赤ちゃんがどうして泣いているのか?わからない時があります。
 
  オムツも授乳もOKなのに泣く
  抱っこで寝かせてベッドに置いたらすぐに泣く
 
何をしても泣き止まないと、お母さんも参ってしまいます。。。
 
その時には、赤ちゃんの気持ちを想像してみましょう。
 
 
いつも仰向けで寝ているので背中が痛いかもしれないし、お母さんの温かい腕の中からベッドに置かれたら、お母さんと離れた不安や恐怖を思い出すのかもしれない。(バーストラウマ)
*バーストラウマ:生まれる前後の体験によるトラウマ
 
スタートが子宮という心地よい環境だったので、赤ちゃんにとって生まれてきた環境はストレスだらけです。
 
ストレスを取り除いてもらうには、泣いて要求するしか手段がありませんので、それはもうたくさん泣きます。。。
 
*過剰に泣く場合
肌への刺激(触れる、撫でる)によって、神経系が発達すると、刺激やストレスに対して過剰に泣いて反応することは緩和される可能性があります。
 
 
「背中が痛いよー、背中をマッサージしてよ~」
「お母さんと一緒じゃなくて寂しいよー」
「あの時怖かったよ~」
 
赤ちゃんんの泣き声を翻訳できたら、お母さんも少し楽になれそうですね。
 
*背中の凝り
赤ちゃんをうつ伏せにして、指でポンポンと軽く刺激を与えると気持ちがいいと思います。
 
また、赤ちゃんは、感情を出したくて泣いていることもあるので、その時には、おっぱいなどで抑えるのではなく、思いきり泣かせてあげる方が赤ちゃん自身がスッキリできます。
 

 

 

少人数制のティールームのような母親教室

ウェルスプリング セラピー&ティールーム

image

Motherly lessons you can learn from a relaxing tearoom