Like the Wind

Like the Wind

爽やかな風のように音楽をお届けしたい…主にニューエイジ系ピアニスト、Shinichiro Kawauchi のブログ。



20170128GJB1

よみうりランド園内で演奏する5人組、
グッジョバ音楽隊」の出演スケジュールを、こちらの記事でお知らせします。
(随時更新します)

★よみうりランド公式ホームページで紹介されています!
 http://www.yomiuriland.com/event/daidougei.html

=====

2019年

☆6/8(土)※
▼7/13(土)※

※都合により、僕の出演はありません。代わりにサポートメンバーが出演します。

=====

演奏時間は…

☆印の日は13:00~、14:30~、16:00~
▼印の日は時間未定(確定次第更新します)

いずれも各30分間です。
雨天の場合は、屋根のある場所での演奏を予定しています。

多くの皆様のご来園をお待ちしております!

GJB

20160424GJB6

20160424GJB1

20161016GJB

2016.10.16 楽屋にて。ハロウィン仕様で窓の外のジュエルミネーションをバックに記念撮影!

20161106_1

2016.11.6 楽屋裏にて 衣装もクリスマス仕様になり、ジュエルミネーションをバックに全員集合!

20161106_2

同 ジュエルミネーション期間中はトロンボーンもイルミネーション搭載でお待ちしております!

20161123GJB

2016.11.23 楽屋裏にて メンバーたちのイルミネーションがパワーアップ!

20161225GJB

2016.12.25 グッジョバキッチン前にて グッジョバのロゴをバックに記念撮影!

20170102GJB

2017.1.2 楽屋裏にて 酉年なので全員ニワトリ!

20170128GJB1

2017.1.28 なんと!ご来園のお客様に撮っていただきました!
ジュエルミネーションとともに音楽隊も光ります!!

20170128GJB2

同 こちらもお客様撮影。
まだ明るい時間帯ですが、音楽隊のイルミネーションは点灯しています。

20170220GJB

2017.2.19 Last Illmination! 2016-17シーズンの光り納めでした。

20170611GJB2

2017.6.11 衣装も新たに全員集合!

20170715GJB

2017.07.15 EXILEと忍者たち

20170811GJB

2017.08.11 再びカオスな衣装に(笑)

=====

jewelmination2016

2016.11.12撮影 観覧車よりスターライトバンデットを望む

今日、久しぶりにアメブロのプロフィールを更新していて、ふと思ったのですが、

僕は、音楽に関してはかなり雑食なんだな…と。

 

プロフィールにも少し書いていますが、父親の影響があるのかな。

父はプロミュージシャンではなかったけど、ギターやトランペットをたしなみ、

ギター弾き語りで自作の楽曲をオープンリールテープに吹き込んだり、

(まだカセットテープが一般的でなかった時代の話)

バッハから演歌まで、ありとあらゆるジャンルのレコードと多数買い集め、

初任給をつぎ込んで買った(と聞いている)当時としては高級な「ステレオ」で聴いていました。

 

そんな環境で幼少期を過ごしたので、自然に雑食な音楽好きになったのでしょうか。

3歳で音楽教室に通い始めた動機は今となっては不明ですが、

こんな僕を両親が音楽の世界に導いてくれたのでしょうか?

 

そして、僕の雑食を決定づけたのは、おそらく小3の頃、

祖父からもらったお下がりのラジカセと、そこで出会ったFM放送だったのかな、と。

 

僕の小学生時代(1970年代後半)は、テレビの歌番組が毎日のように放送され、

流行りの歌謡曲や演歌は意識しなくても耳に入ってきましたが、

それ以外のジャンルは、レコードかFMくらいしか聴く手段がありませんでした。

田舎ですから、海外大物アーティストのコンサートもほとんどなかったし、

あっても、小学生が気軽に行けるようなチケットプライスじゃなかったし。

 

