音を伝える和邦人 音生

音を伝える和邦人
音は言葉 発言やつぶやき そして希望や心の叫び、心の音を言葉
音は自然の音 風の音、水の音、風や波、木や石、岩の音
音は音楽 楽器の音、太鼓や笛の調べ
和とは、なごみ(和み) 一緒にやっていくこと まとめてたし合わさる事


テーマ:
和太鼓の魅力

毎週和太鼓の練習 土曜日13時30分よりやっています。最近は3時30分頃まで太鼓三昧です。

なんといっても和太鼓の良さはその重低音ですね。ドーンとなる響きです。最近はドラムをやっていた人が

太鼓を叩くと早いビートのリズムや西洋の音楽リズムで叩いている方が増えてきました。



やはり和太鼓は日本のリズム、溜めてドン―と打つ音が欲しいところです。また沢山のリズムを惜しみなく出し続けるのも考えもの。

じっくり叩きこんでゆく心構えも必要です。一打、一打を大切に叩いていく気持ちを持ちたいものです。

なんといっても和太鼓は有機物でできた楽器。木や動物の皮でできています。ですから楽器になって姿を

変えていますが、その命を太鼓の響きとして鳴り響かさせてもらっていると言う思いで、叩けばまた一味違うイメージが湧いてきます。



太鼓は心で打ちます。そして心に響くもの、人にも自分にも感動を与えてくれます。

また「組太鼓」は多人数で同時に叩きますが、その振付がそろうと、とてもダイナミック。

でも一人で太鼓を打ったり、順番に太鼓を叩いたりで個性や意外性が沢山でるアンサンブルが可能。



太鼓は単に音を出す、リズムを出すだけでなく、振りや、叩き方、身体の動き。人の移動 声出しや

バチの舞い方などでとても見がいのあるショウ―が可能です。

最近では舞台用にアレンジして見せる太鼓を目指すグル―プが増えてきました。

人に喜んでもらい、感動してもらえる、これはとても素晴らしい事です。



また、グループによって、親子で太鼓を叩いています。子供から年配の方まで太鼓に挑戦しています。

他の音楽とは違うパフォーマンスができるのも太鼓の魅力です。



音楽を、楽器で静かに響かせるのが西洋の音楽スタイルですが、身体全体を使い表現、魂がほとばしるかの様に太鼓を全力で叩く。このような楽器だからこそ、日本人にピッタリな楽器なのかもしれません。

笛や太鼓は昔から日本に伝わる楽器 これからも益々発展していく事は素晴らしい事と思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。