NYでルーマニア料理を食べながらの充実した会話 | Life in the moment - ニューヨーク通信

Life in the moment - ニューヨーク通信

ロンドン、シンガポール、ニューヨークと移り住んで来た私が
今日のNYや感じたことをリポートしていきます。

クリスマス明けの先日、

友人とルーマニア料理を食べに行った。

ルーマニアというのは東欧なのに、

ロンドンにいる時は一度もそのお料理を

食べたことがなかったのだけど。


多分NYのほうが移民多いのではないかしら?


ルーマニア料理のいいところは・・

日本人が好きなロールキャベツのようなお料理があったり。

冬だしね。煮込み料理系がいい。

これはなんとぶどうの葉で巻いたバージョン。


とか、カツレツとか。

つけあわせはお豆をちょっと甘めに煮たもの。


でもルーマニア料理の基本は

ポレンタ をチーズと一緒に食べること。

個人的にはポレンタファンではないので

食べなかったけど。


友達曰く

「日本人のご飯にふりかけみたいなものですね。」と。

確かに(笑)。 国が違えば随分違うものだわ。


彼女との会話でいいところは、

アジア人女子にありがちな自分の個人的な話を

永遠ときかされなくてすむこと。


この日の会話もフリーメイソンからユダヤ教へと移り

その後はNYの不動産と教育事情で終わった。


勿論多少はその手の話もするのだけど。

でもたまにいる「うちの旦那がムカつくの」を

永遠と語るタイプではない。


そんな彼女はNY在住20年。

クリエイティブなアート系のお仕事で

3歳のお子さんもいるわけで。

愚痴りたいことも山のようにあるのでは?と思うけど

それはない。

そんな彼女と会ったあとの充実感はひとしお。


次はお互いの家の中間にあるフレンチカフェに

行ってみましょう、ということになったけど。

楽しみだわ。


ちなみにルーマニア料理はNYに結構あるようなので

あえてこのお店は紹介しないけど、

yelp で検索して是非いってみてくださいね。

きっと日本人好みのはず!

(デザートは除く・・・・。)




にほんブログ村