今朝のブリスベンは再び寒さが厳しくなりました。

昨夜は寒さで1度目が覚め、その後しばらく眠れなくなるほど。

現在はリビングルームのエアコンと、足元用のヒーターが活躍中。

クイーンズランド州の古い家は、夏に涼しく過ごすには快適な作りをしていることが多いのですが、その代わり冬は隙間風が入り込んだりするので温かさをキープできないんですよね。

週間予報を見てみると、今週は最低気温の欄にずらっと一桁の数字が並んでいます。

風邪ひきさんも多いようですし、気を引き締めていかないとですね。

スクールホリデーまで残り1週間。

元気に今ターム(学期)を終了することができますように。

 

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

 

 

数日前のこと。

ブロ友さんであるハウスマウスマーサさんからフォトバトンをお受けしました。

その名も『2018年親バカフォトバトン』。

マーサさんが可愛らしい愛娘蘭ちゃん(ワンちゃん)の写真をアップされていたので、私も我が家の毛むくじゃら軍団の中から代表を選ぼうと思ったのですが、昨日ちょうど友人たちと子供たちが小さかった頃の話題で盛り上がったこともあり、その懐かしさから、息子が赤ちゃんだった頃の写真を載せてみることにしました。

当時はまだデジイチ・デビューをしていなかったので、全てコンデジで撮影したものです(ノイズ除去他諸々、ちょっとだけ手を加えています)。

使っていたのはFUJIFILMの・・・なんていうカメラだったかな?

もう思い出すことができません。

このカメラのバッテリーがお亡くなりになったことがきっかけで、ほぼ無理矢理父からデジイチを買い与えられたんですよね(詳細はこちら)。

懐かしいです。

 

 

 

生後10日

 

 

 

この頃の記憶は曖昧です。

初めての子育て。

それも海外で。

自分の家族は側におらず、義たちとも今ほど打ち解けていなかったので(今は私もだいぶ図々しくなりました 笑)、頼ることができたのは旦那だけ。

今でこそ大勢の友人たちに囲まれながら楽しく過ごしている私も、この頃は日本人の友だちが2人しかいませんでした。

そのうちのひとりは、私よりも少し前に出産して幼子を抱えていたため、彼女にもワガママを言ってはいけないと、何もかもひとりで抱え込んでいた記憶があります。

がむしゃらに毎日を過ごしていた時期。

もっと息子との時間を楽しめばよかったと、今は反省する気持ちしか残っていません。

 

 

 

月齢4ヶ月の頃

 

 

 

救いだったのが、どんなに忙しくても、疲れていても、息子の写真をたくさん撮っていたこと。

笑い始めた時。

寝返りに成功した時。

初めての離乳食。

お座りができるようになった時。

つかまり立ちを始めた頃。

息子が新しいマイルストーンに辿り着いた時にはもちろん、日々の何気ない様子も数え切れないほど写真として残してあります。

追われるように毎日を過ごしていましたし、疲れから朦朧としていたために忘れてしまっていることはたくさんありますが、写真を見直すたびに不思議と当時の思い出が蘇ってくるんですよね。

私のコンデジは、ダイニングテーブルの上が定位置でした。

お出かけするときには、忘れずに持っていきました。

息子の写真を撮りまくっていた私は、はたから見たら間違いなく親バカだったでしょうね。

そして今も変わらず親バカです。

親バカ万歳。(笑)

コンデジが残してくれたもの。

それは可愛い息子の姿と、当時の思い出と、私の親バカっぷり。

これからも、そんな宝物たちを大切にしていきます。

 

 

 

月齢10ヶ月の頃

 

 

 

さて、バトンということですので、次の方にお繋ぎしたいと思います。

バトンをお渡しするのは、ストックフォト仲間の夏夫さんと、言葉の魔術師瑠璃さん

おふたりは、以前フォトバトンを私に回してくださったことがあるんです(その時のブログはこちら)。

というわけで、今度は私から受け取っていただきたいなと。

バトン返しですね。(笑)

夏夫さん、瑠璃さん、よろしくお願いします。

 

 

 

【フォトバトンのルール】

 

①「親バカ」とありますが、お子さんだけに限らず、姪御さんや甥御さん、お孫さんやペット、宝物など、「愛しいもの」なら何でもOK。

 

②写真は何枚アップしていただいても構いませんが、個人情報には充分に気を付けて!

 

③次に繋ぎたい方を何人でもいいので記事に入れてバトンをお渡しください。

 

④バトンリレーが苦手でしたら、もちろんスルーしていただいて構いません。

 

⑤タイトル欄下のハッシュタグに、『#2018親バカフォトバトンリレー』と、付けてください。

 

 

 

そして楽しいバトンを回してくださったマーサさん、どうもありがとうございました。

マーサさんのおかげで、懐かしい思い出に浸ることができました。

そんなマーサさんのバトン記事はこちら。

 

”””””””2018年親バカフォトバトンリレー☆次はあなたです♡”””””””

 

マーサさんのブログも、ぜひ覗いてみてくださいね。