こんにちわ!
「根っこ」を魅せるイラストライター・カスミランです♪

4回にわたって、きのしたふみさんの根っこにある魅力をお伝えしてきました(^ω^)

今日は、いよいよ、最終回!

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

【これまでのお話】
きのしたふみって、こんなヒトvol.1~すばらしきヘンな人~
きのしたふみって、こんなヒトvol.2~愛され美魔女が世界を変える~​

きのしたふみって、こんなヒトvol.3~「意外」なリアルと、「意外じゃない」リアル~

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ブログでも、幼少時代から今に至る経歴を書き連ねている、ふみさん。

 

 

じゃあ、この先のふみさんは?

 

「何を、目指しているの?」

 

とある日、聞いてみたら。

しばらく「うーん…」と、考えて。
ふみさんは、こう答えました。

 

「小粋なババァになりたい。」

 

ファッションコンサルとかを始めるよりも、ずうっと前から。

ふみさんは街ゆく人を見て、気になっていたことがあるそう。

 

 

街であんまり「カッコイイおばあちゃん」を、見かけないような気がして。

ふみさんはずっと、不思議に思っていたそうです。

 

ふみさんの言う「カッコイイ」とは。

 

好きなことを、好きに表現してるとか。
生き生きしてるとか。
見た目に気をつけて、顔も装いも、きちんと手入れをしているとか。

 

そういう小粋なババァになるという、ゴールにさえたどりつけるなら。

どんなルートを通って生きたって、いい。


そうふみさんは、思っているそうです。


回り道しても、寄り道しても。
時々、立ち止まったりしたとしても。
ゴールにたどり着けたら、それでいい。

 

そんな年配の女性が増えたら、楽しいじゃん?
明るくなるじゃん?
いいことじゃん?

 

だから、そんな小粋なババァ目指して、これからも右往左往。

 

毎日を、ケセラセラに。
「きのしたふみ」は「きのしたふみ」として。

好きなように生きていくのであーる♪だそうな。

 

(ひっつき虫については、vol.1参照)

 

 

そうだねぇ。

「人間、見た目じゃない」っていう人もいるけれど。

 

ココ・シャネルが
「20歳の顔は自然から授かったもの。
30歳の顔は自分の生き様。
だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る。」

と言ったように。

 

メイクもファッションも、きっと顔と同じく。
その人自身が、にじみ出るもの。

 

そこに、あなたの「好き」が、あるのなら。
でもどう表現すればいいのか、わからないのなら。

 

きのしたふみに、会いに行くといい。

※仕事中はこうではないので、安心して下さい(ー▽ー;)/

 

あなたの「好き」にとことん向き合い、メイクやファッションのアドバイスを通じて。
あなただからこその、小粋に年を重ねる方法を、きっと教えてくれるから♡


お客さまとお店巡り中のふみさん。ほらね、真剣キラ