当時、地元FMはNHK1局のみでしたが(民放FMが開局したのは1980年代後半のこと)、

NHK-FMは一日中ありとあらゆるジャンルの音楽を流していたので(今もそうですが)、

自然と、そういったものが耳に入り、身に染み付いていったのだと思います。

 

特に、洋楽はディスコミュージック全盛で(映画「サタデーナイトフィーバー」が大流行しましたよね)、

子供ながらに超カッコイイと思ったものです。

(今でも16ビートが好きなのはそのせいかも…笑)

 

まあ、学校でそんな話をしても、誰も理解してくれなかったわけですが(無理もない…汗)。

 

そんなわけですから、レッスンで習うクラシックピアノもだんだんつまらなくなり、

先生も母親も口うるさいのが嫌になったのもあって、小6でやめてしまったのです。

 

中学に進み、元々機械いじりが好きだった僕は、音楽とは全く無関係の

「エレクトロニクスクラブ」(後に「科学部」に改称されますが)に入り、

不動品のテレビを再生するプロジェクトに明け暮れていたのですが、

近所に住む先輩に強引にスカウトされ、吹奏楽部に連れ込まれ、トロンボーンを吹くことに。

 

その吹奏楽部も、コンクールの練習以外はマーチしかやらないようなガチガチのバンドでしたが、

トロンボーンを始めて間もない頃、FMでシカゴの「長い夜」を聴いて、強い衝撃を受けたのです。

それまで、トロンボーンと言えばクラシックか、せいぜいジャズの楽器くらいの認識しかなかったのに、

ロックでトロンボーンって!当時の僕には衝撃的過ぎました。

耳コピって真似して吹いていたのは言うまでもありません。

 

今でも、シカゴのトロンボーンプレイヤー、ジェイムズ・パンコウは心の師匠です!!

(直接レッスンを受けたことはありませんが)

 

同じ頃、やはりFMでドアーズの「ハートに火をつけて」を聴き、これも強い衝撃を受けました。

あの強烈なオルガンサウンドがピアニスト魂を揺さぶったのかな。

これも耳コピって弾いてみたけど、中学生の僕にはどうしても表現しきれなかったな…

(僕が披露できたのは、結局、すっかりイイ大人になってしまった2017年のことでした)

 

これは後で知ったことですが、あのジョージ・ウィンストンも、10代の頃、ドアーズの影響を受けたそうで。

カバーアルバムを出してしまう位ですからね。もちろん、この曲も収録されています。

 

そして、中2でドビュッシー「月の光」に出会い、再びクラシックピアノを弾き始め、

印象派の作品や、吹奏楽で演奏されることが多い管弦楽曲を中心に、

クラシックを好んで聴くようになりました。

 

高校に進むも学校に吹奏楽部がなく(今は、優秀な後輩が立ち上げた立派な吹奏楽部があります)、

地元の老舗社会人吹奏楽団に入団。ここもコンクールで勝ちに行くバンドでしたが、

年2回の定期演奏会ではポップス系の曲もたくさん演奏していました。

 

当時の常任指揮者がジャズ好きで、ジャズピアノが弾ける人だったこともあり、

今思うと、ポップス奏法の基本を知らず知らずのうちに覚えていたような気がします。

 

また、定期演奏会では、ピックアップメンバーでビッグバンドを組んで演奏したこともありました。

それが僕のビッグバンドデビューだったわけで。

 

その少し前、ジョージ・ウィンストンの音楽と出会って、

ニューエイジやジャズを好んで演奏したり聴いたりするようになりました。

 

振り返って、幼少期から10代の頃までに、さまざまな音楽と触れ合えたことが、

現在の音楽活動に、とても役立っているような気がするのです。

 

ここは、僕を雑食にしてくれた家族に感謝するところなのかな?(笑)

 

今も、いろんなジャンルの音楽を聴くことが大好きだし、

演奏活動も、あまりジャンルやカテゴリにこだわらずにやっていきたいと思っています。

 

子供の頃、こういう機会に恵まれなかった人も、あきらめなくて大丈夫ですよ。

今からいろんな音楽と幅広く触れ合えば良いのですから。

 

雑食になって、何でも吸収して、自在にアウトプットできるようになったら素敵ですよね!

