ロンドンで前世療法体験ワークショップ「両親との関係を見る」を開きます。

日程:1月31日(水)・2月10日(土)
時間:13:30から16:00
場所:ビクトリア駅の近く(参加者の方に詳細をお伝えします)
参加費:55ポンド 
参加人数:2名様
申し込み・お問い合わせ:info@yukamando.com



これを見て「両親との関係性?そんなもの見ても仕方がない」と思ったり、両親とは何も問題ないから見る必要がない、と思ったり、あるいは見るのが怖い、という方々がいるかもしれません。


興味がなければ見る必要はないのですが、 見ておくととても役立つということはあります。


私たちは生まれてくる前に 自分の人生はどのように生きるのか、どんなことを達成したり目的としていくのか、等 大まかな道筋を計画してきます。
そしてその計画によって必要な人たちともアレンジしてきます。
その必要な人たちの中で家族というのは 私たちの人生の中でもかなりの影響を受ける人たちですよね?

その中でも両親。

両親との関係でトラウマがある方や人生観、ものの見方考え方などかなりの影響力を受けている人は大部分かと思います。

セッション前のコンサルテーションでも両親との関係性を伺います。
というのは、両親との関係はこの世に生まれてきた最初の人間関係であり、いろいろな成長過程(人格形成や行動パターンなど)で最も影響する存在だからです。




さて、そんな重要な、とても影響力のある人物を選んでくるからには 必ず選んできた理由がある、と私は考えます。

実際私の場合をまだ私がヒプノセラピストになる前に(コースを取る前に)のちに私が教わることになる方に「両親との関係性」を見てもらったことがあります。

どんな関係であったのか?、どんな理由で選んできたのか?をちょっと一例として簡単に紹介してみたいと思います。















時は中世、場所はフランス。
過去世の私は女性でこの時代では珍しく仕事を持っていました。
その仕事というのは 犯罪にかかわった子供たちや犯罪にかかわった人の子供たちの面倒を見ていました。

中世ではまだ女性が仕事を持つということは珍しく、なかなか理解されない部分もあったようです。



そんな大変な中、過去世では私の妹、現在では母親が一番の協力者で 金銭面も含めて色々と助けてくれたようです。
そんな関係だったので 今回は母親の役割をお願いして生まれてきたよう。

ちなみに父親は過去世では私の甥、妹の息子でした。
現世でもその関係性はわかる気がする。。。。














この過去世、両親との関係性を見てから 両親への見方が自分の中で変わりました。
そして、いつも助けれ暮れていることにもっと感謝できるようになりました。


今でもこの前世のことは私の頭の中にあります。




そんな両親ももう高齢。
父親は2年半前の夏に亡くなりました。


亡くなる年の春、もう危ないかも、という電話が母親からかかってきて 父親に「夏に帰るから、それまで待っててね」と電話で話をしました。
父は待っていてくれました。
そして私がロンドンへ帰る三日ほど前に亡くなりました。


父が亡くなる前に父親と短い対面ができた際に 私に向かって「変わってないね」と父は私に言いました。
それを聞いて母は「もうxxxx歳よ」と。。。。私もその時に外見がそんなに変わっていない、といっているのかな?と思い さほど気にしていませんでした。


でも、ふと。。。。先日、日本、実家へ帰った際に「もしかしたら、ほかの意味もあったのかも?死ぬほんの数日前だったし、 もっと奥深い意味が込められていた一言だったのではは?」と思い、またこの前世を思い起こしています。


そして「多分、このことでは?」ということは頭の中にあります。
そのことを自分が死ぬ前に後悔しないように できるだけ実行していこうと思っています。






あなたのご両親との関係はどんな関係でしょう?
どのように思われますか?