ストレスが多い日常。一人で悩んだり我慢したりしないで 専門家に話して、すべてすっきりしながら問題を解決していきませんか?













問題をただ話していると思っていても じつは自分で解決策を知って話していたりします。話しながらすべてがクリアーになったり、色々な気付きも得られます。
我慢が過ぎると いろいろと体に症状が出てきます。



たとえば 恋愛の話をするとどういうわけかせき込む方がいらっしゃいましたが、せき込むことも気が付かず、色々な恋愛にまつわる自分の感情にも蓋をしていました。トーキングセラピーで話をする中で「恋愛の話をするとせき込む」ということに気が付き、色々な制限、思い込みをとっていき、自分の本当に望んでいた恋愛のあり方、というのがわかりました。その後、日常にも良い影響が出てきていらっしゃいます。












心理学の面からPogitive Thinking(ポジティブな考え方)Parenting (ペアレンティング)などのお手伝いもいたします。

人生の目的、トラウマ、恐怖症、進路や知人関係、ストレス、犯罪関連(家庭内暴力やハラスメントなども含む) どんなことでも大丈夫です。



ちょっと話してみようかなあ、という方は気軽にご連絡ください。






次回は「恋愛の話をするとせき込む」問題のトーキングセラピーでの様子をもう少し詳しく書きますね。
お楽しみに。






トーキングセラピスト/ヒプノセラピスト、満藤 由加 のプロフィール

イギリスの大学心理学卒業し、British Psychological Societyにメンバー登録。その後、Victim Supportで働きVictim Support のオフィスやロンドン市内の裁判所などで刑事事件の被害者およびその家族をサポート。その間にYoung People Support Workerとして特に若年層に力を入れた新たなプロジェクトの中で裁判所はもちろん警察やホームオフィス、自治体と連携して若年層の被害者やその家族の人たちのサポートを行った。Victim Support を退職後、The London College of Transpersonal Hypnosis and Healingでヒプノセラピーの資格を取得。General Hypnotherapy Register にメンバー登録。





注:トーキングセラピーは催眠を使わず、カウンセリングと同じ話すことによって解決していく方法です。




AD