年末年始の映画

テーマ:
2018年の見納め映画は、ずっと待っていました


(画像はお借りしました)

Marry Poppins 役の Emily Blunt がカッコよくて可愛い❤️ し、
Meryl Streep も妖しさがお似合いで。

ミュージカルのテンポも良くて、見入ってしまいました。それにしてもイギリス人の子役の英語にも聞き惚れてしまいましたわ。





で、元旦にワイン飲みながら
(ワードシネマは180度リクライニングシートとお酒も買える映画館なので、足が疲れる事なく楽に楽しめます❗️)滑り込みで観たのが


(画像はお借りしました)

今更ながら根強い人気の Bohemian Raphsody 。
スーパースターの生き様がしっかり描かれていて、Queen の音楽に聴き惚れ才能に感動しました。
画面にひっそりと現れた金閣寺のお札を発見した時は、一人でガッツポーズ!

予告に流れていたライオンキングとダンボの実写版も気になりますが、何でもアニメーションを実写にするのは如何なものかと…。

まぁ、ディズニーのその力量も讃えたいところですがね〜。