 

昨年のレポートがまだですが…(汗)

 

今年もFluffyでMusic Trainに参戦してきました。

茨城県日立市・日立シビックセンターを舞台に開催されるこのイベント、

第2部のホールライブ「アコースティックコンサート」に出演させていただきました。

 

早いもので、Fluffyで出演するのは4年連続4度目です。

それ以前に、僕はソロピアノで1回出演しているので、通算5度目となりました。

 

Fluffyではこれまで、毎回僕のオリジナルナンバーを演奏してきました。

今年もオリジナル「空を見上げて」でエントリー。

 

今回、初めてのトリを仰せつかりまして、プレッシャーを感じつつも、

このホール特有の豊かな響きをたっぷり堪能させていただきました。

 

 

基本的に電気楽器やマイクを使わなければ、ジャンルや編成は何でもアリなので、

他の出演者の皆さんの年齢層も幅広く、さまざまな音楽を楽しめるコンサートなのです。

下は未就学児から上は還暦を大幅に超えた方々も。

 

Fluffyの2つ前に出演した、2サックスとピアノの高校生トリオがクラシック系の曲を披露していて、

Fluffyはポップテイストな僕のナンバー。

一般的にはジャズの楽器だと思われることが多いサックスでクラシックを、

吹奏楽など、クラシックの楽器だと思われることが多いユーフォニアムでポップなナンバーを。

そんな対照的なステージも一度に楽しめます。面白いですよ!

 

ご来場の皆様、ありがとうございました。出演者、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

また来年も日立の皆様とお会いできますように!

第10回 ジョージ・ウィンストンを弾く演奏会

 

ついに10回目を迎えました!毎年秋に開催されているコンサートです。
大変遅くなりましたが(明日です!汗)、今年もご案内させていただきます。 
 
2008年にスタート、プロアマ年齢経験等を一切問わず、
ジョージ・ウィンストンの音楽をこよなく愛するピアニストたちが、 
ジョージが生まれ育ったモンタナの地の風景を思わせる八ヶ岳の麓に集結し、 
彼のナンバーだけを演奏するコンサート。
 
今年も、総勢24名のピアニストたちが、長坂の地にやってきます。 
 
僕はスタート当初より10年連続10度目の出演となります。 

★9月24日(土) 11:00開場 11:30開演 17:00終演予定 入場無料 
@山梨県北杜市 長坂コミュニティステーション コミュニティホール 
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/maps/detail/01951/
(JR中央本線・長坂駅前 無料駐車場あり) 
 
【僕の演奏予定曲】 
 
ジョージが、そして実は僕も多大な影響を受けている、
1960年代後半から70年代初頭にかけて活躍したアメリカのロックバンド、
The Doorsのナンバーを演奏します。
ジョージはThe Doorsのナンバーのみを演奏したアルバムも発表しています。
 
どうぞお楽しみに。 
 
多くの皆様のご来場をお待ちしております♪

 

ユーフォニアムとピアノのデュオ、Fluffy が、

都内高齢者施設にて、慰問演奏をさせていただきました。

 

Fluffyの二人がメンバーとして加入している社会人吹奏楽団

川崎さくら吹奏楽団」に、この度のお声がけをいただき、

メンバー代表として出演してまいりました。

 

共演のアコーディオン奏者の方が、昭和歌謡や唱歌など、

ご高齢の方々になじみ深いナンバーを数多く演奏されていたので、

Fluffyは、僕のオリジナルナンバーをメインに演奏しました。

 

Good Morning!

