この規制された暮らしの中で、子供たちは(親子で)ストレスを溜めていることと思います。

 

その時は、「今どんなことに困っているか?どんな気持ちなのか?どうしたいのか?」少し時間をとって子供に聞いてみるといいと思います。

*どんなことを言っても否定しない、畳みかけないことがポイント

 

今は叶えられないことを言ったとしても、「そんなこと無理だよ」ではなくて、「そうなんだね」と、ただ気持ちを聞くだけです。

 

まずは子供の抱えているモヤモヤを出しきることが必要です。

(その方がこの状況を乗り越える力が出てきます)

 

image

 

 

もし子供が自分のネガティブな気持ちを無意識に抑える癖があるとしたら、そのネガティブな気持ちが外に出られないことで「ワサワサ~」と心の中に溜まって苦しくなってしまうので、あえて気持ちを感じる、という作業は、ストレスを解消する第一歩です。

 

 

 

お母さんも同じように溜まっている気持ちを紙に書き出してみてください。

(本当の気持ちを認識することが大事です!)

 

本, ペン, オープン, ノートブック, ノート, メモ帳, 空, 行

 

新しいこと、経験したことのないことはストレスに感じられます。

 

まずは、そのストレスどんな感情なのかを洗い出し、感じて溶かしていく作業を。

 

それから、今の状況で何ができるかを考え実行することで、ストレスが子供の成長につながるのです。

 

ですから、ストレスは悪いものではない、ということです。

 

日々心のお掃除をすることで、自然と気持ちは前向きになり、エネルギーを今できること、やるべきことに向けていくことができます。

 

 

今年は桜の開花日が早いので、うっかり見逃さないようにしないとですね。

 

素敵な一週間になりますように。

 

少人数制のティールームのような母親教室

ウェルスプリング セラピー&ティールーム

横浜市〈菊名・新横浜〉

Motherly lessons you can learn from a relaxing tearoom

 

image

チャイルドセラピスト講座 ベビーマッサージ

マザーカウンセリング

チャイルドセラピー   午前のお茶会