのはなかなかないですよね。

ちょっと勇気がいります。

味は・・・うーん、生の感じが強すぎて、お腹壊さないのか心配になる・・・味がどうとかそんなの考える感じじゃないです。ごめんなさい。

 

その後すぐに船が戻ってきました。

前のお客さんは、子供さんが多くて、みんな蓮の葉っぱを持って降りてきます。傘のように持ち、とっても楽しそう!なんてかわいいんだ!

 

 

さあ、出航です。私たちの回は大人7人でした。もっと乗れるのでしょうが、お客さんもいないし、次の船がすぐ戻ってくるのでいいのでしょう。

せっかくなので、先頭に座りました。

 

蓮の種類は2種類くらいあるみたいです。

葉っぱより低い位置に花をつける種類と、葉っぱの上に花をつける種類です。

 

えっ!本当にここを突き進むの!?というくらいの狭いところを、蓮の葉っぱをなぎ倒すがごとく容赦なく船は進みます。

 

 

最初は驚きとうれしさのあまり

「まじかーまじかー」と言い続けていたらしく、動画を撮ってたんですが、後で確認すると、ずっと「まじかー」の声が入ってますw

 

 

だって、最終的にはこんな事になるんですよ、夢のようです。

メキメキメキ~とかバチバチバチ~とか船に葉っぱが当たる音と容赦ないエンジン音がもう、ジャングルクルーズです。

 

触ってもいいし、船の先端にも出て歩き回っていいし、何だったらあの子供さんのように葉っぱをお土産に取ってもいいわけです。

贅沢すぎます。

 

船頭さんが、丁寧に解説をしてくれましたが、興奮してほとんど聞き逃してます。

 

ひとつ、覚えてるのは、

 

蓮の実は、石みたいに堅くなって泥深いところから芽を出すわけだけど、この実は、実は外から傷がつかないと芽が出ない

 

えっ!それって、自力で内側から芽を出せないってこと!?

なにそれ、ますます蓮のこと好きになってしまいます。

 

本当に、行ってよかった夏のいい思い出です。また行きたいです。

 

 

館林の花ハスまつり 今年は8月15日までやってるみたいです↓

http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/hanahasu-maturi.html

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

たまにある連休に一気にブログを更新していると、

この半年強の間にあった出来事を振り返るわけで、

そうなると、まあ、

 

自分って、普段たいしたことして生きてないなってのがよくわかります。

たまにある連休にたまったブログの更新ぐらいしかすることないってのが一番の理由だよね。

 

その為に写真も動画も整理したりするわけだし、それで時間かなり使うわけだし。

 

 

さて、今回は。

 

ずっと飼いたかった

 

オカヤドカリさんを飼った話です。

 

そもそも、生き物の世話が苦手な私は、サボテンをも枯らしたことがあるので、ずっと躊躇してました。

 

しかし、ある日、スーパーで、(しかもスーパーで!)ふと見たら、オカヤドカリが売ってるではありませんか!!

ああ、これは・・・出会ってしまったかー・・・・飼うべきなのかなーと見ていたら、

 

通りすがりのおじいちゃん

「何、これ、ヤドカリ?生きてんの?」

って、

私が

「はい」

って言う間もなく、容器ごとガシガシ振り始めたのです!!

 

ひーーー!やめてあげて!

こんな危険な売り方ではかわいそうすぎる!いっそ私がもう飼う(買う)わ!

 

と決心したのでした。

 

最初は2匹だけ飼ったのですが、水槽が小さいので少し大きな水槽に変えたんです。

そしたらちょっとさみしい気がしたんで、追加でもう一匹増やしました。

 

3匹目の時にはそのスーパーでは半額になっていたので(スーパーの半額シールがまた何ともシュールっていうか・・・)売れ残った子だし体は小さいし弱ってそうだし心配でしたが、今でも元気です。

 

名前はないです。ヤドカリは残念ながら人になつくということはないそうです。

我が家では

1号、2号、3号

と呼んでます。

 

これから冬を初めて迎えるわけですが、生き物の飼育に不安がある私に、ペットショップの店員さんが言ってくれました。

 

手を尽くして、一生懸命世話をして、全部やってあげて、それでも死んでしまったら、それだったら後悔はしないもんだよ。

とにかくできることは精一杯やってあげればいいんだよ。

 

って。なんか、本当に生き物が大好きなんだなあって伝わってくる店員さんでした。

 

 


テーマ:

ちょっと古い話になりますが、千葉市の千葉公園で6月23日に行われた蓮のイベントに行ってきました。

 

この時期になると、やたらと蓮が見れるスポットを探しては出かけていきます。

それは、出不精の私には珍しい行動の一つです。

 

蓮は、早朝から咲き、昼前には花が閉じてしまう花です。

今回は、その蓮を、夜に咲かせようという試みのイベントでした。

 

同時に、梅雨どきということもあり、レインフェスタと称して傘を使ったアート作品や、池の中央にステージを作り、様々なアーティストやダンサーの方のパフォーマンスが見られ、ロータスバーなんかもあったりして、蓮に関するメニューもあったりしました。キッチンカーもありましたね。

 

一応、夜で花は閉じてはいましたが、蓮は蕾も美しいので、楽しめました。レインボーの照明を蓮に当ててライトアップしてるのは、結構きれいでしたよ。

 

 

これは日が暮れる前の写真。

 

なぜ行ったかと言うと、目的は、プロジェクションマッピングでした、そう、今流行の・・・

 

なので、思ったよりも、人が!人が多くてびっくり!

さぞかし、素敵な、派手な、オシャレなものが見れると思って・・・たのですが。

 

 

はい、湖面にぽつーんと、ぼわーんとある、これです。

 

このイベントに尽力された様々な方の努力なんかを考えるととても言ってはいけないのでしょうが、

言いたくなってしまいます。

 

このイベント、vol.0 とタイトルにもあるので、初めての試みがたくさんあるようでしたから、今回は見送ろうかと思ったんですが、人が来なかったらそもそも次回もへったくれもないなと思って行ったわけです。

 

とにもかくにも、次回に期待します。

 

蓮のイベントは貴重なのです。

期間も、時間も短い花なので、ファンはいても、難しいと思うのです。そんな中、企画してくれた事は、本当に嬉しい限りです。

 

ちなみに、千葉公園の蓮は、大賀ハスといって、その品種を守るために全て毎年植え替えているとか。そんな苦労をして守られている蓮たち。来年もまたきれいな花を楽しみにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス