現在、数日後の採卵に向けて、注射の日々です。
リプロは自己注射なので、毎日通わなくて良いのが嬉しいです。

 

妊活期間も長くなってきたこともあり、直属の上司に妊活の話をしました。
採卵等で会社を休む日が出てくるので、急な休みや半休になることを伝えました。
その場で上司は

「あなたの人生設計に関わる重要な事だから、悔いの無いように治療に専念したらいいよ。」

と言って頂きました。
とても嬉しかったし、安心しました。

 

そして、休みの申請をして数日後、上司に話があると、会議室へ呼び出されました。
会議室に行くと、不妊治療の話をした直属の上司に他に、別の上司(長年、私にパワハラをしてきている苦手な上司)も部屋に居ました。
直属の上司に体調はどう?などと聞かれた後、パワハラ上司が、

 

「で、あなたは一体いつまで不妊治療をするつもりなの?何月何日まで??」
「で、その治療で確実に結果は出せるの??」

 

「仕事と両立しようなんて甘ったれるんじゃないわよ。」

 

不妊治療について理解してくれていると思っていた直属上司ですが、
私の勘違いだったようです。同じようにキツイ言葉を言ってきました。


「お給料を払っている以上、そんな勝手は許しません。」
「好き勝手に休みたいなら、仕事から離れるという選択をするしかないでしょ」
「みんな、めったに有休が使えない中、あなただけポコポコ休まれても、、、他の社員の目もあるでしょうが。」


などなど(ボイスレコーダーを持っていなかったのが悔やまれる。)、
オブラートに包んだ言い方ではありましたが、要は、


「妊活したいなら仕事を辞めろ。」


という内容を長時間言われ続けました。

私が「辞めます。」と言うまで会議室から出れない雰囲気でした。

 

今まで、妊娠中の体調不良で休みがちな社員、産休、育休、時短勤務の人、

子供の行事や看病で休む人。介護休暇。
色んな人の分の仕事を、手伝ってきましたし、今も、協力しています。
産育社員の仕事を手伝うことに、誰一人、文句を言う人は居ませんし、独身既婚関係なく、協力して当たり前だと考えています。

なのに、

 

妊活で休む事(有給休暇)は、会社を辞めるレベルの我が儘なのでしょうか。


休めてラッキーなんて思ったことはありません。会社に行きたいけれど、身体が不調で出勤できなかった時は、仕事を代わりに処理してくれた同僚や先輩に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

妊活と仕事の両立をしようとする社員を自己都合退職へ追いやろうとする上司。
不妊治療中の社員は、会社にとっての疫病神なんですね。