秋の養生 風邪対策

テーマ:

朝晩の涼しさに加え、昼間の気温も急激に下がってきた今日この頃

夏の疲れと相まって、体調の崩れやすい時期になりました


早くも風邪や、喘息の悪化など、秋の特徴である『乾燥』の症状に悩まされている方が多いようです

そんな方々のために、いつも無茶ぶりでお世話になっております アロマ & フィットネス ゆかぴゅあさんが 続・魔女の咳止めヴェポラップ をアップしてくださいました



東洋医学における秋の養生は、『潤す』こと

特に肺は、乾燥に弱いとされ、秋のにもっとも養生すべき臓腑とされています

肺が弱ることで、風邪、気管支炎、咳などの原因となるばかりではなく、東洋医学では肺は『皮膚をつかさどる』器官と考えられていることから、肌の乾燥対策のためにも潤いを絶やさないことが肝要といえます



この、肺を養生するための経絡(肺経)は、親指から腕の内側を通って胸まで伸びています

この中で、ゆかぴゅあさんも書いていらした列缺(れつけつ)は、咳止めの特攻ツボとしても知られていますが、実は有名な合谷や足三里と並ぶ、四総穴の一つなのです

四総穴とは、身体の部分を4つに分けて各部分をつかさどる穴を表したものですが、列缺はその中で

「頭頂は列缺に尋ね」といわれ、頭痛など頭部全般に効果があるとされています




ホリスティックケアで身体とお話し


場所は手首の内側の親指側

掌のシワから3センチほど上

女性の場合は、反対側の手の指3本(人差し指、中指、薬指)をそろえて脈をとるように当てると、ちょうど薬指の当たるあたりです



咳止め、のどの痛み、歯の痛みなどの他

風邪による頭痛や、後頭部の頭痛などに効果があります

ご家庭ではせんねん灸などを、ツボのあたりで押してみて痛いところにすえるのが良いと思います



風邪は、肩甲骨の間あたりにある風門というツボのあたりから、風の邪気である「ふうじゃ(風邪)」が入ってくることで感染すると考えられています

風邪が入ってしまったら、援軍を呼んで勢力が強くなる前に進路も退路もふさいでしまうこと

援軍とは寒さの邪である寒邪や、乾燥の邪である燥邪で、風邪の症状を益々悪化させます


ですから

首の後ろから肩甲骨の上部あたりをカイロなどで温め(寒邪対策)、口にはマスクをして(燥邪を入れない)悪化を防ぎ、遊走性といわれる風の邪があちこちで悪さをできないようにします

そのうえで、十分な休養をとる。

水分さえたっぷりとれていれば、1日から長くても3日のことですから栄養は消化の分のエネルギーを身体の機能回復に十二分に活用したいので、食欲がないのに無理に食事をとる必要はなく、普段特に持病のない人であれば「食べ物は回復してから」くらいの気持ちで良いと思います





喉の痛みの即効ツボ


襟元を暖かく




にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ


にほんブログ村









HPです↓

横浜 鍼灸・美容鍼・疏泄マッサージ
ホリスティックケア・プアマナ(puamana)

ホリスティックケアで身体とお話し-logo