 

瑠璃色の地球

 

Nostalgia

 

※施設ご利用者様のプライバシー保護のため、動画の映像はすべて静止画としています。

 

ほとんど馴染みのなさそうな曲ばかりではありましたが、

皆様真剣な表情で、かつ楽しそうに聴いてくださったのが、とても印象的でした。

「爽やかな演奏ですね」と声をかけてくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます!

 

短い時間でしたが、ご利用者の皆様と楽しいひとときを過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

 

あれから半年近く経ちましたが、

他にもまだアップできてないイベントレポートがいくつかありまして…(汗)

「Brass Festa 多摩」とは、1992年に東京都多摩市でスタートして、
毎春、パルテノン多摩で開催されている、息の長い吹奏楽イベントです。

このイベントは、主に多摩市とその周辺を拠点に活動する、
アマチュア吹奏楽団体のコンサートがメインですが、
最大の目玉といえば、吹奏楽好きな方々の間のみならず、
近年は「題名のない音楽会」などへのテレビ出演や、
東京佼成ウインドオーケストラ、なにわオーケストラル・ウインズ、といった、
プロ吹奏楽団との共演などでもお馴染みとなっている、
大変著名な吹奏楽指導者、丸谷明夫氏(大阪府立淀川工科高校吹奏楽部顧問)を
指揮者にお招きして、約200人の一般公募メンバーが演奏するイベント吹奏楽団
「丸谷明夫スペシャルバンド」のステージです。

僕は、丸谷氏をお招きする現在のスタイルになってからは、
2009年より9年連続9度目のスペシャルバンド出演となりました。

ということは、あの不思議な出会いから、9度目の春を迎えたということなんですね…

そして、僕は1992年の第1回にも一般公募バンドで出演しているので、
今年が通算10度目、ついに節目の参戦となりました。

さて、10度目ともなると、常連参加者の皆様方との結束も固くなり、
今年も、リハーサル後の飲み会やら、打ち上げやら、大いに盛り上がったのであります(笑)

2015年秋頃から、僕は社会人吹奏楽団「川崎さくら吹奏楽団」に在籍して、
定期的な吹奏楽活動にも参加していますが、ここで知り合った仲間たちと、
こうやって年に一度ご一緒できることは、とても貴重な時間だと思っています。

また、2011年からは「東日本大震災復興祈念チャリティーコンサート」ということで、
被災地支援という意味も込めたコンサートとして開催されており、
今後も支援を続けていくことになろうかと思います。

ご来場の皆様、スペシャルバンド関係者の皆様に深く感謝しております。
今年もありがとうございました!

【セットリスト】

花は咲く
マーチ・シャイニング・ロード
あの日聞いた歌
宝島
故郷
明日があるさ

=====

Brass Festa 多摩は、来年(2018年)も開催が決定しております。
例年通り、3月下旬~4月上旬の開催になると思われます。
次回も丸谷氏をお招きしてのスペシャルバンドのステージがあります。
興味のある方、是非ご一緒してみませんか?

例年11~12月頃、公式ブログでのアナウンスがあります。お楽しみに!
http://blogs.yahoo.co.jp/brass_festa/

 

不肖ワタクシがコンサートマスターとリードトロンボーンを務め、

横浜市神奈川区を拠点に活動する社会人ビッグバンド、

かなっくジャズ・オーケストラ(KJO)の、2ndライブのご案内です。

 

KANACK JAZZ ORCHESTRA 2nd Concert

 

7/30(日) 13:00 open 13:30 start 入場無料(先着順)
@かなっくホール(横浜市神奈川区)
JR・東神奈川駅、京急・仲木戸駅 どちらからも徒歩1分
http://kanack-hall.info/access/

 

当バンドでは、より多くの皆様に、ビッグバンドの楽しさ、面白さを

味わっていただけるようなステージを目指しています。

今年も、スタンダードジャズから現代ビッグバンドの定番曲、

ソロ、セクションフィーチャー等々、さまざまなナンバーをご用意しております。

 

多くの皆様のご来場をお待ちしております!

 

遅まきながらレポートを…(汗)

 

川崎市教育文化会館で毎年開催され、今年で14回目を数える、息の長い吹奏楽イベント
「つくろうよコンサート」(通称「つくコン」)に参加させていただきました。

土曜午後と日曜午前中のステージリハーサル→日曜午後の本番、という具合に、
わずか1日半で完結する、一期一会のメンバーによって結成された、
一発吹奏楽団によるコンサートなのです。今年も総勢約240名の特大編成でした。

僕は2010年の第7回、2016年の第13回に続き、2年連続3度目の参戦となりました。

【セットリスト】

第1部

行進曲 オーバー・ザ・ギャラクシー
シンフォニア・ノビリッシマ
サンダーバード
アフリカン・シンフォニー

第2部

ルパン三世のテーマ
 ルパン三世のテーマ'80~ルパン三世愛のテーマ
ジャパニーズ・グラフィティIX いい日旅立ち
 秋桜~プレイバックPart2~イミテイション・ゴールド~いい日旅立ち
故郷
ジャパニーズ・グラフィティXII
 銀河鉄道999(TV版)~宇宙戦艦ヤマト~銀河鉄道999(劇場版)

アンコール

ラデツキー行進曲
宝島

大人から子供まで、参加者の世代は非常に幅広いのですが、
毎回、選曲はおっさんホイホイ的な感じがします(笑)
今回も懐かしい曲ばかりでしたね。

ルパン三世ではソロをとらせていただきました。
ステリハ中に激写されてました(笑)

 

 

短時間リハの一発バンドなので、クオリティは正直微妙なところもありますが(笑)、
「吹奏楽大好き!」な多くのプレイヤーたちの熱気に溢れた演奏だったと思います。

衣装の話ですが、第1部はスーツ系、第2部は「自由」ということで、
僕は、第2部ではスーツのジャケットを脱いで、
ネクタイを外し、黒ワイシャツの胸元を大きく開き、
我が心の師匠、ジェイムズ・パンコウを意識してみました。
(これは昨年と同じ)

さらに、今年はアフロのヅラで武装!(写真がない…残念)
しかし、プレイヤーの中には着ぐるみの人もいて、衣装ではそれほど目立てず…

ならば、僕にはこれしかありません!(笑)

 

 

吹奏楽なので、基本は太管ですが、ルパン三世で細管を使いたかったので、
2本ともイルミネーション仕様にして持ち込みました。
(太管はグッジョバ音楽隊のファーストイルミバージョン)
ステリハの休憩中に2本とも点灯したら大ウケでした!(笑)

 

本番でも、一部の曲でイルミネーションを点灯して演奏しましたよ。

ともあれ、川崎区主催で長く続くこのイベント、これからも大切にしていきたいですね。

お聴きくださった皆様、ご一緒してくださったプレイヤー&スタッフの皆様、
ありがとうございました!

 

 

教文の広いステージに、これだけ椅子が並ぶと、壮観ですね!

 

 

ステージからのビュー

 

 

イルミネーショントロンボーン2号機を吹くKazuyo

 

 

教文でのつくコンは次回がラストになるかも…

今年もミュージックトレインの季節がやってきました!

というわけで、Fluffyとしては3年連続3度目の出演のご案内です。

 

ミュージックトレイン2017

5/7(日) 11:45開場 12:15開演 入場無料

@茨城県日立市 日立シビックセンター(JR常磐線・日立駅より徒歩3分)

 

Fluffyは、第2部のアコースティックコンサートに出演します。

今年も僕のオリジナルナンバーを演奏します。

 

第1部の吹奏楽イベント「レッツ・ブラス」には参加しませんが、

一昨年参加した時の写真が上記リンク先に貼られています。

トロンボーンを演奏する僕が写ってます。

 

多くの皆様のご来場をお待ちしております!

 

MT2016_2

 

★昨年のミュージックトレイン、Fluffyのステージです