家事・育児にやる気が出ない時は、おそらく「自分をもっと大切にしましょう~」というサインです。

 

「母親だから子供の世話はきちんとしなくちゃ」

「育児も家事も完璧にしなくちゃ」

「夫には妻らしくこうするべき」

 

相手のために行動することで満たされる方はいいのですが、疲れ、無気力になる方は、相手からの賞賛が返ってこないと満たされません。

 

しかし、現実は、賞賛はなかなか得られず、かわりに「どうしてほめてくれないの?」という責める気持ちを生み出してしまいます。

 

責める気持ちが蓄積されると疲れや無気力へと繋がります。

 

例えば手が込んだお料理を作った時に

 

「これをつくったら喜んでくれるよね、ほめてくれるよね」という賞賛をもらえる条件でつくっているので(無意識に)、家族が毎回淡々と食べるだけだと「どうして普通に食べるの?すごいね、って言ってくれないの?腹が立つー!」という感情が生まれます。

 

相手にとっては賞賛する義務はなく、責められる筋合いは全くありませんよね。。。

 

image

 

ここでの修正ポイントは、相手から賞賛をもらおうとする、やり方です。

 

賞賛は自分で自分に与えられるからです。

*こんなに手が込んだお料理をつくってすごいねー!美味しい~幸せ!またつくろう~、というように。

 

自分で自分をほめて認めて満たせる日々を送っていると、いつか子供達がどこかで「うちのお母さんはお料理がとっても上手なんだ」と友達に自慢している場面を見られて嬉しい!というように、求めていなかったけれど、賞賛された、ということが起こるかもしれません。

 

自分のためにやっていたら、ほめられた!という方が嬉しいですよね。

 

image

サクサクのコルネに幸せだった~ある午後のティータイム♪

 

やる気が出ない時は、頑張ってきた自分を自分でしっかりほめてあげましょう。

*毎日お料理をつくっていること、家事をこなしながら仕事をしていること、オムツ替え、授乳、お風呂に入れること。。。当たり前のことを毎日続けていることこそ素晴らしいことです!

 

そして、無理はやめて、まずは自分を大切に。

 

自分が喜ぶことをしてみましょう。

 

徐々にやる気が復活してきます。

 

Wellspring/ウェルスプリング

〈母親教室〉

image

ベビーコミュニケーション「赤ちゃんの泣き声」講座 

ベビーマッサージ*プライベートレッスン〈3回コース〉

チャイルドセラピスト講座

子育てカウンセリング・セラピー

 

 

Motherly lessons you can learn from a relaxing tearoom