10月のヒプノセラピーミニ体験ワークショップは「インナーチャイルドとの対話」と「守護霊との対話」を行いました。(まだ明日インナーチャイルドのワークショップがあります)


「守護霊」でのミニ体験ワークショップでは「守護霊」と聞いてピンときた方、守護霊との対話が必要であった方が来てくださいました。
こちらのブログに載せても良いと許可をくださった方々お二人も 「以前からスピリチャルガイド(守護霊)に会ってみたいと思っていた」という方々でした。











まず、「守護霊(スピリチャルガイド」とは?

守護霊(スピリチャルガイド)とは自分の魂と縁のある人、つながりのある意識体で 自分が生まれる前に約束を交わした魂です。いつも私たちのそばにいて人生を通して見守ってくれています。そして困ったとき、悩んでいるときなど 何かを(メッセージ)伝えてくれようとします。例えば、私たちが考えていることに疑問を持たせたり、もっと良い方向を指し示したり、インスピレーションを与えてくれたり夢の中で見せてくれたり、シンクロにティーで何かを気が付かせてくれようとします。時にはふと手にした本に答えが書いてあったり、導きのように人と出会うかもしれません。

また、生まれる前に自分の課題に沿っていないとき、まったくメッセージに気が付いてくれないときなどは 物事がうまくいかなかったり、トラブルが起きたり、時には体調を壊したりして自分を見つめる時間を与えたりします。

どんなときにもそばにいて手を差し伸べてくれようとしている存在、それが守護霊(スピリチャルガイド)です。







セッション前には守護霊(スピリチャルガイド)は一体どんな感じなのか、想像して絵にかいてもらい、セッションで守護霊(スピリチャルガイド)に会った際にどんなことを聞いたり話したりしたいのか、前もってクリアーにしておきました。







Aさんは自分のやっていることに自信がなくいろいろなことを守護霊(スピリチャルガイド)に聞きたいようでした。一番聞きたかったことは子育てについて。
Bさんは生活のこと。ある問題があり、解決策を聞きたい、とのことでした。
















セッションでお二人とも守護霊に会うのに 色々な守護霊が出てきたのですが、対話がなかなかできず、やっと二人目、3人目の際に対話をしてアドバイスをくれる守護霊(スピリチャルガイド)に会うことができました。



Aさんは女性の守護霊(スピリチャルガイド)で質問に答えてくれる際に体の中心が透けて星空が見え始め、そこからアドバイスを色々ともらえました。その際にAさんの目から涙が。。。。そして重要なアドバイスは笑顔。

Bさんは白竜の姿で出てきた守護霊(スピリチャルガイド)でこちらもしっかりとした質問の回答とアドバイスをもらえました。問題が好転する時期もしっかりと決めました。そして重要なアドバイスは不安にならないこと。


二人ともお守りをもらって戻ってきました。















セッション後の感想として

Aさんの一番印象に残ったことは 守護霊(スピリチャルガイド)がすけていてそこから宇宙の星々が見えたこと。そして全体の感想としては 思いがけず涙が出て驚いたことのようです。


Bさんの一番印象に残ったことは 自分の守護霊(スピリチャルガイド)と会話ができ、悩みの答えをもらえたこと。そして全体の感想として 気持ちがとても楽になったことのようでした。




二人ともちゃんと守護霊(スピリチャルガイド)と対話で来て また一番知りたかった質問についてのアドバイスをもらえて本当によかったです!

このセッションを機に 気持ちがとても楽になったり前向きな気持ちになったりして 今後の日々をしっかりと充実したものにできるように過ごしていっていただければ かかわったセラピストとしてとてもうれしです。



そして私自身もアドバイスをもらったような気分でした。

参加していただき、有難うございました。