不機嫌にならない暮らしづくり を応援する、
Life Organize Tissa 〈ライフ・オーガナイズ・チッサ〉 のテヅカです。



すっかり体調を崩してしまい治る気配がしないのでこどもの受診ついでに耳鼻科に行きました。2日ほど薬を飲んだら早くも回復の兆しが。健康を過信していましたが母こそ早く診てもらわなくてはですねー(><;)

 


今月はとある理由で(過去記事はコチラ自宅収納の見直しはキッズスペースに専念しています。



ビフォー写真はコチラ。


{A9537169-DE99-48F8-91BB-8768048012A8}

右の押入れに着替え類、左側のオープンスペースにおもちゃ類をしまっています。

ひとまず元々持っていた家具に集合はさせているけれど、こどもにとっては手に届かないものも多く、親にとっても雑多で片付けにくい空間。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤しているのですがなかなか落ち着かず今日に至っています。



今月中になんとかしたいと思っていたところ糸口が見つかりました。


リユースままごとキッチンです!

{AD869EFD-8526-4206-B6D5-1D80F43C00A3}


新たに買い足したものはゼロ。


以前から持っていた無印のシンク型ボックスを、ムスコの服のしまい方を変えて余った無印のPP収納ラックに置いてみたらぴったり。

{484AF763-A26F-4BD9-8B4E-5C658249B7CD}
こんな使い方を想定されているのかわかりませんが、サイズぴったり!さすがモジュールの無印ですね。こういう瞬間嬉しくなってしまいます。


あとは収納ラックの使い方に則り、ラックを足して洋服収納でも使っていたPPメイクボックスを入れてキャスターをつければ完成。


同じサイズのコンロ台はコンロに見立てたコルクマットを2つ置いただけです。


ついつい嬉しくなって前にSeriaで買っていたウォールステッカーもベタベタ貼ってしまいました*\(^o^)/*。




このリユースのメリットは大きく3つ。



ひとつめはもちろん、余りものや上手く使いこなせていなかったものを生かせたこと。


上手く使いこなせていなかったのはシンク型ボックス。


狭いマンションにままごとキッチンをどーんと鎮座させておくのはなぁと思って買ったものですが、しまいこむと遊ばなくなるし、かといって重いのでこどもが自由に出し入れするのは不可能。


結果、おもちゃ入れの上に置きっ放しですが、狭いし、シンクだけでは気分が上がらないのかあまり遊ばれないおもちゃになっていました。




2つめは今までバラバラに置かれていたままごとグッズを集合させて、しかも分類しながらしまえたこと。


メイクボックスの中は、右から包丁や木べらなどのツール類、包丁で切って遊べる食材類、ティーセット、ケーキ類と分けています。


これまではオープンラックのあちこちにしまっていてこどもが自分で集めて遊ぶのは難しい状態でした。



そして3つめは、キャスター付きなので好きな場所で遊べること。


収納ラックにキャスターをつけるのはよくあること。ですがままごとキッチンにキャスター付きってありそうでないですよね。

私がキッチンや洗面所にいるときに一緒に持っていくと、ムスメも近くにいる安心感かひとりでご機嫌に遊んでくれています。

そして使わないときはこんな風に向きを90度変えてしまうと、空きスペースにぴったり収まりました。

{2F59F1E2-7829-41CF-AD91-281A5D179AC1}


実は以前片付け収納ドットコムで紹介されていたライフオーガナイザー三谷靖代さん宅のままごとキッチンがいいなぁと繰り返し眺めていました。手作りのコンパクトなキャスター付きのもの。

なんちゃって設計図まで描いていましたが億劫で材料を揃えるまでにも至らず。今回DIYいらずでカスタマイズできたのも嬉しいところでした。



完成してから日が浅いので肝心のこどもたちの評価はこれから。母ひとりの自画自賛で終わらないことを祈ります!


最後まで読んでくださりありがとうございました。


Tudo de bom !


 ↓ランキングに参加しています。ポチッと応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村