◯◯◯てる場合じゃない。 | ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」自由気ままに生きてみよう

ログハウスプロデューサー瀬那の「瀬那イズム」自由気ままに生きてみよう

ログハウスプロデューサーの瀬那が書くログハウスの話や
日常のあれこれを書いていきます。
「街中でログハウスに暮らそう」著者。


テーマ:
今朝は早く目覚めた。
 
昨年の春は田舎のログハウス住まいだったが
今年は街中での朝を迎えてる。
 
これはこれで平穏でいい。
小さなことも大事にする感性というのも悪くない。
 
ところで。
「俺は田舎に住みたい、いや私は街がいい」と夫婦で意見が違う時はなんのアドバイスのしようもないが(夫婦で決めてもらうしかない)
 
田舎に住むか都会に住むかと悩むのであれば、どちらか好きな方に住めばいい。
この場合、希望する条件のすべてが叶うわけはないのだから。
そう、便利さを取りたいなら都会だし、自然と広さを取りたいなら田舎に行けばいい。
 
え、両方?
むりを言っちゃいけません(笑)
 
並みの人間が持てないくらいのお金を持ってるならいざ知らず自分を含めて普通の人ならどちらか決めてできるだけのことをするまでだ。
 
そう、どこに住もうと住めば都と言うじゃないか。
迷っても何してもやりたいことがあったらやればいい。
住みたいところがあれば住めばいい。
あとで後悔するのがいちばん悪い。
 
自分も何度か引越しているがどこに住んでもそれなりに楽しくやってる。
 
僕の友人は出身地とは何の繋がりもないところに移住して、それはそれは楽しく暮らしている。
 
仕事も前職にこだわらず全く違う仕事を始めてしまった。
 
彼を見ていると人は何の繋がりもなくても好きなところに住んで好きな仕事をして好きな相手と結婚してとても幸せそうだ。
 
そう、何かをする時は自分の感性を大事にし、自分の信じる方向に歩いていく。
 
細かいことにこだわってるうちは豊かな暮らしにたどり着けない。
 
2016年もすでにほぼ半分。
迷うくらいならまずは歩いてみよう。
 
 

ログハウスプロデューサー 瀬那さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス